やまぐち地ブログ

階段駈上がりイベントに参加しました

山口県観光連盟 | お知らせ | 2007.02.19 00:22

去る2月17日、京都にて、大階段駈上がり大会というイベントが開催され、私どもは「おいでませ山口」チームとして、特別レースに参加してまいりました。

20070219144453.jpg

この大会は、その名のとおり京都駅ビルの171段の大階段を4人1チームで駆け上がり、合計タイムで勝負が決まるというもの。
言うまでもなくちゃんとした本気の大会です。
今回は、第10回の記念大会ということもあり、参加チームはなんと100チーム。
この100チームの本気のレースの間に、西日本の観光地紹介レースという特別レースが開催され、各地から8チームが参加。
私たちが参加したのは、この特別レースです。
特別レースだけに、普通に出場するわけにはいきません。
選手のコスチュームどうしようか・・・と考えに考えた末
山口県では、平成20年7月~9月の期間、デスティネーションキャンペーンを実施するため、
夏の山口をPRしよう!というコンセプトにのっとり、
選手のコスチュームは、水着に浮き輪というさわやかかつシンプルなものに決定。
さて、あとは誰が走るか、ということなのですが、
選手を決める際、正直私的にはちょっとだけ不安だったりもしたのですが、思い切って「この人は!」という方々に呼びかけてみたところ、皆さん意欲満々で引き受けてくれました。
私の心配は完全に杞憂に終わりました。
そんな感じで決定した選手は、
第1走者 当連盟専務理事 松井
第2走者 観光フレンズ 池本
第3走者 萩市観光課 椙本さん
第4走者 秋芳町観光商工課 上利さん

の4人。(上の写真で、左から、池本フレンズ、椙本さん、松井専務、上利さん)
ちなみに第1走者は45歳以上、第2走者は女性というルールです。
選手の皆さんには、お引き受けいただいてしばらくしてから、コスチューム等について小出しにご説明した小心者の私でしたが、そんな心配も全く無用でした。
さて、当日は2月の京都の寒さの上あいにくの悪天候、さらにコスチュームは水着というかなり過酷な状況。
カイロ片手にスタンバイする4選手、寒さをみじんも感じさせない気合いの入った勇姿をみせてくれました。
いよいよ特別レースの時間となり、出場チームは出走前にそれぞれステージで1分間のPRを行います。
山口県は4選手と横断幕を掲げた応援団がステージに登場し、夏の山口の魅力を存分にPRいたしました。(上の写真)


ひときわ目立つ手作りの横断幕には、連盟事務局職員一同の愛とプレッシャーがたくさん込められています。
レースでは、4選手全員見事な駈上がりをみせてくれました。
毎朝県庁の階段でトレーニングを重ねた松井専務、

20070219124924.jpg

スタート!一番右コースの赤パンが松井専務です

衣装のアイデアをどんどん出して意欲的に参加してくれた池本フレンズ、

20070219124850.jpg

池本フレンズの華麗かつ力強い駈上がり!

背中に連盟の電話番号を書いて走る広告塔となってくれた椙本さん、

20070219124857.jpg

萩市の椙本さん、ここからものすごい追い上げでした

そして階段を見た瞬間テンションが撃沈し、以来ずっと口数の少なかったにも関わらず、唯一生身で参加の上利さん・・・。

20070219124904.jpg

アンカーは唯一生身で参加の秋芳町の上利さん

みんな本当に素晴らしい走りで、応援&カメラ係の私は感動の涙があふれて止まりませんでした。

20070219124308.jpg

レース終了!みなさん本当にお疲れ様でした!!勇気と感動をありがとう

さて、正式なレース結果がまだ不明なので、わかり次第お知らせします。
まずは出場のご報告でした。
ちなみにこのレースの模様は、テレビ放送されます。
KBS京都  3月4日(日) 18:30~19:55  なんと1時間25分!
山口で見られないのが残念!!映る方、ぜひご覧下さい。

コメント

コメントを書く

お名前・Webサイトは公開されます

ページ上部へ