山口のグルメ

フク料理

フグの取扱量日本一の下関では、フグのことを「福」にちなんで「フク」と呼びます。 江戸時代、食用を禁じられていたフグですが、明治になりそのおいしさに感動して解禁したのは、元萩藩士で初代総理大臣になった伊藤博文でした。 目利きが選び、職人が最高の状態に成熟させ、自慢の腕をふるったフクの味は、まさに至福の味。フクはやっぱり本場山口で!

海のごちそう

独特の甘みと肉厚の身の柔らかさからイカの女王といわれる「ケンサキイカ」は、漁場が近く、一杯ずつ丁寧に釣り上げられる一本釣りだから、鮮度も品質も抜群!

また、山口県東部の瀬戸内海は、全国有数の漁獲量を誇る「ハモ」の好漁場。産地ならではの鮮度を生かしたハモ料理は、夏が旬です。

フグと並んで冬の味覚の代表選手「アンコウ」は、実は下関が水揚げ日本一。 そして、クルマエビ養殖発祥の地である山口では、甘くてピチピチした「クルマエビ」を活きづくりや天ぷらなどのフルコースでご賞味いただけます。

山のごちそう

長門地域のオリジナル地鶏「長州黒かしわ」は、適度な歯ごたえを残しながらジューシーで柔らかい最高級ブランド。長門市は人口当たりの焼き鳥屋店舗数が日本トップクラスで、黒かしわの焼き鳥もお楽しみいただけます。

山口県にしかいない和牛「無角和牛(むかくわぎゅう)」は、文字通り角がない、貴重な和牛。脂肪が少なく、柔らかく、赤身に富んだヘルシーな肉質が自慢です。
別名殿様寿司ともいわれる「岩国寿司」は、一度に4~5升の米を使い何段にも重ねて豪快に作られる華やかな押しずしです。



地元の愛されグルメ

川棚温泉の名物料理「瓦そば」は、熱した瓦の上に香ばしい茶そば、錦糸卵、甘辛く味付けした牛肉などを盛り、たれにつけていただきます。山口県では、家庭の食卓にも登場する大人気の定番メニューです。
韓国食材を扱うことが多い下関で生まれた「とんちゃん鍋」。みそやコチュジャンを絡めた牛ホルモンの上に、たっぷりの野菜をのせて煮込みます。お楽しみのシメはごはんや麺でどうぞ!

ボリューム満点の「ばりそば」は、太めの中華麺を揚げて、とろみのある鶏ガラベースのスープをかけた山口市のソウルフード。とにかく具だくさんで、一度食べればやみつきになること間違いなしです。

日本酒

自然豊かで清らかな水に恵まれた山口県では、各蔵元自慢の伝統的な銘柄のほか、独自に開発したオリジナル酒米「西都の雫(さいとのしずく)」を使った地酒など、全国的にも高い評価を受けています。お土産にも最適。

スイーツ

山口を代表するお菓子といえば「外郎(ういろう)」。山口の外郎は、米粉を使う一般的なものと異なり、ワラビ粉やくず粉を使い小豆あんなどを混ぜて作るので、独特のぷるんとした口当たりとあっさりとしたあと口が、おっとりとした上品な味わいです。

萩の特産品である夏みかんを使った「夏みかん菓子」も人気の逸品。夏みかんは、明治時代、困窮した元武士の暮らしを救うため、萩の城下町で栽培されるようになりました。皮を砂糖漬けにしたものや、ゼリー、マーマレード、中身をくりぬいた皮の中に白羊羹を流し込んだものなど、バラエティ豊富です。

ページ上部へ