やまぐち地ブログ

≪萩市≫美味しいお魚いっぱい!「さかな屋 三共」@萩しーまーと

萩市 | お知らせ | 2010.07.06 19:48

みなさんこんにちは!「萩ブランド流通開発室」スタッフの椋木です!
今日は萩しーまーと内にある「さかな屋 三共(さんきょう)」さんをご紹介します♪
こちらのお店は読んで字のごとく、魚を売っていますっ。
見渡す限り、萩原産のお魚がメインがたっくさん。
20100706193746.jpg
お店の中では職人さんがもくもくと魚をさばいています。
20100706194511.JPG
僕は魚についての知識も真っ白なので(汗)、社長の吉光さんにお話を伺いました。
三共さんは社長が販売員になって現場に立っているんです。
ということは、お客さんの生の声が直接社長に届くので、値段や販売する魚の種類などにスグに反映されます♪
吉光さんはこの道25年という大ベテランなのですが、魚へのこだわりが半端じゃないんです(笑)
たとえば、このあなご。
20100706193849.JPG
同じあなごなのに値段違うでしょ?
なーんでだ?
チッチッチッチッチッチッチッチッチーン
正解は左側の方が少し赤みがかってるでしょ?
これはしめる時に上手くしめないと血が全身に滲んでしまうんです。
・・・・・それだけ?
そう、それだけなんです!
それだけでこんなに値段が違うんです!
椋木「すみません、そんなことだけでこんなに値段が違うんですか(汗)??」
吉光さん「そりゃそーいや!うちはそーゆー値段のつけ方しとるそいや。こういう視点で値段を決めとる魚屋が売っとる魚は信用できるじゃろうが!!」
すばらしいっす。吉光さんっ。
話を聞くとスーパーではこの位の違いは無視されて同じ値段で販売されているんですって。
でも吉光さん曰く「血生臭さが嫌いな人は敏感やし、そんなのきにせんっちゅー人もおるから色んな人に合わせた値段を設定しとる。」だそう。
各魚にシールが貼ってあったので質問してみました。
20100706194022.JPG
「刺身用って貼っちゃるのは新鮮な証拠。
天然って貼っちゃるのは養殖がでまわっとる魚。
養殖がないのは張る必要がないじゃろ。」
なるほど~。
じゃあこれは??
20100706194105.JPG
おなじアジ瀬付きあじで15尾入りも6尾入りも同じ値段…
なーんでだ?
チッチッチッチッチッチッチッチッチーン
正解は15尾入りの方は歯ごたえのいい物、20100706194142.JPG

6尾入りの方は脂がのってるもの…
20100706194214.JPG
ってわかるかー!どこが違うんじゃー!!
やっぱりプロは凄いなぁ。これを一瞬で見分けるんですって(汗)
あなどれんな、「三共」っっっ!!
萩しーまーとにきたら是非お立寄りくださいねん♪
しーまーとで一番の看板娘が接客してくれますよっっっ。
(娘、ではないかな…笑)

コメントはまだありません 続きを読む


ページ上部へ