やまぐち地ブログ

相島「スイカ」~後編~

萩市 | 季節のたより | 2010.07.31 11:40

みなさんこんにちは!「ふるさと萩食品協同組合」の椋木です・・・
さて、相島3部作の最終章「地獄の帰路編」です。
試食が終わり、フェリー出発まで3時間余り。
番屋さん「おめーら、これからどーするか?はーやる事ないんじゃろ。」
山中さん「はい。」
番屋さん「じゃーうちで酒でも飲んで横になっちょくか?」
山中さん「い、いえ、自分等まだ仕事中なんでっ(汗)」
番屋さん「それか?じゃー港でまっとくか?そこにおった方が下手に動くより安心じゃろっ。」
増野さん「そ、そうですね。そうします。」

またアレに載せられ(アレは中編、前編を参照)、港に到着。
もうお尻は完全に麻痺しています。
番屋さん「ここでまっちょけっ!」
と連れてこられた所は少し老朽化の進んだ小屋・・・
イス以外何も無いふきっさらしの小屋・・・
夜だったら、僕、泣いてます。
「にぎり飯もってきちゃるけー、その間コレでも食っとけ!」とその場を立ち去る番屋さん。
で~んっ
20100730101913.JPG
これ、番屋さんが自分で食べるように育てたメロン。
それと、渡された包丁。
20100730114923.JPG
これで割れ、と言われました。
(切るんじゃないんだ・・・)
それから、番屋さんを待つこと10分・・・
20分・・・
30分・・・
40分・・・

僕「ねぇ、もう番屋さん、忘れてますよね?」
山中さん「これが相島時間かもしれないっすよ・・・」
増野さん「あははは・・・」

それから5分後。
ブ~~~~ン
スクーターに乗った番屋さんが波風に吹かれて颯爽と登場。
番屋さん「お~~~い。持って来たぞ~。」
酒が来ました(笑)↓
20100730114955.JPG
他には、イカの刺身、貝の煮付け、キュウリの輪切り、瓜の漬物とにぎり飯。
一杯やっとけってことかっっっ!!!
僕はこの日は休日出勤。
だから取材が終わったあとはフリーなので・・・
20100730115022.JPG
プシュッ!
20100730115053.JPG
グビグビグビッッッッ
20100730115118.JPG
ぷはーっ
うめー!!!!

20100730115151.JPG
ものの30秒ですっからかん♪
(28歳なので飲酒はOKだよん)
・・・・・しかし、これが悪夢の始まりでした。
番屋さんは酒とつまみだけ置いて帰っていきました。
・・・残り2時間やることがまったくない・・・
増野さん、山中さんは睡眠を選択。
僕は探検を選択。
とにかくひたすら歩いてみました。
すると、どこかで嗅いだことのある匂いが。
「タバコの葉を乾燥させとる匂いや・・・!」
そうなんです。
以前、紫福でタバコ農家の戸井間さんを取材した時に、タバコの葉を乾燥している所を見せて頂いたのですが、その香りが辺り一面に立ちこめていたのです。
タバコ農家の戸井間さんの記事はこちら

そういえば相島の方がタバコの栽培は盛んだと言ってたな~
などとしているうちに時計の針は13:40を指していました。
「そろそろ皆を起こすか」と小屋に戻り
僕「そろそろ14時ですよー。フェリーに向かいましょうよ。」
山中さん「え?大丈夫ですよ、ここで待っちょけば。」
僕「はい?」
山中さん「え?」
僕「え?だってフェリーもう港に来てますよ。」
山中さん「え?フェリーってなんですかいねー?」
僕「はい?フェリーってフェリーですよ(苦笑)」
山中さん「あ、来ましたよ。」
僕「来たって何・・・え??」

ゴォーーーーーー
20100730115304.jpg
番屋さん「おーーい、はよ乗る準備せーよー!!」
もう頭の中がパニック。何が何だかわかりませんっ。
他の二人はなんの躊躇もなく乗り込み開始。
20100731103050.jpg
(ちょっと・・・ウソやろ・・・乗ったことないぞ、こーゆー船。)
僕「すみません、これで萩まで帰るんですか?」
山中さん「はい!」
僕「知ってたんですか?」
山中さん「はい!」

もう返す言葉もありません。
そのまま相島を離れていく船。
20100730115344.JPG
バシャンッバシャンッバシャンッ
まー揺れること揺れること!
20100730115418.JPG
しかし船は萩とは真逆の方向に進んで行きます。
これどこに向かっているんですか?と聞いても誰もわからず、
そのまま船に揺られること3分。
20100730115551.JPG
「なに、アレ。人??」
そうなんです。この方は相島に魚釣りに来た人で、番屋さんの船をチャーターしてるんです。
で、時間になったから迎えに行って僕達と一緒に萩に帰るという段取りなんだそう。
しかし、釣り人を乗せても一向に萩には向かわず、
また一人・・・
20100730115619.JPG
また一人と・・・
20100730115526.JPG
計3名の釣り人と同船。
誰一人として面識が無い者同士。
会話なんかするわけもなく唯々無言。
僕達は避難民か?
20100730115739.JPG
と思ってるのも束の間、乗客がそろうや否や
番屋さん、ブッ飛ばします。
う、うわ~~~~~~!!!

20100730115844.JPG
信じられないスピードで遠のく相島っ。
(こんなのになるんやったらビールなんか飲むんやなかった・・・)
容赦なく襲う波しぶき!!
ぎゃ~~~~~~~!!!!
冷めてーーーーー!!!

もう屋根が屋根としての役割を果たしてくれず・・・
20100730115928.JPG
上は大雨、下は洪水、これなーんだ。
20100730120002.JPG
正解は、番屋さんの船です・・・
20100730120035.JPG
うしろを振り返り他のメンバーの様子を見てみると・・・
や、山中さーん!!!!!
20100730120143.JPG
ピクリともしちょらん!!!
(やっぱりビールが効いとるんやっ)
そして後ろに目をやると、
あ!あれはっっっ!!!!
20100730120223.JPG
僕らが乗るはずだったフェリー「ツバキ号」!!!
20100730120250.JPG
たっ、たすけてくれーーーーーー!!!!
約20分の激闘の末、ようやく見えた指月山。
20100730120329.JPG
い、生きとる。。。
萩港に着くと釣り人達は下船。
20100730120403.JPG
僕達に遅れること約10分。
麗しの「ツバキ号」、堂々と到着。
頭の中では「威風堂々」の音楽が流れていました。
20100730120430.JPG
番屋さん「ほれ、スイカでも食え!!」
食えるかー!!!
20100730120504.JPG
って食うんかい!!!!
20100730120531.JPG
その後、浜崎港まで移動し、
20100730120618.JPG
車にスイカを詰め込みました。
(これが本来僕達が採るハズだったスイカ・・・・)
20100730120745.JPG
番屋さん「よしっ!ご苦労じゃったのっ。しーまーとまで乗せてっちゃるいや!!」
あ、ありがとうございます!!
20100730120826.JPG

荷台でした・・・

コメント

コメントを書く

お名前・Webサイトは公開されます

ページ上部へ