やまぐち地ブログ

試撃行日譜(佐賀編)《萩市》

萩市 | 担当者のひとりごと | 2010.08.27 18:27

恥ずかしながら戻って参りました。「ふるさと萩食品協同組合」の椋木です!
怒涛のスケジュールの中、試撃行完遂ですっ
本当は2日かけてまわる予定だったのですが、1日で全部まわりきりました!!
最初に行くところは佐賀県の「やさい直売所 マッちゃん」。
萩から約4時間かかる遠ぉ~い場所。
9時に視察のお約束していたので、絶対遅刻だけはするわけにはいかん!と眠い目をこすりながら3時に出発っ
20100827181912.jpg
九州の土地勘なんてもんは全くなく、しかも僕は車の長時間運転と高速道路が本当に大大大大大大大大大大大大だ~~~~~いっ嫌いなのでぶち余裕をもって行きました。
もちろん高速運転中は遅い車ゾーン。
どんどん抜かされますが、その度に「そんなに飛ばしてから、ご苦労さんやね」と思いながら佐賀県突入。
高速をおりて車を走らせること約20分。
・・・・・・・田んぼと山以外何も無い。
道間違えたんじゃろうか・・・
不安になりながらも車を走らせていると、飲食店がポツン、ポツンと点在。
それがマッちゃんに近づくにつれてどんどん増えていくんです。
正直すっごい違和感。
あきらかにおかしい。こんな人っ気のないところにそんなに需要があるとは思えない。
などと思いながら無事到着。
4時間ぴったりについたので時間はまだ7時。
「マッちゃん」はまだあいておらず、急に眠気が襲ってきたので車で仮眠。
1時間30分後起床。
「ふぁ~・・・よー寝た!そろそろ行ってみっかー。」
と目をこすりながら向かうと、
なんじゃこりゃー!!
20100827182007.jpg
車、車、車!
ナンバープレートを見てみると、福岡、長崎、佐賀ばっかしっ
すげーな・・・
ビックリしながらおもむろに中へ、おじゃましま~す♪
見渡す限り野菜!
20100827182051.jpg
野菜!
20100827182120.jpg
野菜!
20100827182149.jpg
野菜!
20100827182228.jpg
野菜!
20100827182259.jpg
野菜!
20100827182358.jpg
マッちゃん!!
20100827182430.jpg

「おはよっ!!」
とぶち元気のえぇ声で挨拶してくれてビックリっ
「わーTVのまんまですねー♪」
「そう??あはははははっ」
マッちゃんさん、とにかく元気いっぱいです。
お歳を伺うとなんと62歳っ!
全っっっっ然見えん
こうゆーと失礼かもしれませんが、カワイっと思っちゃいました。
「若さが買えるんだったらいくらでも買うよっ!」
※あ、すみません。ホントは全部強烈な佐賀弁で話してくれたんですが文字におこそうとしたら佐賀弁が全くわからないので標準語で書かせて頂きヤス。
と話してるそばから突然口からガムをペッ
僕「え~~~~!!!」
マッちゃんさん「おーい!ちょっと来てくれー!!」

と、従業員の方を呼んでそのガムを手渡し(笑)
渡された人も別段変わった様子も無く普通に受け取り去っていきます。
僕「え、あ・・・え????」
マッちゃん「ほれ、何よ。なんでも答えたげるよっ」

いきなりのアッパーに面をくらっていると、
また突然、
マッちゃんさん「おーい!!コーヒー!!!!ふたつー!!!ほれっ、飲みなっ」
僕「あ、ありがとうございます。」
マッちゃんさん「お前さんどっからきた?」
僕「あ、山口県の萩市という所からです。」
マッちゃんさん「ふーん!!」
僕「知らないですよね(汗)田舎ですから」
マッちゃんさん「ふーん!!」
僕「・・・・(ふーんってどういうリアクション??)」

と挨拶もそこそこに、少しずつ本題へ。
僕「なんでマッちゃんって名前なんですか?」
マッちゃんさん「わたしの名前からとった♪合瀬(おおせ)マツヨだからマッちゃん♪」

へぇ~!!!

っとミーハーな質問もそこそこにきちんと本題へ。
今やNHKやら民放やら雑誌やら新聞やらに取り上げられまくっている直売所マッちゃんですが、最初からうまくいってたわけではありません。
19歳で嫁いで農家になったマッちゃんさんは、20年間農業オンリーで頑張っていました。しかし農業だけではなくその物を売りたいという強い気持ちがずーっと心の片隅にあって、何度も何度もお舅さんや姑さんに「売りたいっ」という事を伝えたのですがまったく首を立てに振ってもらえませんでした。
そんなある時、マッちゃんさんに転機が。
田んぼ沿いの国道道路拡張が始まったのです。
今までだけでも一日平均7000台は車が通過していたのがこの拡張でもっと増えるぞ!と見込んだマッちゃんさんは独断で直売所を始めたのです!
ご主人はどちらかというと受身な方らしく、「反対したら離婚すっぞ!!」といって押し切ったそうです(笑)
で始めたはいいものの、20年前は今のように直売所という言葉すらない時代。
全く売れません。
1日1~2万の売り上げ。
施設を建てる為に1000万の借金。
毎月の返済。
親族全員からの反対の声。
生産者からの冷ややかな反応。
それでもマッちゃんさん、屁とも思ってなかったそうです。
とぶち元気のえぇ声で挨拶してくれてビックリっマッちゃんさん、とにかく元気いっぱいです。お歳を伺うとなんと62歳っ!全っっっっ然見えんこうゆーと失礼かもしれませんが、カワイっと思っちゃいました。「若さが買えるんだったらいくらでも買うよっ!」※あ、すみません。ホントは全部強烈な佐賀弁で話してくれたんですが文字におこそうとしたら佐賀弁が全くわからないので標準語で書かせて頂きヤス。と話してるそばから突然口からガムをと、従業員の方を呼んでそのガムを手渡し(笑)渡された人も別段変わった様子も無く普通に受け取り去っていきます。いきなりのアッパーに面をくらっていると、また突然、と挨拶もそこそこに、少しずつ本題へ。っとミーハーな質問もそこそこにきちんと本題へ。今やNHKやら民放やら雑誌やら新聞やらに取り上げられまくっている直売所マッちゃんですが、最初からうまくいってたわけではありません。19歳で嫁いで農家になったマッちゃんさんは、20年間農業オンリーで頑張っていました。しかし農業だけではなくその物を売りたいという強い気持ちがずーっと心の片隅にあって、何度も何度もお舅さんや姑さんに「売りたいっ」という事を伝えたのですがまったく首を立てに振ってもらえませんでした。そんなある時、マッちゃんさんに転機が。田んぼ沿いの国道道路拡張が始まったのです。今までだけでも一日平均7000台は車が通過していたのがこの拡張でもっと増えるぞ!と見込んだマッちゃんさんは独断で直売所を始めたのです!ご主人はどちらかというと受身な方らしくといって押し切ったそうです(笑)で始めたはいいものの、20年前は今のように直売所という言葉すらない時代。全く売れません。1日1~2万の売り上げ。施設を建てる為に1000万の借金。毎月の返済。親族全員からの反対の声。生産者からの冷ややかな反応。それでもマッちゃんさん、屁とも思ってなかったそうです。

どーやったら売り上げ上がるかなーと考える日々。
売り上げの為だけにポテトチップスやスナック菓子を置いてみたり、コンセプトと全く違うものを置いてみたりと試したそうです。
しかしそういう思い入れのない商品は売れない事に気づき、
野菜も市場のものは入れない、県外のものは入れない、生産者が直接持ってくるものだけ売る。そして値段は生産者に付けさせる。
価格設定で一つだけだす条件が「必ず自分で買う値段にする事」
利益は優先しなければならない必要事項だけど、最優先事項ではない!自分で買いたくないと思う値段をつけて誰が買ってくれるか!
これがマッちゃんの経営方針。
もうここらへんで、農家の人と話してる気はまったくしませんでした。
実はマッちゃんさん、今でも普通に農業やってるんですっ。
この日も農作業の途中で着てくださり服にはがついてました。
手を見ても毎日土を触ってる事が容易にわかるくらい逞しかったです。
一人感心していると、
「お金があると思ったら大間違いよ!25人の社員の人件費、設備の維持費。コレをまかなうのに一個100円前後の野菜をどれだけうればいいかわかる??大変なんだから~♪」
しかし今や年間売上げ、7億円!!!
すげー!!!
しかも、ここでは飲食系のお店もだしているんですが、そちらの売上げより野菜の売上げの方が全然上回ってるんですって。
お客さんの買い物かごをみると全員山のように野菜を詰めまくってました。
僕「なんでこんなに売れるんですか?」
マッちゃんさん「そりゃ形の悪いものもいいものも区別なくおいてるからよっ。だから安く提供できるし。形の悪いのいいのなんて料理で切っちゃえばカンケーないじゃない。そんなの気にするのスーパーと市場だけよ。主婦には関係ないの。」

最近よく耳にするこの言葉。
どっかの評論家がゆー言葉なんかとは重みが全然違います。
聞いてて鳥肌が立ちました。
今は昔のように提供できる量だけ置いとけばいい、というのはできないんだそう。
それはお客さんがマッちゃんに来たらどんな野菜でも絶対にあると認識してるからその期待は絶対に裏切れないからなんですって。
事実、この日はキャベツだけ群馬県産の物が置いてありました。
「あんたよく見てるねー(笑)キャベツだけは今期が不作でここの一帯全滅なの。これは市場から私が仕入れたの。」
ですって♪
約1時間くらい1対1でみっちりお話を聞かせて頂きました。
マッちゃんさん「どう?もう聞きたいこと無い!?」
僕「はい!めちゃくちゃ勉強になりました!」
マッちゃんさん「そう!よかった!あのね、常にアンテナは張っときなよ。あんたは私から色んなヒントを貰ってるかもしれないけど、私もあんたから色んなヒントもらってっから♪」
僕「はいっ!!(ホントすげーなっ・・・・)
すみません、これツマラナイものですが・・・渡すの忘れてました。」
マッちゃんさん「あら、悪いわねっ!ありがとう!」
僕「萩の名物の夏みかん・・・」
マッちゃんさん「萩?行ったことあるよっ」
僕「え!!??いつですか??」
マッちゃんさん「今年の2月。社員旅行で。」
僕「えー!!さっき萩知らんよーな感じやったじゃないっすかー!」
マッちゃんさん「え?そう?行ったよ、松陰神社。」
僕「マジっすか??じゃあ、しーまーとにも来てるんじゃないんですかっ」
マッちゃんさん「ん~、魚市場みたいなやつ??」
僕「そうですっ!じゃあ来てんじゃないっすかー(笑)」
マッちゃんさん「あぁ、行ったわ!何とかト市場でしょ?」
僕「それ唐戸市場(からといちば)じゃ・・・」
マッちゃんさん「あー!そうそう!唐戸市場っ。いったわー!あんたも見た気がする!」
僕「・・・・それ下関です。しかも僕まだしーまーとに入ってないっす・・・」

そんなこんなでマッちゃんさん、ホントーにありがとうございました!!!
↓これはマッちゃんで食べることができる名物「ざる寄せ豆腐」↓
20100827182546.jpg
めちゃくちゃ熱くて、ぶちうまい!!
みんなも行ったら絶対食べるベシっっっ
20100827182659.jpg

2件のコメント 続きを読む


ページ上部へ