やまぐち地ブログ

不思議な出来事《萩市》

萩市 | 担当者のひとりごと | 2010.09.07 00:02

みなさんこんにちは!「ふるさと萩食品協同組合」の椋木です!
今日も萩には台風が近づいておりまして、雨がふるそか?ふらんそか?と思いながら観光案内をしています♪
昨日に引き続きこんな日は取材に行くこともできないので、最近あった不思議な出来事を書こうと思います!!
言わずもがな、僕は土日はしーまーと内で観光案内をしているのですが、働き出して間もない頃一人の女性が話しかけて下さいました。
その方は萩が実家なのですが訳あって高校の3年間だけしか萩にすんでいなかったそうで卒業後萩を離れ、今はご主人の都合でまた萩に住んでおられます。

お話をしている内に何故か僕の事を大変気に入って下さり、名刺を交換して一度ご挨拶のメールを頂いたのですが、その後は特に連絡はありませんでした。
しかし先日、突然携帯に電話がかかってきました。
どうされたんですか?と伺うとその方の家は全て小国杉で建築していると言うのです。
ビックリして理由を伺うと、その方は病気を抱えていらっしゃるらしく科学物質に敏感に反応してしまうらしいのです。現に外出も週一回しかできず、野菜も体にあったもの以外を食べてしまうと全身にアレルギー反応がでて日常の生活もままならないのです。
その方がご主人と一緒に家を新築する時に何の素材を使うかというのを調べる為に、毎晩枕元に一種類ずつの木を置き今日はヒノキ、次の日は杉の木、次の日は違う木と変えて体に害を及ばせない木材を調べた結果、唯一アレルギー反応が出なかったのが小国杉だったらしいのです。
先日のブログで小国の事が書いてあったのを見て「是非この事をお伝えしたい」という衝動にかられてお電話をして下さったそうです。
なんだか嬉しくなり色んな話をしていると、もう一つビツクリな事がありました!
この方は食べる食材もいろいろな制限があるらしく、体に合わない野菜は体が拒否反応を示してしまい一切食べる事ができないのです。
「そうなんですか・・・本当に大変ですね・・・」

と話すと、

「だから私、旭にある野菜直売所つつじの野菜しか食べれないの。スーパーの野菜は全部ダメ。いろんな所の野菜を全部試したけれど全部だめだったの。」

「え!?僕、さっきそこで働いて来たんですけど!ぼく毎週木曜日につつじで働かせてもらう事になったんですよっ」

「えーーーー!!!!」

「毎週木曜日に野菜直売所「つつじ」で働きマース」とブログで報告したのは金曜日。この時点では関係者にしか言ってないので誰も知りえません。

なんかすごいな・・・
と思ってつい話まくってしまいました。
2時間も(笑)
こんなに長電話したの久しぶりっ
あまりに嬉しくなったので、つつじの代表の方にすぐ電話をしてご報告。
「あー!あの人かー!わかるわかる!知っとるよ。いっつもめちゃくちゃ大量に野菜を買って行ってくれるんだよ!」
「どこの野菜も合わないから一週間分の野菜をまとめて買うんですって。」
「へ~そうだったのか!本当にありがたいなぁ。」

ね?ちょっと不思議でしょ♪♪
出会いってわからんモノですね~っ

コメントはまだありません 続きを読む


ページ上部へ