やまぐち地ブログ

底引き網漁~前編~《萩市》

萩市 | お知らせ | 2010.10.08 00:19

みなさんこんにちは!「ふるさと萩食品協同組合」の椋木です!

・・・・・・・行って来ましたヨ・・・・・・
・・・漁船同行取材・・・

船に乗る前から既に気持ち悪い・・・
母親に頼んで港まで運んでもらい、車を降りると眼前には、
20101008105847.JPG
今や遅しと準備万端よろしく「光新丸」がスタンバイっっっ!!!
船上ではなんだか怖そうな漁師さん達が無言で作業をこなしています。
僕「(・・・僕、完全に場違い野郎やん。今日色んな事で怒られるんや・・・)」
と思うと、寒さの影響もあり酔いが一気に醒めちゃいました。
とにかく気だけはしっかり保たなくては!!
との一心で腹から大声で
僕「おはよーございます!!!今日はよろしくお願いします!!!!!」
船長「おー、早よー乗れ。」
僕「は、はいっっっ!(怖ぇ~~~(泣))」

ジャンプ一番、飛び乗る僕。
ドッドッドッドッドッドッドッドッドッ
と港を離れて夜の底へと一路。
20101008113429.JPG

若い漁師さん「兄ちゃん、何しにきたんや~。話は聞いとるけど大変やの~。今から地獄みるど・・・ホント。脅しやないけど覚悟しちょけよ。」
僕「・・・・・・・」
若い漁師さん「ついてきー。」
僕「は、はい!!!」

と、そのまま漁船の中へ。
すると隠し扉のように突然床の板を一枚はがし
20101008111124.jpg
若い漁師さん「こっちおいで。」
僕「はい・・・(って、え~~~~~!!!)」
20101008111327.JPG
せ、せ、狭い!!!
中腰では入れず、ホフク前進でないと移動できない。
その高さ約70cm・・・

若い漁師さん「魚場につまで寝とき。吐きたくなったら外でて吐いてええから。」
僕「みなさんはどうするんですか??」
若い漁師さん「船長以外みんな寝るよ。じゃあお休み。」

僕「は、はぁ・・・」

寝床は全て木で仕切られ長さは160cm、横80cmくらい。
僕、身長が180cm以上あるので足はもちろん伸ばせません。
ひざも立てれません。
でも一番驚いたのが、音と振動。
枕の後ろでエンジンの音が直に響き脳みそを揺らしまくる!
ガガガガガガガガガ!!!!
削岩機の上で寝させられている様な(というか削岩機の上ですね、アレは。)振動で眠るなんて事は絶対に無理!!!
でも周りを見渡すと、みなさん普通に寝てるんです。。。
おまけに波に船体が上下左右に揺らされまくられ、一人アトラクション状態。
こんなん絶対無理やわ・・・
このまま吐くんやろうか・・・

などと心配していたのですが、
アレ?
意外と大丈夫。
強いのか?僕は?
と思っていたら、1時間くらい経つと振動や揺れにも慣れてきたんです。
で気づいたらそのままオネムちゃん。
グ~~~~~

————-約3時間後—————
ガガガガガゴゴゴゴゴ!!!
な、なんの音!?
周りを見渡すと漁師さん達がいないっ!
しまった、遅れをとった!!!
ホフク前進で出口に向かいひょこっと顔を出すと、、、
20101008113634.JPG
波しぶきをぶち浴びながら必死に縄を巻き上げる漁師さんっ!

みなさん無言でただ黙々と縄を引き上げるっっっ
なんだこの凄まじい光景は!!!
と思った瞬間。。。。
う・・・・・・、うぅ・・・・・っっっ
オエーーーーーーーーーー!!!!!

20101008114158.JPG
漁師さん「おー吐け吐けー!!!吐かんにゃ楽にならんぞーーー!!がははははは!」
僕「&$#~¥)‘?、!$#・・・オエ~~~~~!!!」
昨日の夜の全部出た・・・
寝とった時は平気やったのに!!!
なしてっ!??
吐いて少し落ち着いた時に考えたのですが、
気持ち悪さの原因が「揺れ」という事は百も承知なのですが、もう一つの原因がコレ・・・
次の2枚の写真見て下さい。
20101008113236.JPG
20101008114954.JPG
この2枚は全く同じ場所で同じ角度で撮ったものなんですけど、違い分かります?
上の写真は空だけが見えて下の写真は海写ってるでしょ?
何が言いたいかってゆーと、船体が左右に揺れてシーソーみたいになってるんです。高低差約1、5メートル。コレを視覚として捕らえた時に頭が酔うんです(オエ~~~~!)
コレがず~~~~~~~~~と続くんです(オエッ!)
っつーか続いたんです(オエ~~!!!)
漁師さん「がはははは!吐け吐け吐けー!!!」
僕「ア、アベビバベブボベ、ゲボボボボボボボ・・・・オエーーーー!!!」

もう出るものが無いのに、なんだか吐きたくなる!!
これが世に言う
船酔い!!!!
こうして僕の漁船取材は幕をあけました♪
続きはまた明日っっっ。

4件のコメント 続きを読む


ページ上部へ