やまぐち地ブログ

むつみのコシヒカリ《萩市~むつみ地域~》

萩市 | 季節のたより | 2010.11.08 16:29

みなさんこんにちは!「ふるさと萩食品協同組合」の椋木です!
本日訳あってこの「やまぐち地ブログ」のオオモトである山口県観光連盟へ行ってきました♪♪
まぁデカいことデカいこと。
重厚感たっぷりっちゅーか、歴史を感じるというか…
映画のロケ地にでも使えそうな立派な建物でございやしたっ
っという事で、私は萩の「食」についてお伝えしなければなりゃにゃいので、、、
今日はむつみの米!!!
20101108161152.JPG
コシヒカリ!!!
今回お邪魔した農家は栗田さん。

ん??
と思った人。
そうです。
この栗田さんは以前「千都大根」を作ってるよ~、と紹介させて頂いた方なんどす!
栗田さんご自慢の「千都大根」はこちらっ

すでに収穫時期が終わってしまっていたので、倉庫に案内してくださいました。
ドーン!
20101108161820.JPG
エイヤー!
20101108161855.JPG
現時点での総数
な、な、な、なんと880俵!!!
(※1俵60kgだす)
しかーも、畑の広さ
な、な、な、な、なんと!!!!!
10ヘクタールっっっ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
え?どんだけ広いか分らんって?
1ヘクタール=100m×100m
つまり。。。。
10ヘクタール=1000m×1000m!!!!

どうじゃ!広いじゃろーが!!
僕「これ一人で稲刈りしとるんですか?」
栗田さん「・・・・こっち来てみぃ。(ニヤニヤ)」
僕「(うわ~、なんか笑っとる・・・)」

と、別の倉庫へ連れて行かれ、
20101108162033.JPG
中に入ってみると・・・
コンバインドーン!
20101108162058.JPG
ドーン!!
20101108162156.JPG

ドーン!!!
20101108162241.JPG
デカイじゃろ~♪
普通に車よりでかいんよ!
コンバインってゆーのは、稲や麦を刈り取りながら脱穀までしてくれる優秀な農作機械のこと。
栗田さんみたく広~~~い畑をもっていると小さいコンバインでは稲を刈るのに何往復もしなければなりません。
しかーし、この超ビックコンバインを購入してからは作業効率が数倍に上がったそうです。
と・こ・ろ・で

ゲンキンな話、これ幾らすると思います???
にゃにゃ、にゃんとっっっ
○千万円也!!!!

普通に家一件買えちゃいますっ(これマジ)
個人農家でこの規模のコンバインを持っている人はほっとんどイナイんですって。
若い人が米農家をしたがらない理由はコレ。
農作機械がハンパなく高いんです。。。
初期費用を換算しただけでみんな青ざめて米農家に手をだせなくなるんですって。

少子化以外にもこんな現実問題があったとは知らなんだ・・・
しかもこの奥には使わなくなったミニコンバインが数台とトラクターが1台。
20101108162508.JPG
20101108162532.JPG
どれもデカイ。。。
ちょっと乗せてもらいまちた♪♪♪
じゃーん!!
20101108162604.JPG
おー!
ワケわからんボタンがいっぱい!
20101108162630.JPG
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
20101108162701.JPG
好きなんやね、栗田さん。
一通り紹介して頂いて、外にでるとおもむろにキャタピラの残骸が。
20101108162738.JPG
コレ1本50万円。
2本で100万円。

とにかく費用がかかるんですな!
農家さんという職業はっっっ
栗田さん!!ありがとうございました~~~~っ!!!

3件のコメント 続きを読む


ページ上部へ