やまぐち地ブログ

萩市、長門市のIT事情《萩市》

萩市 | 担当者のひとりごと | 2010.12.17 13:56

みなさんこんにちは!「ふるさと萩食品協同組合」の椋木です。

昨日は例のごとく萩市明木にある野菜直売所つつじへ行ってきました♪
行ってきたんですが、、、
ドーン!

ドドーン!!

見てこの雪。
萩市街でもちらほら降っておったのに、萩往還を抜けたとたん雪国。
つつじに到着するも。。。
伊藤店長「椋木君。来てもらったはえぇけど、今日はなーんもできんで。」
僕「そうっすよねぇ」
伊藤店長「はー帰りぃ。」
僕「はい。。。そーします。」

トンボ帰り。
しかーし!!!
この日の予定はこれだけじゃーござーません!!!!

そのまま一路、長門市へ。
みなさん、山口国体のブログを書くよーって書いたの覚えてますか??
実は先日、萩の国体絡みのイベントは何があるのかを聞きに萩市国体推進室に行ってきたんです。
その時に、とんでもないモノを発見したんです!!

※コレは写真です↑

こっちから見てね↓
萩商工プレゼンテーション

実は萩商工高校が萩の山口国体サイトを制作しているんです!!!
そしてこれは作ったサイトをプレゼンしているところ。
見てみると、超本格的!!!
javaの打ち込みタグの打ち込みなんのその。フラッシュも使いまくるは技術はもうプロさながら。
班に分かれてサイトを作り、自分たちの作ったサイトをプレゼンして最終的には1班だけ選ぶんですって。
それが萩市の公式国体ホームページとして採用されます。
ぶちおっっっっっっっもしろーーーーい!!!!!

僕「これ是非取材させてください!!」
担当者さん「えーよえーよ!こちらこそ是非お願いします!」
僕「ん????ところで、このユーストリーム誰が配信してるんですか???」
担当者さん「これは長門市の人がやっちょるよ。」
僕「長門??個人ですか?」
担当者さん「いやいや会社よ♪」
僕「そんな会社が長門にあるんですか!?」
担当者さん「紹介しちゃげよっか??」
僕「是非お願いします!」

名刺のコピーを頂き、夜も遅かったので次の日の朝さっそく電話プルルルル。
しかし会社にはいらっしゃらなかったので、3時間後再度電話プルルルル。
しかしまた連絡つかず。
こーゆーひとならツイッターやってるだろ、と思いそれっぽいのを探して一応フォローしてみる。
すると3時間後、ダイレクトメールが。。。


waoh!!!!!

こんなお返事を出しました。
クラウドセミナーうんぬんについてですが、先日宇部までクラウドの説明を聞きに行った時にユースト流してた人なんじゃないかと勘が働き、聞いてみたんです。
ドンピシャでした♪
これがそのユースト。

↑アマゾンの玉川氏の講演です↑
しかしこれも写真です。
他の人の講演も見たい人はこちらをみてね↓
クラウドセミナー@宇部

携帯番号を教えてもらい次の日の午後に電話する事を約策してその日は終了。
次の日14時にソッコー電話。
僕「はじめまして!椋木と申します!」
小崎さん「なんか初めましてという感じしないですね(笑)」

と挨拶もそこそこに自分の仕事内容もそこそこに説明をして本題へ。
僕「すみません、お会いしたいんですが。」
小崎さん「全っ然いいっすよー!!」
僕「本当ですか!?空いてる日はいつでしょうか?僕が長門まで伺います!」
小崎さん「え〜っと、そうだなぁ。明日と明後日と。。。」
僕「じゃあ明日で!」
小崎さん「早っっっ!そうだよね、こうゆーの早い方がいいもんね(笑)」
僕「あーざーっす!!!!」

ってことで、昨日長門へ行ったんです。
長かったね、ここまでの説明。
14時に長門某所で合流しご挨拶。
そのあとなんと、
4時間もアツ〜イ議論をかわしてしまいました(笑)
野郎二人で(笑)
なんでも小崎さんは10年前にパソコンを初めて、そこからたったの2年で起業。
いまでは山口県内の様々なサイトを制作したりインターネットを使った地域活性化の取り組みをされております。
萩の松陰神社や忠小兵衛蒲鉾のホームページなんかも作っておられます。
これは小崎さん会社NBワークスが運営している「ごっぽうAちゃんねる」というサイト。
ユーストリームで色んな番組を放送しています。というか映像を垂れ流しにしているそうです。
ユーストリームをTV番組風に作らない、というのがポリシー。

↓これはブログ書いてる時に放送していた番組↓

↓これは長門駅前を24時間放送し続ける番組↓

小崎さんのお歳はちょうど僕の10コ上。
でもですねぇ、すっごい元気でバイタリティ溢れるお方。
長門商工会議所青年部に所属されており、長門を自分たちでもりあげよーぜ!!!と仲間達といろんな活動をしておられます。
例えばこれ。

長門商工会議所が主催したツイッター講座。
※写真です。。。

長門商工会議所ツイッター講座
こちらはスマートフォン講座。

※これも写真です
すべて長門市商工会議所が主催しているIT研修です。
参加者は商工会議所の人達や一般のおじさんおばさんなど様々。
す、すごい。。。
小崎さん「萩には色んな所で負けてるけど、ITだけは間違いなく長門が勝ってるね。萩何もやらなさすぎだよ。あんないい素材あるのに。」
ガーン!!!!!!!
言われてもーたーーー!!!!

でも、ホントその通り。
見習うべき所はホント見習わないと。。。
このあと4時間ずーっと↓のような話をしてました。
小崎さん「長門は市や商工会議所の若い連中がほとんどツイッターのアカウントをもっててそのコたちが自分で情報発信しとるんよ。市がプレスだしてメディアへ、という形もいいけどこれからは個が個に繋げるネットワークを構築していかないといけない。それは企業も自治体も一緒。プレスなんてそんなにだせるもんじゃないけどツイッターとかならスグだし無料。」
僕「うんうん。そーっすよねぇ。ツイッターも近いうち頭打ちになると思うんですけど(もうなってるか)まずはネットを使うってことにもっともっと慣れてもらわないといけないですよね。毛嫌いせずに。自分から。ツイッターとかソーシャルメディアはハヤリスタリがあるから使わないというのは間違ってると思います。廃れる時にはそれに変わる新しいモノが必ず出てるという事だから、それにさっと乗り換えれるフットワークの軽さを持つ方が全然大事ですよね。」
小崎さん「そうなんよ。だからこういう講座を開いてまずは興味がある人に教えていっとるんちゃ。そしたらその人たちが面白さ、便利さに気づいて勝手に周りに教えていくから。草の根でやってくしかねーんだよな、俺たち若いモンが。」
僕「でもネットが全てとは思ってないですよね?」
小崎さん「もちろん。ネットを使うのはあくまで【人】だから。」

 僕「同感っす!!!!」

小崎さん「っつーか萩のWiFi化にさすがに度肝抜かれた(笑)」
などなど。
他にも途中でユースト中継してみたりいろんなアプリの使い方教えてもらったりとっても中身の濃いー4時間を過ごさせて頂きました。
で最後の最後に、本題へ。
僕「IT講座、萩でもやってくれませんか?」
小崎さん「いいよ!それやろうよ!」
僕「マジっすか!!!??」
小崎さん「うん!萩は近いし全然OK。長門と萩で盛り上げちゃおうよ!」
僕「うわー!すっげー嬉しいっす!!!いくら位お支払いすればいいですかっ?」
小崎さん「いいよっ!そんなの無償で!」
僕「(天使みたいな人だ。。。)」
小崎さん「何する?もう落ち目だけどツイッターとかにする。だったら一回じゃ無理だから3回くらいに分けるけど。まずはネットに慣れてもらわないとイケナからね。」
僕「そうですねぇ。悩み所ですね!あぁ〜なんにしよっかなぁ♪♪♪♪」

という事でみなさん、来年、

IT講座を開催する事になりました!!!!

どんな講座がいいと思いますか?
どんな講座を聞いてみたいですか?
もちろん萩市以外の人も参加OKにする予定なので、是非意見をお聞かせください♪
主催は今の所「椋木」で考えてますが、行政や商工会議所で名乗りをあげてくれるのならそれにこした事はありませんのでドンドンお問い合わせください。
長門と萩とかカンケーなく、色んな市町とIT使った観光タッグが組めるといいなぁ♪
それではまた明日♪  

4件のコメント 続きを読む


ページ上部へ