やまぐち地ブログ

萩の夏みかんの歴史《萩市》

萩市 | お知らせ | 2012.01.27 16:15

みなさんこんにちは!「ふるさと萩食品協同組合」の椋木です!!
先日しーまーとの青果部の方に連れられて、萩夏みかんセンターへ行って参りました。
しーまーとから車で3分ちょい。
ぶり近かった。
建物に入るやいなやこんな写真が。
おー!!!すっげー!!!!
歴史を感じるぜ!!!
昭和30年くらいの時の萩の写真なんですって。
本当に夏みかんで生活できてたんだなぁ〜。
冗談やろ。。。
こんなに需要があったんですか?
とセンター長に伺うと、昔は柑橘がこれしかなかったから売れまくったんですって。
それと、炭坑業が盛んだった頃ビタミン欠乏症が炭坑夫に多く発生したのでそのビタミン補給剤として、
また水夫が航海時にビタミン不足で壊血病になってしまうのでその予防剤として利用されたそうです。
だからカゴ屋も儲かってたんですよね。
オネエサン、エガオ、ステキ。
という事でまた明日♪

コメントはまだありません 続きを読む


ページ上部へ