やまぐち地ブログ

【萩市】『楫取素彦伝』の出版!

萩市 | お知らせ | 2014.06.27 09:00

大河ドラマ「花燃ゆ」のヒロイン・文の夫で、初代群馬県令(現在の県知事)として産業や教育の振興に顕著な功績を残した楫取素彦の伝記『楫取素彦伝』を萩市と前橋市が共同出版いたしました。

楫取素彦伝販売チラシ

この伝記は、村田清風の孫で歴史学者の村田峰次郎(1857 ~ 1945)が、昭和初期に執筆していた草稿「耕堂楫取男爵伝記」を元に、出版に当たって漢文中心の文章に、読み仮名や句読点を挿入し読みやすくするとともに、解説を加えたものです。
 草稿は、平成24 年に萩博物館で開催した特別展「楫取素彦と幕末・明治の群像」の資料調査の際に、東京の楫取家を訪れた萩博物館の職員が発見したものです。
 原本が失われた資料が多数引用され、楫取素彦に直に接した人からの逸話など、知られざるエピソードも盛り込まれており、貴重な歴史資料となっています。

■販売場所
 萩市企画政策課、萩博物館、萩図書館

■金額
 1,800円(税込)

 

 

コメント

コメントを書く

お名前・Webサイトは公開されます

ページ上部へ