やまぐち地ブログ

夏・錦帯橋シリーズ③

岩国市 | 季節のたより | 2007.07.31 15:11

20070731145201.jpg

今日は「旧目加田家住宅」にやってきました!

こちらでは、ボランティアガイドさんがなんと毎日常駐しています。
通常の1時間からのボランティアガイドは、予約制ですが、
こちらの目加田家に常駐しておられるガイドさんは、目加田家を中心
として毎日、岩国へ来られる方をご案内しています。

20070731150306.jpg

この日は、夏休みを利用して、地元の小学生たちが
ボランティアガイドを行うための事前学習に自発的にやって
来ていました!
彼女たちは、この秋に観光客にボランティアガイドをするのです。
うん!勉強熱心ですね。20070731145218.jpg
20070731145228.jpg

そんな彼女たちに触発されて、
さっそく、ボランティアガイドの方にこの目加田家住宅の特徴で
ある両袖瓦についてレクチャーを受けました。
つづけて、この家の裏側にある 「三椏」(和紙の原料)や
「タラヨウ」という植物についても教えていただきました。

この目加田家で聞いたお話はどれも興味深く、また大変勉強に
なりました。
岩国の様々な歴史も併せて聞くことができる

ボランティアガイドの方々に

ぜひ会いにきてくださいね!

1件のコメント 続きを読む


らかん高原で涼しく!

岩国市 | 担当者のひとりごと | 2007.07.29 21:20

20070729211001.jpg

連日の猛暑ですね。

昨日は、岩国市錦町と本郷町にある「らかん高原」を訪ねてみました。

平地では35度もある猛暑なのに、ここらかん高原では

クーラー要らずの28度で涼しいのに驚きました!

さすが、「高原」というだけあって、避暑にぴったりです。

さて、こちらの写真は、「錦」の方のらかん高原です。

オートキャンプ場もあり、そして、四輪バギーやリフトも運行中で、時間があればものすごく遊びたかった!!です。

らかん交流センターでお昼ご飯を食べました。

おばあちゃんが、「メニューがたくさんなくてごめんね」と

おっしゃったのですが、とてもおいしかったですよ♪山菜うどん。

その交流センターの多目的ホールには、「横尾忠則氏」の天井画もあり、おどろき。じっくり見るためには、寝転がるしかない。

涼しい風に吹かれて、幸せなひとときでした。

20070729211009.jpg

こちらは、おなじく「らかん高原」の本郷側。

山の向こうはちょっとかすんでいるのでわかりづらいですが、

ほんとに山のてっぺん!という感じで、すごく広がりがあるすがすがしい感じのする高原です。

こちらは、錦側とはまた違った感じで、牛さんがいる広い牧場です。

もちろん、バンガローなどもあり、宿泊施設もあります。

写真の隅に小さく写っているのは、天体望遠鏡。

夜、ここで星空を観察するのも良さそうですね。

 

とにかく、涼しくて、暑さを忘れます。

高原って、いいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません 続きを読む


夏・錦帯橋シリーズ②

岩国市 | 季節のたより | 2007.07.26 13:46

20070726134147.jpg

暑いです。本当に暑いです。

正直に申し上げて、錦帯橋は、暑い観光地です・・・。

さて、錦帯橋を渡ったところ、ここは
横山側といいますが、
その横山側の第5橋の真下に下りてまいりました。

実は、ここはひそかなお気に入りスポットです。
1橋側の真下ももちろんいいですけど、
こちらの5橋側の方が、水の流れに迫力があるような
気がします。(特に春はね)
夏の暑さに、この水の音だけでも涼しさを感じます。
ちょと一休みです。

 

20070726134204.jpg

同じくこの第5橋のヨコには、
ご存知 「槍倒し松(やりこかしまつ)」があります。
岩国武士の負けず嫌いを表象するという松の木です。
ぜひ、ここに来て、説明書きを読んでみてください!

20070726134216.jpg

そしてさらにその横には、
「巌流ゆかりの柳」というものもあります。
吉川英治氏の小説の中では、
岩国で生まれた小次郎が、この辺りの柳とつばめを相手に
努力を重ねたという一説があります。

20070726134518.jpg

ふむふむ!

コメントはまだありません 続きを読む


夏・錦帯橋シリーズ①

岩国市 | 季節のたより | 2007.07.24 11:51

20070724114413.jpg

さあ~、夏休みですね!
みなさんもいろいろなところへ遊びに行く計画を
考えてらっしゃるところでしょう。

さて、錦帯橋では、夏休み施設紹介シリーズとして
あらためて錦帯橋&吉香公園の魅力を少しずつ
レポートしていきますので、ぜひ、夏の小旅行の参考に
してみてくださいね!!

さっそく、第1弾は、錦帯橋を楽しむための
チケット「セット券」の紹介です。

麻衣子ちゃんが料金所にて購入したこのチケットは、
通称「セット券」といいます。

このセット券は、
 「錦帯橋」往復入橋券と「ロープウェー」往復券と
 「岩国城」の3施設の券がセットになったものです。

錦帯橋でのんびり遊ぶなら、ぜひ、このセット券を
購入しましょう。

3施設を別々に購入すると、1,100円になりますが・・・、
このセット券なら、なんと 930円になるのです。
差額分で、ペットボトルのジュースが買えますよ!!
(小人~小学生~は、450円です。)

「錦帯橋は、やはり桜の時期だから・・・」

と、春に錦帯橋を訪れる人は大変多いです。
しかし、この夏の時期はかなり 穴場 で、人出も少ないのです。
春にロープウェーに乗ろうとすると、軽く1時間待ちだったり
します。
この時期は、待ち時間なしで乗れちゃうので、
夏だからこそ、このセット券を購入して、錦帯橋&吉香公園を満喫することをおススメします!!
(ロープウェーの出発時間は、毎時0分、20分、40分)

セット券は、錦帯橋の料金所をはじめ、
岩国駅案内所や、バスセンターでも購入できます。

錦帯橋の入橋券(300円)を購入した後で
セット券に気がついても、交換はできませんので

ご注意ください!!

さあ、セット券を握り締めて、吉香公園へいざ出発!

コメントはまだありません 続きを読む


錦帯橋・岩国寿司スタンプラリー 

岩国市 | お知らせ | 2007.07.20 13:32

20070720132719.jpg

3月20日からスタートした
錦帯橋・岩国寿司スタンプラリーの
上半期プレゼント当選者が決まりました。
(写真は、宿泊券発送準備中の麻衣子ちゃん)(笑)

なお当選者の発表は、発送をもってかえさせていただきます。

抽選は早かったのですが、景品の準備が少し遅くなりました。

昨日、景品を発送いたしましたので、
当選者の方には、順次届くと思いますのでお楽しみに。

上半期は、
応募総数550通
当選者75名で、ほどよい倍率だと思いませんか?

春に1個分のスタンプを押したまま応募用紙
が眠っている人もいらっしゃるのでは?
ぜひ、これから錦帯橋へおでかけください!
即、1個コースに応募するもよし、
あと2個押して、3個コースにチャレンジもよし!

あなたも、豪華景品目指して、岩国寿司を
食べましょう!

コメントはまだありません 続きを読む


雨の錦帯橋

岩国市 | 担当者のひとりごと | 2007.07.10 13:26

20070710131739.jpg

雨降る錦帯橋・・・。

最近の大雨にもかかわらず、錦川はごらんのとおり
まだあまり増水しておりません。
今後の雨の状況によっては、今後どうなるかは
まだまだわかりません・・・。

さて、今日はそんな雨のなかでもしっとりと
女一人旅を演出してもらいました。
麻衣子ちゃんです。(笑)

スカッと晴れた青空と緑の山に錦帯橋は言うに及ばず、
少し、雨で煙った風情の山水画のような錦帯橋も
大変趣があると思いませんか?

お客様も少ないので、ゆっくりとひとり、物思いに
ふける大人の女性・・・も悪くないかも?

晴雨にかかわらず、風情のある錦帯橋へ
ぜひ、おいでください。

コメントはまだありません 続きを読む


錦帯橋でテレビ中継しました

岩国市 | 担当者のひとりごと | 2007.07.06 15:54

20070706155038.jpg

昨日、テレビの生中継で
歌手の山本譲二さんがいらっしゃいました。

7月1日よりスタートした 鵜飼 を体験&宣伝してくださったのです。

そして、さらに、錦帯橋をバックに、歌まで披露。

昨日は、ほんとに1日だけの梅雨の晴れ間。

暑い中、譲二さんありがとうございました!

コメントはまだありません 続きを読む


本日の吉香公園

岩国市 | 担当者のひとりごと | 2007.07.03 15:43

20070703154200.jpg

梅雨の晴れ間の吉香公園は今日ものどか。

お堀には2羽の白鳥がおります。

しかし、あんまり仲良しではないので(笑)、別々のお堀に離されてしまってます・・・。

20070703154212.jpg

さて、こちらは、「錦雲閣」側にあるお堀にいる
白鳥で、名前は「ヒロミ」。
かなり、気が荒いデス。

今日はのんきに毛づくろいに余念がない ヒロミ。

な~んにも考えず、のんびり公園を散策・・・
というのも、公園ですごす正しいすごし方のひとつかな?
と思います。

たくさんの亀たちとのんきにすごしているヒロミに
ぜひ、会いにきてください。

コメントはまだありません 続きを読む


ページ上部へ