やまぐち地ブログ

夏・錦帯橋シリーズ 6

岩国市 | 季節のたより | 2007.08.15 10:45

岩国城です!

20070815104352.jpg

岩国城は、1603年に山頂の起工式を行い、1613年に
完成しました。
緑の山頂にそびえる白亜の天守は、3層4階の上に物見を置く
という、桃山風南蛮造りの山城で、藩の象徴として仰がれていましたが、
1615年、幕府の「1国1城令」により、
完成からわずか7年で破却されたという、悲運の城です。

現在のお城は、昭和37年に再建されたもので、
錦帯橋付近からの景観を考え、本丸南側に移動させたものです。

 

ということで、お城にさっそく入ってみました。
中には、展示物がいろいろ。
全国各地のお城の写真はともかく、興味深いのは、
全国のいろんな「橋」の写真や説明が展示してあり、
さながら、「橋博物館」のようです。

展示物の写真は、・・・みなさんがご自身で実際に来てご覧ください!

20070815103221.JPG

20070815103345.JPG

山頂からみる景色。
360度パノラマという言い方をよくするのですが、
ほんと、錦帯橋とは山をはさんで西側には、
新幹線の駅「新岩国駅」もよく見えます。

展望台には、海側にむかって望遠鏡も設置してありますので、
お楽しみください。

20070815103325.JPG

地上より気温が約2度低いというお城探訪を終えて、
さあ、またロープウェーで降りましょう。
ここの山頂駅には、「からくり時計」も設置してます。
時間ごとに、いろいろな曲を奏でていますので、こちらもぜひ
聞いてみてください。

20070815103314.JPG

お楽しみいただけましたでしょうか?

この夏、ぜひ、岩国城遊びに来てくださいね!

 

 

コメント

コメントを書く

お名前・Webサイトは公開されます

この記事に対するコメント

  1. ぶらぶらおじさん より:

    「シリーズ6」待ってました。からくり時計に傷か何だ、私。「残念」

  2. 岩国市 より:

    からくり時計は、
    時間が来ると音楽とともに、曇りガラスが
    明るくなって、中から鵜飼人形が現れます。
    なんかほのぼのする時計です。
    でも、昨年から、ガラスを壊されたりする
    被害にもあってしまってます・・・。
    ぜひ、機会がありましたら、
    からくり時計、お楽しみください。

  3. モナ より:

    初めて拝見させていただきます。
    関東の者ですが、父が岩国出身で父方の親戚がみな
    岩国市在住です(おじ、おばがつい最近まで岩国市役所勤務でした)
    最後に岩国城を見たのは10年前・・・
    初めて見たのが小3のときで、ちょうど夜、鵜飼の祭りをやっている時、闇夜にライトアップされていた記憶が今でも鮮明に残っています。
    ぜひ、また行きたいです。

  4. みみこ より:

    離れたところに住むと、故郷の素晴らしさがわかりますよね。私も少しの期間、岩国から離れていましたが、こちらに戻ってきたとき、錦帯橋がすごく懐かしく思えました。
    先日、お城まで行ってみました。山頂からの眺めは素晴らしかったです。
    からくり時計が健在だったのも、うれしかったです!

ページ上部へ