やまぐち地ブログ

上関神明祭が開催されます。

上関町 | イベント情報 | 2008.01.08 11:19

 豊臣秀吉の朝鮮侵略のおり、小早川隆景(毛利元就の三男)が戦勝祈願のため、ご神体を作り、軍神に祈ったのが「神明祭」の起こりと云われています。

 「上関神明祭」の由来は、今から約400年前、隆景の家来・浦 宗勝の子景継が上関領主となったとき、上関で、ご神体を祭ったのが始まりと云われています。

 「神明祭」でご神体をはやすときに、町内で正月飾りを集めたものを一緒に燃やし、一年間の無病息災を祈願します。

日時 平成20年1月20日(日)午後1時~

場所 上関町長島 沖の浜埋め立て地

日程 午前11時30分~ 餅つき

    午後1時~     神事

    午後1時40分~  神舞

    午後3時~     はやし

    午後3時10分~  もちまき

コメント

コメントを書く

お名前・Webサイトは公開されます

ページ上部へ