やまぐち地ブログ

夏の終わりに風鎮おどり

下松市 | イベント情報 | 2010.09.10 17:20

みなさんこんにちは(^o^)丿

  再開第2回は、遅くなりましたが8月30日に下松市の妙見宮鷲頭寺で開催された「風鎮おどり」についてレポートしたいと思います。

この「風鎮おどり」は、毎年、夏の終わりを伝える8月30日の夜に開催される伝統的な祭事で、300年以上続いているとのこと。「風鎮おどり」とは、風の神の怒りを鎮めるための踊りで、台風時期に踊りを奉納して、五穀豊穣と、家内安全を祈念する踊りだそうです。現在では、一般的な盆踊りに加え、近隣の子ども会の踊りや、仮装大会が盛り込まれています。

 

では、祭りの様子をみてみましょう。

 

 

20100910163308.JPG 

↑ 門の前の様子です。まだ始まったばかりで、だんだんと人が増えていきます。また、境内から下松駅に向かう道沿いも歩行者天国になり、出店が立ち並びます。

 

 

20100910163318.JPG 

↑ 踊りが始まりました。3つの太鼓を数人が交代して休みなしに鳴らし続けます。

 

 

20100910163511.JPG 

↑ 子ども会による子どもの踊り。難しい踊りではないので、子どもも楽しく踊ることができます。

 

20100910163329.JPG

↑ 一般的な踊り。みなさん動きが優雅です。

 

 

 20100910163409.JPG

↑ 始まりました!仮装踊り!! (^O^)

お寺で行われる祭事でこういった仮装大会が行われるのは、全国的にも珍しいのではないでしょうか、、、

近年は、「コスプレ」に近い格好の人も多くなっています。

20100910163503.JPG

 

↑ 縁起のよいダルマも踊ります。

 

「そんな格好できちんと踊れるのか?」

 

 

は考えてはいけません。

 

 

みんなで楽しむことがとても重要なのです。

 

 

20100910163358.JPG

↑ きらびやかな仮装で踊る
方々もいました!

20100910164139.JPG

↑ 右の方に・・・どこかでみたことがあるキャラクターのような・・・

 

↓ 以下、由緒あるお寺の境内で妖怪たちが踊るの図

20100910163348.JPG

↑ 赤鬼の親子でしょうか?すごく楽しそうですね。

20100910163454.JPG

↑ 鬼太郎ブームでしょうか。どこかでみたことのある妖怪たちが踊っています。後ろのほうでは、審査員の方々が仮装の審査をしています。

20100910163337.JPG

↑ 今回ひときわ目立った仮装「ぬりかべ」。うしろはカラカサかな?

 

踊りの終了後、恒例のもちまきが行われて、「風鎮おどり」は、終了です。

興味をもたれた方、是非来年ご参加ください!

お待ちしております<(_ _)>

 

 

 

↓下松市の観光情報等はこちら↓
下松市観光協会HP http://kankou.kudamatsu.info/

 

 

                                                                          

コメント

コメントを書く

お名前・Webサイトは公開されます

ページ上部へ