やまぐち地ブログ

【下松市】『道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト』開催します!

下松市 | イベント情報 | 2017.02.24 16:55

道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト

~ものづくりのまち下松(くだまつ)から 鉄道発祥の地 英国へ~
長い航路へと旅立つため、鉄道車両が道路を走り埠頭へと向かいます。
「ものづくりのまち下松」だからこそ見ることのできる貴重な光景を、ぜひご観覧ください。

(株)日立製作所笠戸事業所が製造している英国向け高速鉄道車両は、下松第2埠頭から船で英国に出荷されており、同社から埠頭までは車道を使って陸上輸送(陸送)されています。通常交通量の少ない夜間に行われている「陸送」を日中に行う貴重な機会ですので、ぜひご観覧ください。

14時00分 陸送スタート((株)日立製作所笠戸事業所発)
14時40分 下松第2埠頭到着(予定)
【観覧エリア】下松市市民運動場周辺
当日観覧エリアでは大型映像装置搭載車(LED車)で鉄道車両が道路を走る様子を生中継します!

「英国向け高速鉄道車両」とは?
下松市を代表する企業の1つである(株)日立製作所笠戸事業所が製造しているイギリスの都市間高速鉄道計画(Intercity Express Programme:略称「IEP」)のClass800シリーズと呼ばれる高速車両のこと。

<臨時駐車場>
(1)下松市市民運動場(約600台)
※市民運動場(臨時駐車場)への乗り入れは、鉄道車両通行準備のため「14時まで」とさせていただきます。
(2)下松市勤労者総合福祉センター(約80台)
(3)下松市市民体育館(約90台)

<PRブース(市民運動場内)>
日立製作所PRブース
下松市特産品PRブース

<お願い>
・お越しの際は交通ルールを守り、現地の警察官・警備員・スタッフの指示に従って、安全に見学をしてください。
・鉄道車両運搬中は、安全のためルート上の歩道橋・中央分離帯を立ち入り禁止とさせていただきますので、ご理解ご協力をお願いします。
・駐車場に限りがありますので、徒歩・公共交通機関でのご来場にご協力ください。
・英国向け高速鉄道車両の通過に合わせて交通規制を行います。現地の係員の指示に従って通行してください。
・交通規制に伴い、渋滞の恐れがありますので、他ルートへの迂回にご協力ください。

コメントはまだありません 続きを読む


ページ上部へ