やまぐち地ブログ

流鏑馬神事開催

津和野町 | イベント情報 | 2007.03.30 11:30

全長270メートルの広大な馬場は、藩主吉見氏の時代(鎌倉時代)に鎌倉八幡宮の馬場を模して造られました。
日本で唯一、原型を留めている馬場です。
古式豊かな小笠原流鏑馬神事は、江戸時代の有様のままに執り行われます。
神事に続いて「つわの太鼓」が午前と午後の二回、奉納されます。
日時:4月8日(日) 午前11時、午後2時
会場:鷲原公園
詳しくはこちら

20070330112918.jpg

コメント

コメントを書く

お名前・Webサイトは公開されます

ページ上部へ