やまぐち地ブログ

【津和野町】「花まつり」の稚児行列参加者を募集中です。

津和野町 | イベント情報 | 2009.03.18 09:17

 津和野の伝統行事のひとつで、お釈迦様のご誕生をお祝いして毎年行われている「花まつり」。
 可愛らしいお稚児さんが、み堂を乗せた白象を引いて町中を行進します。

【日 時】 4月5日(日) 午後12時30分より

【場 所】 JR津和野駅前~駅前~本町~殿町~当番寺(興海寺)

  20090317161917.jpg

 お稚児さんの参加を町内外より募集しています。
 衣装は男女別でご用意してありますが、数に限りがありますので、ご希望の方はお早めに申し込み下さい。

 【申し込み先】 興海寺
           ℡ : (0856)72-1990

 

コメントはまだありません 続きを読む


【津和野町】 4月12日(日)                 流鏑馬(やぶさめ)神事が開催されます。

津和野町 | イベント情報 | 2009.03.17 15:25

 日本唯一の横馬場が残る鷲原八幡宮にて、古式豊かな流鏑馬神事が行われます。

  
 津和野で行われる流鏑馬神事は、徳川時代の津和野藩主・亀井家の秘蔵「津和野流鏑馬絵図」に描かれている、そのままの様式で行われます。
 小笠原流(鎌倉幕府創設の時代から今日まで耐えることなく継承されている弓馬術礼法)の格式と伝統を受け継ぎながら、忠実に執り行われています。
  鎌倉時代の装束を付けた流鏑馬射手三騎と、江戸時代の装束を付けた平騎手射手が、疾走する馬上から的めがけて矢を放ちます。
 的は50センチ四方の板。見事命中すると「パン!」と大きな音をたて板は砕け散るか、貫通し、まわりからは歓声と大きな拍手がおこります。しかし、三つの的を制覇するのは至難の技。見るものも固唾をのんで見守ります。
 境内には多くの観客が集まります。特に、この時代絵巻を目にしようと、外国人の方が多数訪れ、今や国際的な催しとなっています。さらに、ここ鷲原八幡宮は桜の名所でもあり、お花見にも絶好の場ともなっています。
期 日 : 4月12日(日) 午前11時~ ・ 午後2時~
 
会 場 : 鷲原公園 流鏑馬の馬場
駐車場:  鷲原公園には駐車場がありません。
 対岸に在る「道の駅 津和野温泉なごみの里」無料駐車場から歩いてお越しください。(徒歩5分)
地図を見る
流鏑馬の動画はこちら(Media Player)

コメントはまだありません 続きを読む


ページ上部へ