山口県観光フレンズ

おいでませ山口観光キャンペーン推進協議会(会長:一般社団法人山口県観光連盟会長 松村孝明)では、山口県の観光を紹介、宣伝するため、観光キャンペーンを全国各地で実施しています。
そのスタッフとして、9代目「山口県観光フレンズ」の4名をご紹介いたします。

山口県観光フレンズの活動の様子はこちら

9代目山口県観光フレンズ(任期:平成29年6月1日~平成31年5月31日)

橋本 美穂 (はしもと みほ)

趣味・特技

食べること、筋トレ、インスタグラム

自己PR

私のおすすめは、本州最西端にある故郷の下関市です。海や緑に囲まれた歴史のある魅力の詰まった町です。まず「死ぬまでに行きたい世界の絶景」にランクインした「角島大橋」です。TVCMやドラマで使用される絶景スポットで、晴れた日はコバルトブルーの海、夕方はゆっくりと沈む夕日、夜は素晴らしい星空に、心がときめきます。
次に新鮮な海の幸が食べられる唐戸市場にある「活き活き馬関街」です。ここでは市場ならではの活気が味わえ元気をもらうことが出来ます。
3つ目は、国の天然記念物に指定されている「川棚クスの森」です。私のパワースポットで神聖な雰囲気に心が洗われます。
そして最もおススメしたいのは「城下町長府」です。練塀が続く小路など歴史情緒があふれ、春は桜、夏は睡蓮、秋は紅葉、冬は雪景色といろいろな表情を楽しむことが出来ます。歴史を感じながらゆっくりと散策してみると素敵な出会いがあるかもしれません。ぜひ穏やかで温かい空気を感じに山口県へお越しください。

 

樋口 奈樹 (ひぐち なみき)

趣味・特技

旅行、映画鑑賞、スポーツ

自己PR

私がおすすめする山口県は、三方が海に開かれている下関市です。
下関市は新鮮な海の幸がたくさん水揚げされます。唐戸市場では、土日には市場の雰囲気を楽しみながら名産の「ふく」の他、旬の魚を食べることができます。
近くには、本州と九州をつなぐ関門海峡があり、景色も絶景です。また、下関市立しものせき水族館 海響館では、子供から大人まで楽しめます。
下関市の中でも最もおすすめは、映画やCMの舞台となった島、角島です。心地よい潮風に吹かれながら、自然を肌で感じられる場所です。特に夏は海が美しいコバルトブルーに輝きます。その海を一直線の角島大橋がかかっており、その海と橋の調和した景色はきっと皆様の心に深く刻みこまれると思います。

 

福田 千明 (ふくだ ちあき)

趣味・特技

旅行、着物、映画鑑賞、卓球、お菓子作り

自己PR

高校生の時から看護と芸能活動を両立させてきたので体力、根性、責任感はあります。

私のおすすめ山口県

私のおすすめする山口県を5ヵ所紹介致します。
1つ目は、死ぬまでに行きたい世界の絶景にも選ばれた角島大橋。そこに広がるエメラルドグリーンの海を初めて見たときの感動は忘れられません。
2つ目は、菅原道真公を祀った神社、防府天満宮。日本最初の天満宮として創建された防府天満宮は、学問の神様であることから、受験シーズンには多くの人が祈願に訪れます。
3つ目は、毛利氏庭園。秋には錦織り成す紅葉が広がり、グラデーションがかった紅葉は思わず見とれてしまいます。
4つ目は、世界遺産の城下町で風情漂う町、萩。着物と街並みがとても良く似合う町なので、好きな着物をレンタルして散策するとより一層楽しめます。
最後に、日本最大級のカルスト台地、秋吉台。その地下にある鍾乳洞、秋芳洞。3億年もの年月をかけて自然が産み出した百枚皿は圧巻です。訪れれば必ず好きになる山口県。おいでませ山口へ。

 

友村 真麗 (ともむら まりあ)

趣味・特技

旅行、スポーツ、読書、ピアノ、料理、散歩

自己PR

私を一言で表すと”天真爛漫”です。どのような場面でも、楽しむ心、笑顔と挨拶は忘れません。

私のおすすめ山口県

私が特におすすめするのは山口市です。歴史上の多くの人物にとってゆかりの地である長州・山口を味わっていただきたいです。室町時代、大内文化が花開いた山口は”西の京”と呼ばれています。碁盤の目のように作られた街や国宝・瑠璃光寺五重塔、八坂神社、鴨川に似せて作られた一ノ坂川などがあり、少し歩けば多くの魅力を発見できます。
もう1つおすすめしたいことがあります。それはツーリングです。バイクや車が好きな方は、山口県の豊かな自然のなかを走り抜けるのも山口県を楽しむ方法だと思います。山口県は全県、道路がよく整備されています。景色を堪能し、道の駅の美味しい特産品で一息つくことができ、ツーリングコースにぴったりです。

 

ページ上部へ