モデルコース

明治日本の産業革命遺産 萩の5資産を巡る

およそ50年という短期間で「19世紀末の世界史の奇跡」といわれる近代化・工業化を達成した日本。萩市は産業化初期の日本の面影を色濃く残しています。
萩城下町では当時の社会背景に、萩反射炉・恵美須ヶ鼻造船所跡・大板山たたら製鉄遺跡では試行錯誤しながら自力で近代化・工業化に挑んだ証に、松下村塾では先駆的な工学教育論を唱えた吉田松陰の思想や生い立ちに触れることができます。

 

萩・世界遺産ビジターセンター

10分

萩城下町

15分

萩反射炉

5分

恵美須ヶ鼻造船所跡

15分

松陰神社松下村塾

45分

大板山たたら製鉄遺跡

 

ページ上部へ