1. HOME
  2. 山口・防府の検索結果一覧

山口・防府の検索結果一覧

新規オープン・リニューアル
山口・防府エリア
山口市

十朋亭維新館オープン

久坂玄瑞、高杉晋作、木戸孝允、伊藤博文、井上馨など、維新の志士たちが出入りした史跡「十朋亭」を中心に、十朋亭や志士たちゆかりの資料を展示するほか、プロジェクションマッピングや専用ARアプリにより、山口市の幕末・明治維新の歴史を楽しみながら学ぶことができます。 十朋亭や、吉田松陰の兄・杉民治が開いたとされる杉私塾などは観覧無料、休憩・ガイダンスゾーンも自由に御利用になれます。

2018年9月29日オープン

花・紅葉・風景・絶景
絶景・風景
山口・防府エリア
島根県鹿足郡津和野町

津和野城跡朝霧

秋から冬にかけて、城下町津和野は気象によって霧にすっぽりと覆われます。運がよければ天空の城を観賞することができます。 朝霧が出現しやすい10月下旬から11月にかけての土日祝日限定で城跡に通じる観光リフトを早朝運行予定! 詳しくは、津和野町観光協会HPをチェック♪

10月中旬~11月末日

花・紅葉・風景・絶景
紅葉
山口・防府エリア
島根県鹿足郡津和野町

堀庭園 紅葉

かつて銅山で栄えた堀氏の庭園で、国指定名勝となっています。 四季折々の風景が楽しめますが、特にイロハカエデをはじめとする紅葉が見事です。 また、11月上旬の数日にはライトアップを実施予定です。

11月上旬~中旬
入園時間9:00~16:00

イベント・サービス
祭・イベント
山口・防府エリア
山口市

第7回湯田温泉酒まつり

近年全国的にも注目されている山口県の地酒が湯田温泉に大集結! 1,500円のぐい飲みチケット(おちょこ付き)を購入し、試飲しながら会場内の酒蔵のブースを巡ります。詳細は「湯田温泉酒まつり」公式facebookで検索! (前売りチケットは夏ごろより発売開始)

2019年10月6日(日)

花・紅葉・風景・絶景
紅葉
山口・防府エリア
山口市

雪舟庭 紅葉

大内氏29代政弘が室町時代中頃に画聖雪舟に命じて、築庭したものといわれており、現在国の史跡及び名勝に指定されています。 紅葉シーズンには竹林と紅葉を同時に眺めることができ、一風変わった景観が楽しめます。

2019年11月中旬~下旬頃

ガイドウォーク・コース
ガイドウォーク
山口・防府エリア
山口市

長門峡ガイドウォーキングツアー

長門峡の成り立ちなどのガイドや、おすすめ観賞箇所や撮影スポットを御案内。長門峡の中間地点の鈴ヶ茶屋では、川のすぐ横で自然観賞できます。期間限定で終着地竜宮淵からの送迎バス運行予定。長門峡道の駅では阿東牛も味わえます。

通年

タクシープラン山口 五重塔

交通情報
タクシー
山口・防府エリア
山口市

山口観光貸切タクシープラン

各観光スポットではタクシードライバーも下車、お客様の観光ガイド も務めます。タクシーならではのゆとりの移動、細やかな対応が魅力です。 お迎え場所は、山口駅・湯田温泉駅・新山口駅及び湯田温泉・新山口駅周辺の宿泊所。 (新山口駅周辺発着は、山口駅・湯田温泉周辺発着より移動時間が片道約20分程多くかかります)

通年([コース4]は5・6・10・11月限定)

イベント・サービス
山口・防府エリア
山口市

12月、山口市はクリスマス市になる

室町時代、守護として山口を中心に治めていた大内氏は、西国一といわれるほどの個性的なまちづくりを行いました。 第31代当主大内義隆は、フランシスコ=サビエルの布教の願いを寛容な心で受け入れ、翌1552年旧暦12月9日(西暦12月24日)、山口の地で降誕祭が行われました。これが日本で初めてクリスマスが祝われた日と記録されています。 「12月、山口市はクリスマス市になる。」を合言葉に、市内各所で様々なイベントが催されます。

2019年12月1日(日)~31日(月)

花・紅葉・風景・絶景
紅葉
山口・防府エリア
山口市

重源の郷 紅葉

徳地の豊かな自然と特色ある歴史、文化を保存し重源上人の足跡を辿る「重源の郷」。昔懐かしい山村風景を再現し、そば打ち体験等様々な体験もでき、幅広い年代の方にお楽しみいただけます。

2019年10月~11月頃

花・紅葉・風景・絶景
紅葉
山口・防府エリア
山口市

国宝瑠璃光寺五重塔 紅葉

国宝瑠璃光寺五重塔のある香山公園が秋色に染まります。 夜間はライトアップして、昼とは違った姿を楽しむことができます。 (毎年秋にはキャンドルが灯される「ゆらめき回廊」も実施されます)

11月上旬~下旬

イベント・サービス
祭・イベント
山口・防府エリア
防府市

月の桂の庭特別公開

平成20年から期間限定で一般公開されている枯山水の傑作「月の桂の庭」が、今年も2日間公開されます。庭の名称にある「月の桂」とは月にちなんだ伝説、神仙説で不老不死の意味があるとされ、この石庭は正徳2年(1712)に桂家第4代当主桂運平忠晴が造営したと伝えられています。 是非この機会にこの名庭をご覧ください。

2019年11月9日(土)、10日(日)予定
9:00~16:30(最終受付16:00)

イベント・サービス
祭・イベント
山口・防府エリア
防府市

防府天満宮 節分祭・牛替神事

生きた牛や、純金、純銀、銅製の牛置物など数千点の豪華景品が当たる抽選を行う開運招福を祈る神事です。新春の福運を占い願う参拝客で終日賑わいます。 この他、例年3日の午後から数回、年男・年女による開運招福豆まきが行われます。

2020年2月2日(日)、3日(月)

企画展・特別展
山口・防府エリア
防府市

毛利博物館 特別展「国宝」

雪舟筆「四季山水図」、「古今和歌集(高野切本)」をはじめとする国宝や重要文化財など、美術・歴史的に高く評価されている毛利家伝来の優品を一堂に展示します。

2019年10月26日(土)~12月8日(日)

企画展・特別展
山口・防府エリア
防府市

毛利博物館企画展「正月飾り」

毛利家伝来の「正月飾り」ほか、正月にちなんで、福を招く吉祥の意匠が描かれた絵画や工芸品など、毛利家伝来のめでたい品々を展示します。

2019年12月14日(土)~ 2020年1月26日(日)

企画展・特別展
山口・防府エリア
防府市

版籍奉還150年記念企画「萩藩とは?」第3弾 山口(萩)藩の終焉

版籍奉還と続く廃藩置県を経て、防長両国は近代国家の下の山口県へと転換します。 藩体制の幕引きにあたり、藩主毛利家はどのように対処したか、伝来の史料からご紹介します。

2019年9月7日(土)~10月20日(日)

イベント・サービス
祭・イベント
山口・防府エリア
防府市

防府天満宮・防府市まちの駅うめてらす 梅まつり

菅原道真公が梅をこよなく愛したことにちなんで境内には16種類約1100本の梅が植えられています。梅の見頃に開催される梅まつりでは稚児舞や甘酒接待、人形感謝祭などの行事が催されます。 その他、梅まつり期間中は全国陶器市を始め、展覧会やお茶会など開催しています。 同期間中、防府市まちの駅うめてらすでは、うめの花をモチーフにしたさげもの「うめもん」の教室等の多数イベントが催されます。

2020年2月中旬~3月上旬

イベント・サービス
祭・イベント
山口・防府エリア
山口市

山口ゆらめき回廊

国宝瑠璃光寺五重塔のライトアップ(毎日)に加えてキャンドルによる灯りの特別演出イベント。 9月の指定日に約1,000個のキャンドルを灯し、幻想的な雰囲気を演出します。 いずれも誰でも参加できるキャンドルへの火付け体験(要予約)もあります。

2019年9月中旬(予定)

イベント・サービス
祭・イベント
山口・防府エリア
防府市

防府天満宮 花神子社参式

花神子社参式は、防府天満宮の秋の大祭である御神幸祭に供奉する大行司・小行司(道真公ご着船時に在庁官人であった藤井・清水両氏の一族)が、祭りの無事斎行を祈願するため、一夜譲りの御酒を花神子と共に奉献する社参式で、花籠や奴行列など約500人の優美な時代行列が防府駅前から天満宮まで粛々と進みます。

2019年10月13日(日)

イベント・サービス
祭・イベント
山口・防府エリア
山口市

山口祇園祭

室町時代、山口で京を模した街づくりを進めた大内弘世公。 山口祇園祭は、1369年(応安2年)に大内弘世公が京都の祇園社(現在の八坂神社)を市内竪小路に勧請し、その後1459年(長録3年)大内教弘の台に水の上に社地を移したときに京都の祇園祭を取り入れた祭礼が始まりとされる伝統的なお祭りです。

2019年7月20日(土)~27日(土)

イベント・サービス
祭・イベント
山口・防府エリア
防府市

周防国分寺 薬師大法要

息災招福・家内安全等を祈願する祭事です。このお祭りは炎を扱うことが特徴です。薪と柴が組み上げられた壇を燃やし、当日の参詣者及び、事前に申し込まれた方の願い札を僧侶が祈願して投げ入れます。御本尊薬師如来の功徳を受けて、御利益がいただけるとされています。 また、燃やした壇の残り火で火渡りが行われます。薬師の炎で体の悪いところが焼き払われると言われており、一般参加も可能です。

2019年11月2日(土)

イベント・サービス
祭・イベント
山口・防府エリア
防府市

防府天満宮御神幸祭(裸坊祭)

裸坊祭は、防府天満宮で千年以上続けられている祭事で、白装束姿の裸坊約5,000人が、「兄弟ワッショイ!」の掛声を上げながら、菅原道真公御着船ゆかりの地、「勝間の浦」(御旅所)までを往復します。 なかでも、地響きをあげながら、重さ500キロある御網代輿が楼門を経て58段ある大石段を滑り降りる様子は圧巻です。

2019年11月23日(土)

イベント・サービス
祭・イベント
山口・防府エリア
防府市

防府天満宮 天神おんな神輿

男の祭り「防府天満宮裸坊祭(御神幸祭)」の翌日は、華麗なおんなの祭り「天神おんな神輿」です。約200人の粋な防府っ娘たちが御神輿2体を担いで「ソイヤーソイヤー」のかけ声のもと市内の中心部を練り歩きます。

2019年11月24日(日)

イベント・サービス
祭・イベント
山口・防府エリア
防府市

防府天満宮 菊花展

防府菊花会主催で防府天満宮境内に丹精込めて育てられた菊が出品されます。

2019年11月上旬

花・紅葉・風景・絶景
紅葉
山口・防府エリア
防府市

東大寺別院阿弥陀寺 紅葉

西のアジサイ寺として知られる東大寺別院阿弥陀寺ですが、毎年11月中旬~下旬にかけては、紅葉が見頃を迎えます。 例年、他の地域よりも寒くなるにもかかわらず、色づきが遅いのが特徴です。 普段は緑豊かな境内が紅く染まり、訪れた方々を華やかな世界に誘い入れます。

11月中旬~下旬

花・紅葉・風景・絶景
山口・防府エリア
防府市

防府天満宮 梅

京の都を去る時、「東風吹かば 匂いをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」という句を詠んだことで有名な菅原道真公が愛した約1100本の梅は(しだれ梅、紅白梅など16種類)、今も防府天満宮で美しく咲きます。

2月上旬~ 3月中旬

花・紅葉・風景・絶景
紅葉
山口・防府エリア
防府市

芳松庵 紅葉

菅原道真公はお茶に関する調査・研究をしていたことで知られています。 風情あるこの茶室では美しい庭や紅葉を鑑賞でき、誰でも気軽にお茶の接待を受けることができます。

11月中旬~下旬

花・紅葉・風景・絶景
紅葉
山口・防府エリア
防府市

毛利氏庭園 紅葉

毛利邸の門前から多くの紅葉が訪れる方々を出迎えます。庭園に入ると、国指定名勝に指定された広大な庭が広がります。 さらにこの時期は庭を紅く染める紅葉が風情溢れる風景を創り出します。

11月中旬~下旬

海が見える「花の園」(新築地緑地公園)

花・紅葉・風景・絶景
山口・防府エリア
防府市

海が見える「花の園」(新築地緑地公園)

早咲きの河津桜が植えられており、例年3月上旬から楽しむことができます。開花時期の早いものから遅いものへと順に並んでおり、だんだんと桜が咲き誇ってくるので見ごたえがあります。

2月中旬から下旬

花・紅葉・風景・絶景
その他の花
山口・防府エリア
山口市

十種ヶ峰 山しゃくやく

険しい山道を登って行くと斜面に白い花が一面に咲いています。疲れた体を癒してくれるほど可憐な花です。一度見たら、また来年も登りたくなる場所です。 (山道は険しい場所もあるので準備をして登ってください。)

4月下旬~5月上旬

花・紅葉・風景・絶景
その他の花
山口・防府エリア
山口市

船平山 ゆうすげ

「船平山」を代表する夏の花「ゆうすげ」は、夕方に開花し翌日の昼には閉じるところから名付けられました 漢字では「夕菅」とも書き、別名をレモンイエローの花の色から黄萓(キスゲ)ともいいます。7月の第3月曜には、船平山山頂で、ディスク・ドッグ・ショーの体験やアルペンホルンの演奏を楽しみながらゆうすげの花が開くのを待つ「ゆうすげ祭り」が開催され、スイスのような雰囲気の船平山で癒しの時間を体感していただきます。

7月下旬~8月上旬

1 / 4 1 2 3 4 最終 »