1. HOME
  2. 萩・長門の検索結果一覧

萩・長門の検索結果一覧

グルメ
萩・長門エリア
萩市

夏みかん製品

萩の特産品である夏みかんは、甘酸っぱい身をそのまま食べても美味しいですが、その風味を生かしてゼリーやジュース、マーマレード、お菓子など、さまざまな製品に加工されています。萩ならではのおみやげとして愛されています。

通年

はぎ御膳イメージ

グルメ
萩・長門エリア
萩市

萩のプレミアム料理「はぎ御膳・はぎ弁当」

地元料理人が各々の感性で自分達が愛する萩を料理で表現。 「直前料理」「鮮度ある仕事」を徹底し、産地だからこそできる鮮度の良い素材を生かし、萩の旬と日本らしい四季の移ろいをお楽しみいただけます。

通年

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

萩夏まつり

1日の「萩・日本海大花火大会」では、美しい色とりどりの花火が夜空を彩ります。まわりに障害物のない海岸線から見る花火は大迫力です。 2日は市民総踊り「ヨイショコショ」パレードやよさこい等が行われ、3日には萩市に古くから伝わる伝統的行事であり県無形民俗文化財に指定されている「お船謡」の披露や、住吉みこし、踊り車が市内を練り歩きます。

2019年8 月1 日(木)~3 日(土)
2020年8 月1 日(土)~3 日(月)

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

萩・夏みかんまつり

会場であるかんきつ公園には、夏みかんをはじめとする柑橘類約380 本が植えられており、5月初旬~中旬頃には夏みかんの花が開花し、花のよい香りに包まれます。 夏みかんまつりでは、夏みかん・夏みかん製品販売や、生搾りジュース体験、郷土芸能の披露や呈茶席など、催しが盛りだくさんです!

2020年5月中旬予定

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

萩・万灯会

萩の夏の風物詩である「萩・万灯会」は、萩藩主毛利家の菩提寺である大照院と東光寺がその舞台となります。 毛利氏の菩提を弔うため、毎年8月13日に【迎え火】として大照院で、8月15日に【送り火】として東光寺で、それぞれ墓所にある500基を超える石灯籠にろうそくの火を灯し、幽玄の世界を作り出します。

2019年 迎え火/8月13日(火)、送り火/8月15日(木)
2020年 迎え火/8月13日(木)、送り火/8月15日(土)

[グルメ]須佐男命いか(萩)

グルメ
萩・長門エリア
萩市

須佐男命いか料理

萩市須佐地域のブランド「須佐男命いか(すさみこといか)」。 透明感のある身は肉厚で弾力性に富み柔らかく、歯ざわりは適度なコリコリ感が残り、噛むほどに独特の甘みが広がります。 獲れたての透明で張りのある活き造りが食べられるのは、男命いかが獲れる産地、須佐ならではです!

6 月~ 11月

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

浜崎伝建おたから博物館

萩市浜崎地区は、海に面し、江戸期から萩藩の経済活動を担った商人の町でした。江戸時代・明治・大正・昭和初期の伝統的建造物が約130棟も残され、伝統的建造物群保存地区に指定されている浜崎で、古い家並みを歩きながら、開放された旧家に展示された代々伝わるお宝をご覧いただけます。 国指定史跡「旧萩藩御船倉」(藩主の御座船を格納した倉)が、この日は特別に扉を開いて公開されるほか、魚市場では浜崎で水揚げされた「しらす」などを使った食堂もこの日だけ開店します。

2020年5月中旬予定

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

萩焼まつり

400年の伝統を誇り、今や国の内外にまでもその芸術性が高く評価され、さらには伝統的工芸品として指定も受け、観光土産品としても幅広い層から好評の萩焼。萩焼まつりでは、毎年約50の萩焼窯元や販売店が出店し、5日間大即売を行います。通常より安く、品揃えも豊富です。 また会場では、毎年大人気のろくろ体験コーナーや特産品の販売、また萩焼の器を使った催しなどもあります。 伝統の萩焼に触れてみませんか?

2020 年5 月1 日(金)~ 5 月5 日(火・祝)予定

体験メニュー
萩・長門エリア
萩市

萩の語り部 歴史講座

萩の豊かな歴史、文化、自然等について「情熱」「志」を持って物語(ストーリー)として語れる『語り部』が、吉田松陰や高杉晋作、藩校明倫館など様々なテーマでわかりやすくお話します。 実施場所はご相談に応じます。

2019年4月~2021年3月

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

むつみ昆虫王国

昆虫採集ができる「昆虫の森」や、自由にかぶと虫と触れ合うことができる「かぶと虫ドーム」、また「クワガタの館」には人気のヘラクレスオオカブトをはじめ海外のオオカブトなど生体を展示。 国内外の各種クワガタ・カブトムシの展示・販売をしており、子供も大人も楽しめる昆虫王国です! 昆虫王国の近くには「むつみひまわりロード」があり、7月下旬~8月上旬にかけて、約22万本のひまわりが開花します。

2019年7月13日(土)~8月23日(金)
2020年7月中旬~8月下旬予定

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

須佐夏まつり

陸で祇園車、海で管弦船が巡行する全国でも珍しい伝統文化を有する祭りです。 28日は「須佐湾大花火大会」が行われます。三方を山々に囲まれた須佐湾内に響く花火の音は迫力満点!全身に響く爆音と圧巻の音楽花火をぜひご体感ください!

2019年
7月25日(木)~26日(金) 祇園祭/ 7月27日(土)~28日(日) 弁天祭
2020年
7月25日(土)~26日(日) 祇園祭/ 7月27日(月)~28日(火) 弁天祭

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

萩・大茶会

「萩・大茶会」では、萩焼とともに古くから親しまれている” 茶の湯文化” に触れることができます。 市内四流派が、緑美しい萩城跡指月公 園など市内文化財施設等でお茶席を設けます。お抹茶の接待や生け花展、琴と尺八の演奏などが行われます。

2020年5月3日(日・祝)、5月4日(月・祝)

企画展・特別展
萩・長門エリア
萩市

危険生物大迷宮

ライオンやコブラなど、地球上には鋭いキバや猛毒を持った生きものが生息し、ここ萩でも毎年のようにクマやスズメバチが目撃されています。これらの危険生物に加え、山口県初公開のハイブリッド生物「レオポン」や猛獣「ウルバリン」などをはじめとする剥製・標本・写真100点以上を大公開! 危険生物たちが待つ迷宮のような展示室を探検する、夏休みのファミリー向け展示です。 (写真は、猛獣「ウンピョウ」の剥製)

2019年6月29日(土)~9月1日(日)

企画展・特別展
萩・長門エリア
萩市

萩の鉄道物語り

萩の鉄道は、世界文化遺産の資産のひとつ萩城下町を迂回して敷設されました。このことは、結果として、萩城下町を大きな改変から守りました。鉄道開通を機に、萩市では観光立市への取り組みも開始されました。市内各地の鉄道に関わる物語を紹介し、関連の行事を開催します。 (写真は、山陰本線を走る列車)

2019年9月14日(土)~10月20日(日)

企画展・特別展
萩・長門エリア
萩市

長州藩校 明倫館―武士たちの学び舎―

2019年は、長州藩の藩校明倫館創建から300年を迎える記念の年です。享保4年(1719)に開校した藩校明倫館は、嘉永2年(1849)の移転・拡充を経て、明治初期まで存続しました。江戸時代を通じて多くの人材を輩出した明倫館。その歴史を、現在に伝えられた資料を通して紹介します。 (写真は、扁額「明倫舘」(享保4年製))

2019年11月9日(土)~2020年1月5日(日)

企画展・特別展
萩・長門エリア
萩市

萩の夏みかん物語りⅡ

萩の夏みかんに関わる様々な物語を紹介する展示の第2弾です。 (写真は、果実問屋の引札(明治期))

2020年1月18日(土)~3月31日(火)

花・紅葉・風景・絶景
その他の花
萩・長門エリア
萩市

萩 夏みかんの花

萩の特産である夏みかんは、毎年5月上旬~中旬頃に甘くさわやかな香りのする白く可憐な花を咲かせます。 夏みかんの花が咲く頃には、萩のまちのあちらこちらにある夏みかんの木からふわっと花の香りが漂い、あたりが良い香りに包まれます。 萩城下町の夏みかんの香りは、「かおり風景100選」に選ばれています。

5月上旬~中旬頃

花・紅葉・風景・絶景
その他の花
萩・長門エリア
萩市

むつみひまわりロード

むつみ地域のシンボル・伏馬山の山すそ一面に広がるひまわり畑。毎年、7月下旬~8月上旬にかけて約3.5haのひまわり畑におよそ22万本のひまわりが咲き乱れます。 毎年7月下旬には「ひまわりロードフェスタ」が開催されます。またこの時期になると、県内外を問わず多くの写真愛好家がカメラを片手に訪れます。 また近くには、カブトムシやクワガタなど昆虫とふれあえる「むつみ昆虫王国」があります。

7月下旬~8月上旬

花・紅葉・風景・絶景
その他の花
萩・長門エリア
萩市

むつみ 菜の花

萩市むつみ地域にある「むつみひまわりロード」周辺では、 春になると約3.5haの広さにおよそ500万本の色鮮やかな菜の花畑が広がります! ゆっくり訪れるむつみの春は「小さな幸せ」でいっぱいです。見頃にあわせて「むつみ菜の花まつり」も開催(予定)されます。

4月上旬~中旬

花・紅葉・風景・絶景
萩・長門エリア
島根県益田市

医光寺 しだれ桜

医光寺の枝垂れ桜はこの地域で最も早く開花することで有名。雪舟が住職として招かれたお寺としても知られる。国の指定を受けている「雪舟庭園」は鶴を形どった池の中に亀島が浮かんで見えます。境内には雪舟を火葬にしたという灰塚やこの地で長く続いた領主「益田宗兼」のお墓のほか、羅漢像など歴史を感じる彫刻も。また、本堂には「願い文」が置いてあり、七夕と大晦日にご供養されます。勇壮豪快な作りの総門は県の文化財に指定されています。

3月下旬~4月上旬

体験メニュー
萩・長門エリア
島根県益田市

中世益田満喫プラン

益田家文書には益田家が毛利家と和睦した際、吉田郡山城内で催された益田氏主催の祝宴で出された料理の献立の記述があります。 これを忠実に再現したものを中世の古刹萬福寺でご堪能いただく「中世益田」満喫プランです。

通年(月曜日を除く原則土・日曜日)

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
島根県益田市

「石見の夜神楽」益田公演

島根県西部石見(いわみ)地方一帯に残 る伝統芸能石見神楽。代表する演目は スサノオの八岐大蛇退治を演ずる「大蛇」。勇壮華麗な舞。豪華絢爛の衣装が特徴。

2019年1月~8月、2020年1月~8月

イベント・サービス
サービス・おもてなし
萩・長門エリア
島根県益田市

特別開帳「二河白道図 国重要文化財)」

益田家第11代当主益田兼見(かねはる)公が現在の地に移築し改称した萬福寺(応安7年(1374)では、善導大師が説かれた二河の比喩を表した仏画「二河白道図」をご要望に併せ特別開帳いたします。また、第二次幕長戦争(四境戦争)石州口の戦い(平成28年に開戦150年を迎えた)では浜田藩の本陣となり、本堂柱には長州軍が打ち込んだ弾痕が今も残ります。

通年(開帳をご希望される場合は要事前連絡)

イベント・サービス
お得チケット
萩・長門エリア
島根県益田市

雪舟小僧さんチケット

益田市内の歴史文化施設が1枚のチケットで入館・入園できます。 下記4施設の合計金額通常1,600円が1,100円になります。 ・島根県立石見美術館(コレクション展のみ) ・医光寺雪舟庭園 ・萬福寺雪舟庭園 ・益田市立雪舟の郷記念館

通年

花・紅葉・風景・絶景
絶景・風景
萩・長門エリア
島根県益田市

雪舟庭園(萬福寺)

文明11年(1479年)、画聖雪舟等楊禅師によって造られた寺院様式の、須弥山世界(仏教の世界観)を象徴した石庭です。 須弥山石を中央にして、右はやや暗く築山であり、枯滝をもち、左は平坦で非常に明るく造られ、明と暗が巧みに使い分けられています。この明るさの焦点にあるのが三尊石です。安定した石の据え方、無駄のない石のくばり、巧みな地割は、さすがに類の少ないものです。面積は1421㎡(430坪)

通年

[グルメ]古文書から再現「中世の食」(益田)

グルメ
萩・長門エリア
島根県益田市

古文書から再現「中世の食」

益田家に伝わる古文書「益田家文書(東京大学史料編纂所所蔵)」の中にある、19 代益田藤兼・20 代元祥父子が毛利元就に振る舞った祝い膳の 献立を忠実に再現したもの。萬福寺の雪舟庭園を楽しみながら中世とい う時代にタイムスリップして頂けます。

通年(月曜日を除く原則土・日曜日)

体験メニュー
萩・長門エリア
長門市

青海島共和国 魚のさばき方体験

地元で獲れた新鮮な魚の刺身・姿づくりを体験。 食材はもちろんその日のうちに獲れた地元の新鮮な魚で、さばいた後は刺身・海鮮バーベキューなどを堪能できます。 初めての方でも気軽に参加できるのが魅力。

通年

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

萩オープンガーデン

萩市内の文化財施設や個人宅など、数十ヶ所の庭園が公開されます。 史跡だけでなく、藩政時代の町家、個人宅、寺社などの美しい名庭園も多い「萩」を発見していただけます! 【2018年度は25庭園を公開】

2019年11月16日(土)~24日(日)

体験メニュー
萩・長門エリア
萩市

世界遺産の中の茶室「花江茶亭」で 抹茶体験

花江茶亭は、旧三の丸にあった毛利敬親の別邸 花江御殿内にあった茶室「自在庵」を、明治22年(1889)頃に萩城跡に移築したもの。幕末の多事多難のおり、この茶室で敬親は支藩主や家臣たちと茶事に託して時勢を論じ、国事を画策したといわれています。 ※通常は「花江茶亭」は公開されていません

通年(要予約)

交通情報
遊覧船
萩・長門エリア
長門市

青海島観光汽船

海岸の美しい眺めの青海島は、周囲40kmで、北長門海岸国定公園の中心部にあり、別名「海上アルプス」とも呼ばれています。 大自然がつくり上げた洞門や石柱などの岩の芸術作品を遊覧船で、たっぷりとご覧いただけます。

定期便(3月1日~11月末日)
季節便(4月1日~9月末日/定期便に追加運航)
冬期便(12月1日~2月末日)

2 / 5 « 先頭 1 2 3 4 5 最終 »