1. HOME
  2. 萩・長門の検索結果一覧

萩・長門の検索結果一覧

グルメ
萩・長門エリア
長門市

仙崎イカの活き造り

長門市の仙崎市場は県内でも1、2を争うケンサキイカの水揚げを誇ります。主な漁法は疑似餌を使ったイカ釣漁で、イカを傷つけず鮮度を保つことができます。コリコリした食感と噛めば噛むほど口の中に広がる甘みをお楽しみください。

6月~ 12月

交通情報
遊覧船
萩・長門エリア
長門市

青海島観光汽船

海岸の美しい眺めの青海島は、周囲40kmで、北長門海岸国定公園の中心部にあり、別名「海上アルプス」とも呼ばれています。 大自然がつくり上げた洞門や石柱などの岩の芸術作品を遊覧船で、たっぷりとご覧いただけます。

定期便(3月1日~11月末日)
季節便(4月1日~9月末日/定期便に追加運航)
冬期便(12月1日~2月末日)

体験メニュー
萩・長門エリア
長門市

シーカヤック体験

山口県長門市の海岸線は、国定公園内に位置し、シーカヤックで漕ぎ出すと、陸路ではアプローチできない鮮やかな海景や荒々しい岩石など、大迫力の自然を堪能する事ができます。5つの無人島を巡るコースや、サンセットツアーもあり、多彩な楽しみ方ができます。

4月~10月

グルメ
萩・長門エリア
長門市

長州黒かしわ料理

長州黒かしわは、天然記念物であ る黒柏鶏を元に、地域の特色を出 し、肉用鶏として経済性・食味の良 さにこだわり誕生した山口県産のオ リジナル地鶏です。脂肪が少ないが うまみがあり、適度な歯応えを残し ながらもジューシーなのが特徴です。

通年

企画展・特別展
萩・長門エリア
萩市

萩の夏みかん物語りⅡ

萩の夏みかんに関わる様々な物語を紹介する展示の第2弾です。 (写真は、果実問屋の引札(明治期))

2020年1月18日(土)~3月31日(火)

[グルメ]古文書から再現「中世の食」(益田)

グルメ
萩・長門エリア
島根県益田市

古文書から再現「中世の食」

益田家に伝わる古文書「益田家文書(東京大学史料編纂所所蔵)」の中にある、19 代益田藤兼・20 代元祥父子が毛利元就に振る舞った祝い膳の 献立を忠実に再現したもの。萬福寺の雪舟庭園を楽しみながら中世とい う時代にタイムスリップして頂けます。

通年(月曜日を除く原則土・日曜日)

花・紅葉・風景・絶景
絶景・風景
萩・長門エリア
萩市

須佐ホルンフェルス

約1400万年前のマグマの熱の影響を受けて誕生した須佐ホルンフェルス。 海底に堆積した砂泥互層からなる須佐層群に、高温の火成岩体(高山はんれい岩)が貫入し、その熱で変成作用を受けてできたものです。 灰白色と黒色の縞模様をなす雄大な様子は、国指定の天然記念物及び名勝である景勝地・須佐湾の内でも最たるもの。(断崖までの遊歩道があります。駐車場から徒歩8分) 須佐ホルンフェルスを含む「萩ジオパーク」が、2018年に日本ジオパークに認定されました。 毎年4月下旬~10月末にかけて「須佐湾遊覧船」が運航。現役漁師が操縦する漁船に乗って、海の上から雄大なホルンフェルスを眺めることができます。

通年

花・紅葉・風景・絶景
萩・長門エリア
萩市

萩 ソメイヨシノ

約600本のソメイヨシノが咲き誇る桜の名所・萩城跡指月公園。桜の開花時期にあわせて夜桜ライトアップが行われます。(18:00~23:00)。 また園内では、日本では萩でしか見ることのできない珍しい桜で山口県指定天然記念物の「ミドリヨシノ」が開花します(1本のみ)。 萩八景遊覧船では、桜の開花時期にあわせて「桜観賞コース」を特別運航。普段よりコースを延長して、橋本川土手の桜並木を船上から眺めます(約45分)。

3月下旬~4月上旬

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

須佐男命いか直売市

萩市須佐地域のブランド「須佐男命いか(すさみこといか)」。弾力性に富み柔らかく、歯ざわりは適度なコリコリ感が残り、噛むほどに独特の甘みが広がります。 毎年7月から9月にかけて、山口県須佐漁港で生産者(漁師)が一般のお客様に直接活きたままのケンサキイカを販売する夏の恒例イベントです。

2019年7月7日(日)~9月29日(日)の毎土・日曜
2020年7月第1日曜~9月最終日曜の毎土・日曜(予定)
9:30~11:30(売切れ次第終了)
※開催のない日もあり

交通情報
バス
萩・長門エリア
萩市

「大板山たたら製鉄遺跡」への乗換バス(大型バス専用)

世界遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産のひとつである『大板山たたら製鉄遺跡』。付近は道幅が狭く、大型バスの通行が困難なため、「道の駅ハピネスふくえ」より乗換えバス(マイクロバス)を運行します。 (大型バスを利用し、大板山たたら製鉄遺跡を観光される団体様専用)

運行中~ 2020年3月31日 (予定)

新規オープン・リニューアル
萩・長門エリア
萩市

いかマルシェ スサノモノミトコ館

地元産の朝どれ生鮮魚介類や野菜など、安心・安全で、ここにしか無い鮮度で並ぶ今日の食卓を彩る台所「いかマルシェ」。 須佐の漁師が一本釣りで釣った鮮魚など須佐漁港直送のお魚の販売をはじめ、須佐のブランド「須佐男命(すさみこと)いか」が活イカで常時販売されます! ※天候・時期によって入荷は変動します また、イカにこだわった加工品や惣菜・魚介干物なども勢ぞろい。 笑顔がこぼれる須佐の逸品・手土産をお買い求めいただけます。全国発送もOK!

通年

花・紅葉・風景・絶景
ほたる
萩・長門エリア
長門市

長門湯本温泉街ほたる観賞

長門湯本温泉は全国で10カ所ある”ホタルの天然記念物指定地”のうちのひとつで「音信川ゲンジボタル発生地」です。湯上り、浴衣に下駄履きで、自然に生息する天然のホタル観賞を「かじか蛙」の美しい声を耳に、音信川のせせらぎや澄んだ空気を肌で感じ、情緒あふれるさまを五感でお楽しみ下さい。

5月下旬~ 6月中旬

交通情報
鉄道
下関・秋吉台・宇部エリア, 萩・長門エリア
下関市, 萩市, 長門市

山陰線観光列車「○○のはなし」

心奪われる美しい海岸線に沿って、萩(は)、長門(な)、下関(し)を結ぶ観光列車。日本と西洋を引き合わせた志士達の歴史や文化、美しい海の幸やお酒など、見て、聞いて、感じてみたい「はなし」に出会えることでしょう。1号車は「和」2号車は「洋」をイメージし、車内には沿線の自慢の品々をお買い求めいただける販売カウンターやイベントスペースも。 また、事前予約制でこだわりのお弁当なども堪能いただけます。ぜひお楽しみください。 ※2019年6月現在の情報です

主に土・日・祝日に運転
(運転日要確認)

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手にぶらり萩あるき ~浜崎伝建地区コース~

萩城下の港町として栄えてきた浜崎。日本海に面することから、物資の流通や販売、水産業などに携わる人々で賑わい、古くから萩の経済を支えてきました。 江戸時代から昭和初期までの昔ながらの町並みを巡ります。また、普段見ることができない国指定史跡「旧萩藩御船倉」内部を特別公開します。

2017年4月~2021年3月の毎日(水曜除く)

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手にぶらり萩あるき ~須佐武家町コース~

萩藩を幕末まで支えた永代家老益田家の本領地であった須佐。碁盤の目状の町割りに、益田館や郷校育英館跡などの史跡が残る武家町です。 石州街道や日本海航路の要衝でもあった須佐の町を巡ります。

2017年4月~2021年3月の毎日

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手にぶらり萩あるき ~萩城 本丸・二の丸コース~

毛利輝元が萩三角州の西端・日本海に突き出た指月山に築いた萩城。藩の政庁や藩主の住まいとなった「本丸」と12棟もの矢倉と中堀をめぐらした「二の丸」の跡をめぐり、天守台や矢倉の石垣に見られる工夫や特徴を解説します。萩焼ギャラリーショップに立ち寄り、お土産選びもできます。

2018年6月~2021年3月 毎週土曜・日曜・祝日(予定)
※その他応相談

グルメ
萩・長門エリア
萩市

夏みかん製品

萩の特産品である夏みかんは、甘酸っぱい身をそのまま食べても美味しいですが、その風味を生かしてゼリーやジュース、マーマレード、お菓子など、さまざまな製品に加工されています。萩ならではのおみやげとして愛されています。

通年

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

萩夏まつり

1日の「萩・日本海大花火大会」では、美しい色とりどりの花火が夜空を彩ります。まわりに障害物のない海岸線から見る花火は大迫力です。 2日は市民総踊り「ヨイショコショ」パレードやよさこい等が行われ、3日には萩市に古くから伝わる伝統的行事であり県無形民俗文化財に指定されている「お船謡」の披露や、住吉みこし、踊り車が市内を練り歩きます。

2019年8 月1 日(木)~3 日(土)
2020年8 月1 日(土)~3 日(月)

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

萩・夏みかんまつり

会場であるかんきつ公園には、夏みかんをはじめとする柑橘類約380 本が植えられており、5月初旬~中旬頃には夏みかんの花が開花し、花のよい香りに包まれます。 夏みかんまつりでは、夏みかん・夏みかん製品販売や、生搾りジュース体験、郷土芸能の披露や呈茶席など、催しが盛りだくさんです!

2020年5月中旬予定

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

萩・万灯会

萩の夏の風物詩である「萩・万灯会」は、萩藩主毛利家の菩提寺である大照院と東光寺がその舞台となります。 毛利氏の菩提を弔うため、毎年8月13日に【迎え火】として大照院で、8月15日に【送り火】として東光寺で、それぞれ墓所にある500基を超える石灯籠にろうそくの火を灯し、幽玄の世界を作り出します。

2019年 迎え火/8月13日(火)、送り火/8月15日(木)
2020年 迎え火/8月13日(木)、送り火/8月15日(土)

[グルメ]須佐男命いか(萩)

グルメ
萩・長門エリア
萩市

須佐男命いか料理

萩市須佐地域のブランド「須佐男命いか(すさみこといか)」。 透明感のある身は肉厚で弾力性に富み柔らかく、歯ざわりは適度なコリコリ感が残り、噛むほどに独特の甘みが広がります。 獲れたての透明で張りのある活き造りが食べられるのは、男命いかが獲れる産地、須佐ならではです!

6 月~ 11月

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

浜崎伝建おたから博物館

萩市浜崎地区は、海に面し、江戸期から萩藩の経済活動を担った商人の町でした。江戸時代・明治・大正・昭和初期の伝統的建造物が約130棟も残され、伝統的建造物群保存地区に指定されている浜崎で、古い家並みを歩きながら、開放された旧家に展示された代々伝わるお宝をご覧いただけます。 国指定史跡「旧萩藩御船倉」(藩主の御座船を格納した倉)が、この日は特別に扉を開いて公開されるほか、魚市場では浜崎で水揚げされた「しらす」などを使った食堂もこの日だけ開店します。

2020年5月中旬予定

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

萩焼まつり

400年の伝統を誇り、今や国の内外にまでもその芸術性が高く評価され、さらには伝統的工芸品として指定も受け、観光土産品としても幅広い層から好評の萩焼。萩焼まつりでは、毎年約50の萩焼窯元や販売店が出店し、5日間大即売を行います。通常より安く、品揃えも豊富です。 また会場では、毎年大人気のろくろ体験コーナーや特産品の販売、また萩焼の器を使った催しなどもあります。 伝統の萩焼に触れてみませんか?

2020 年5 月1 日(金)~ 5 月5 日(火・祝)予定

体験メニュー
萩・長門エリア
萩市

萩の語り部 歴史講座

萩の豊かな歴史、文化、自然等について「情熱」「志」を持って物語(ストーリー)として語れる『語り部』が、吉田松陰や高杉晋作、藩校明倫館など様々なテーマでわかりやすくお話します。 実施場所はご相談に応じます。

2019年4月~2021年3月

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

むつみ昆虫王国

昆虫採集ができる「昆虫の森」や、自由にかぶと虫と触れ合うことができる「かぶと虫ドーム」、また「クワガタの館」には人気のヘラクレスオオカブトをはじめ海外のオオカブトなど生体を展示。 国内外の各種クワガタ・カブトムシの展示・販売をしており、子供も大人も楽しめる昆虫王国です! 昆虫王国の近くには「むつみひまわりロード」があり、7月下旬~8月上旬にかけて、約22万本のひまわりが開花します。

2019年7月13日(土)~8月23日(金)
2020年7月中旬~8月下旬予定

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

須佐夏まつり

陸で祇園車、海で管弦船が巡行する全国でも珍しい伝統文化を有する祭りです。 28日は「須佐湾大花火大会」が行われます。三方を山々に囲まれた須佐湾内に響く花火の音は迫力満点!全身に響く爆音と圧巻の音楽花火をぜひご体感ください!

2019年
7月25日(木)~26日(金) 祇園祭/ 7月27日(土)~28日(日) 弁天祭
2020年
7月25日(土)~26日(日) 祇園祭/ 7月27日(月)~28日(火) 弁天祭

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

萩・大茶会

「萩・大茶会」では、萩焼とともに古くから親しまれている” 茶の湯文化” に触れることができます。 市内四流派が、緑美しい萩城跡指月公 園など市内文化財施設等でお茶席を設けます。お抹茶の接待や生け花展、琴と尺八の演奏などが行われます。

2020年5月3日(日・祝)、5月4日(月・祝)

企画展・特別展
萩・長門エリア
萩市

長州藩校 明倫館―武士たちの学び舎―

2019年は、長州藩の藩校明倫館創建から300年を迎える記念の年です。享保4年(1719)に開校した藩校明倫館は、嘉永2年(1849)の移転・拡充を経て、明治初期まで存続しました。江戸時代を通じて多くの人材を輩出した明倫館。その歴史を、現在に伝えられた資料を通して紹介します。 (写真は、扁額「明倫舘」(享保4年製))

2019年11月9日(土)~2020年1月5日(日)

花・紅葉・風景・絶景
その他の花
萩・長門エリア
萩市

萩 夏みかんの花

萩の特産である夏みかんは、毎年5月上旬~中旬頃に甘くさわやかな香りのする白く可憐な花を咲かせます。 夏みかんの花が咲く頃には、萩のまちのあちらこちらにある夏みかんの木からふわっと花の香りが漂い、あたりが良い香りに包まれます。 萩城下町の夏みかんの香りは、「かおり風景100選」に選ばれています。

5月上旬~中旬頃

花・紅葉・風景・絶景
その他の花
萩・長門エリア
萩市

むつみひまわりロード

むつみ地域のシンボル・伏馬山の山すそ一面に広がるひまわり畑。毎年、7月下旬~8月上旬にかけて約3.5haのひまわり畑におよそ22万本のひまわりが咲き乱れます。 毎年7月下旬には「ひまわりロードフェスタ」が開催されます。またこの時期になると、県内外を問わず多くの写真愛好家がカメラを片手に訪れます。 また近くには、カブトムシやクワガタなど昆虫とふれあえる「むつみ昆虫王国」があります。

7月下旬~8月上旬

3 / 5 « 先頭 1 2 3 4 5 最終 »