1. HOME
  2. 萩・長門の検索結果一覧

萩・長門の検索結果一覧

グルメ
萩・長門エリア
萩市

萩の真ふぐ料理

萩の真ふぐはすべて天然物。 身の色は淡く飴色がかり、その味はトラフグにも匹敵するといわれています。 ふぐ特有の噛締めや旨みを味わうふぐ刺しをはじめ、ちり鍋、唐揚げ、タタキなどで美味しくお召し上がりいただけます。

2月~ 4月

グルメ
萩・長門エリア
萩市

萩のあまだい料理

艶のある薄紅色が美しい日本海の逸品 萩のあまだい。 萩は好漁場が近く、鮮度を保ったまま手に入るので、産地ならではの新鮮なお刺身で深い旨みを堪能できます。 ホクホクした食感の煮付けや、焼き魚、唐揚げなど、さまざまなメニューをご堪能ください。

通年

グルメ
萩・長門エリア
萩市

夏みかん製品

萩の特産品である夏みかんは、甘酸っぱい身をそのまま食べても美味しいですが、その風味を生かしてゼリーやジュース、マーマレード、お菓子など、さまざまな製品に加工されています。萩ならではのおみやげとして愛されています。

通年

グルメ
萩・長門エリア
萩市

萩のしろうお料理

しろうおは、萩の早春の風物詩。毎年2月中旬~4月上旬にかけて「しろうお漁」が行われます。 酢醤油(すいち)につけて活きたまま食べる「おどり食い」は、ピチピチと動くのど越しを楽しむ独特な食べ方。口中でおどる舌触りと食感は格別です! 毎年3月上旬には「萩・しろ魚まつり」を開催します。

2月下旬~ 3月下旬

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

萩往還ワンデーウオーク

日本海に面した城下町・萩から、瀬戸内海に面する防府・三田尻までを結ぶ『萩往還』。 かつて参勤交代の御成道として整備され、吉田松陰先生など維新の志士なども往来した歴史の道を歩きます。 ウオーキングコースは、佐々並コース(20.3km)と、明木コース(10.8km)の2つ。

2019年3月23日(土)
2020年3月下旬予定

交通情報
バス
萩・長門エリア
萩市

「大板山たたら製鉄遺跡」への乗換バス(大型バス専用)

大板山たたら製鉄遺跡付近は、道幅が狭く大型バスの通行が困難なため、大型バスを利用して 大板山たたら製鉄遺跡を観光される団体様専用の乗換バス(マイクロバス)を運行します。 【 区間/道の駅ハピネスふくえ~大板山たたら製鉄遺跡 】

運行中~ 2020年3月31日 (予定)

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

萩・田町萩焼まつり

萩市・萩近郊の萩焼窯元、萩焼卸・小売商の出展による即売会。 温かみのある色彩の萩焼がずらりと並び、いろいろな萩焼を実際に手にとってみて、お店の方と話しながら気軽にお買い物を楽しめます。 萩焼即売の他、萩の名産・物産展や、酒造見学や呈茶席なども催されます。

2019年10月11日(金)~14日(月・祝) 予定

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

萩時代まつり

萩市古来の奉納行列「萩大名行列」が市内を練り歩く、秋の一大イベント。 総勢200名を超える行列が城下町を中心に市内を練り歩きます。午後からは、毛利歴代藩主や高杉晋作率いる奇兵隊、萩大名行列などによる「萩時代パレード」が行われ、江戸時代の歴史絵巻を繰り広げます。

2019年11月中旬予定

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

萩イルミネフェスタ

大正14年に建設された貴重な洋館駅で登録文化財に指定されている「萩駅舎」周辺でイルミネーションの点灯が行われ、幻想的な姿をつくり出します。 萩城跡等のライトアップとあわせ、夜の観光スポットとして萩の夜を彩ります。

2018年11月24日(土)~2019年1月4日(金)
2019年11月下旬~2020年1月上旬 予定
17:30~23:00

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

萩・竹灯路物語

萩城城下町周辺に約4,000本の竹灯籠が並びます。竹の中で揺れるろうそくの灯りで江戸情緒あふれる歴史の町並みがぼんやり照らし出され、趣たっぷりの夜が楽しめます。

2019年10月上旬予定

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

萩オープンガーデン

萩市内の文化財施設や個人宅など、数十ヶ所の庭園が公開されます。 史跡だけでなく、藩政時代の町家、個人宅、寺社などの美しい名庭園も多い「萩」を発見していただけます! 【2018年度は25庭園を公開】

2019年11月23日(土)~12月1日(日)予定

はぎ御膳イメージ

グルメ
萩・長門エリア
萩市

萩のプレミアム料理「はぎ御膳・はぎ弁当」

地元料理人が各々の感性で自分達が愛する萩を料理で表現。「直前料理」「鮮度ある仕事」を徹底し、産地だからこそできる鮮度の良い素材を生かし、萩の旬と日本らしい四季の移ろいをお楽しみいただけます。

通年

体験メニュー
萩・長門エリア
萩市

世界遺産の中の茶室「花江茶亭」で 抹茶体験

花江茶亭は、旧三の丸にあった毛利敬親の別邸 花江御殿内にあった茶室「自在庵」を、明治22年(1889)頃に萩城跡に移築したもの。幕末の多事多難のおり、この茶室で敬親は支藩主や家臣たちと茶事に託して時勢を論じ、国事を画策したといわれています。

通年(要予約)

花・紅葉・風景・絶景
萩・長門エリア
萩市

親水公園 河津桜

2月下旬頃から咲き始める早咲きの桜で、ソメイヨシノよりも濃いピンク色が特徴です。 親水公園には、約120本の河津桜が植えられており、目線の高さでお花を楽しむことができます。

2 月下旬~3 月上旬

花・紅葉・風景・絶景
紅葉
萩・長門エリア
萩市

東光寺 紅葉

大照院とならぶ毛利家の菩提寺である東光寺は、総門、三門、鐘楼、大雄宝殿が国の重要文化財に指定されており、名刹の面影を残しています。 参道や大雄宝殿周辺、墓所にて美しい紅葉が見られます。

11月中旬~下旬頃

企画展・特別展
萩・長門エリア
萩市

萩・明倫学舎

萩藩の教育や人材育成の中枢を担った「藩校明倫 館」。その跡地に建築され、国の登録有形文化財 (本館棟)に登録された木造学校建築としては日本最大級の旧明倫小学校の校舎を改修整備。 本館には、観光インフォメーションセンターをはじめ、旧萩藩校明倫館展示室、豊富な萩の幸を使ったレストランや萩ならではのお土産を取り揃えたショップ、2号館には、世界遺産「明治日本の産業革命遺産」を紹介する「世界遺産ビジターセンター」と幕末の歴史をひもとく貴重な資料を一堂に紹介する「幕末ミュージアム」があります。

通年

花・紅葉・風景・絶景
椿
萩・長門エリア
萩市

笠山椿群生林 ヤブツバキ

笠山の北端(虎ヶ崎)10haの広さに、約60種 25,000本のヤブツバキが自生しています。 開花期間は12月上旬~4月上旬までと長く、例年見ごろを迎える2月中旬~3月下旬頃「萩・椿まつり」が開催されます。 群生林内は遊歩道が整備され、地上約13mの展望台からは、椿群生林や日本海が一望できます。

12月上旬~4月上旬
見頃は 2月中旬~3月下旬頃

花・紅葉・風景・絶景
紅葉
萩・長門エリア
萩市

大照院 紅葉

毛利家の菩提寺である大照院では、書院そばや墓所の紅葉を楽しめます。 国指定史跡である墓所には、毛利氏の家臣が寄進した石灯籠が600数基あり、整然と並ぶ苔むした石灯籠に赤や黄色に色づいた木が際立って、美しい紅葉を見ることができます。

11月中旬~下旬頃

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手に萩を歩こう ~萩城 本丸・二の丸コース~

毛利輝元が萩三角州の西端・日本海に突き出た指月山に築いた萩城。藩の政庁や藩主の住まいとなった「本丸」と12棟もの矢倉と中堀をめぐらした「二の丸」の跡をめぐり、天守台や矢倉の石垣に見られる工夫や特徴を解説します。萩焼ギャラリーショップに立ち寄り、お土産選びもできます。

2018年6月~2020年3月 毎週土曜・日曜・祝日(予定)

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手に萩を歩こう ~御成道・札場コース~

江戸時代、お殿様が参勤交代のために通った御成道。その道沿いにできた商店街には、江戸時代や明治・大正時代から続く建物を見ることができます。萩野菜のお店や駄菓子屋、創業130年の蔵元、蒲鉾屋などに立ち寄り、歴史を感じながら、食べ歩きも楽しめる大満足の2時間です。

2018年6月~2020年3月 毎週土曜・日曜・祝日(予定)

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手に萩を歩こう  ~豪商熊谷家コース~

江戸時代の萩を体感できる町並みを散策する途中で、萩藩御用達として栄えた豪商・熊谷家のお屋敷に立ち寄り、熊谷家に代々伝わる宝物を展示した熊谷美術館を見学。地元ガイドによる解説を聞きながら、萩城の外堀なども見られます。江戸時代に思いを馳せながらノスタルジックな萩を楽しむ2時間です。

2018年6月~2020年3月 毎週土曜・日曜・祝日(予定)

体験メニュー
萩・長門エリア
萩市

萩の語り部 歴史講座

萩の豊かな歴史、文化、自然等について「情熱」「志」を持って物語(ストーリー)として語れる『語り部』が、吉田松陰や高杉晋作、藩校明倫館など様々なテーマでわかりやすくお話します。 実施場所はご相談に応じます。

2018年4月~2020年3月

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手に萩を歩こう~浜崎伝建地区~

萩城下の港町として栄えてきた浜崎。日本海に面することから、物資の流通や販売、水産業などに携わる人々で賑わい、古くから萩の経済を支えてきました。 江戸時代から昭和初期までの昔ながらの町並みを巡ります。

2017年4月~2020年3月の毎日(水曜除く)

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手に萩を歩こう~萩城城下町~

萩城城下町は、江戸屋横町・伊勢屋横町・菊屋横町など、江戸時代の町割りと武士や豪商の屋敷がよく保存され、国の史跡に指定されています。平成27年には「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産に登録されました。 往時の面影をとどめる高杉晋作や木戸孝允ゆかりの地などがある町並みを巡ります。

2017年4月~2020年3月の毎日(予定)

ガイドウォーク・コース
ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

ガイドと巡る歴史ウォーク 維新胎動の地・旧松本村を歩く

地元ガイドと「維新胎動の地・萩」旧松本村を散策し、世界遺産の松下村塾をはじめ、松陰神社、伊藤博文旧宅、玉木文之進旧宅(松下村塾発祥の地)などを巡り、明治維新の原動力となった萩の歴史を感じることができるガイドツアーです。

2017年9月~ 2020年3月の開催日

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手に萩を歩こう~須佐武家町~

萩藩を幕末まで支えた永代家老益田家の本領地であった須佐。碁盤の目状の町割りに、益田館や郷校育英館跡などの史跡が残る武家町です。 石州街道や日本海航路の要衝でもあった須佐の町を巡ります。

2017年4月~2020年3月の毎日

体験メニュー
萩・長門エリア
萩市

萩ガラス体験

市内で「萩ガラス」を唯一制作している工房。原材料は笠山に産出する石英玄武岩(安山岩)を使用し、原石から一貫生産しています。淡い緑色の「玄武岩ガラス」、3層構造で内側にヒビを封じ込めた「内ヒビ貫入ガラス」など、制作体験もできますので、自分だけのガラスを作ってみませんか?

通年

体験メニュー
萩・長門エリア
萩市

萩市内窯元 萩焼体験

約400年の伝統を誇る萩焼。 登り窯や作業工程の見学、制作体験ができる窯元もあるので、実際に絵付けやろくろ体験をしながら萩焼のあたたかさに触れ、オリジナルの作品をつくってみませんか?

通年

[グルメ]古文書から再現「中世の食」(益田)

グルメ
萩・長門エリア
島根県益田市

古文書から再現「中世の食」

益田家に伝わる古文書「益田家文書(東京大学史料編纂所所蔵)」の中にある、19 代益田藤兼・20 代元祥父子が毛利元就に振る舞った祝い膳の 献立を忠実に再現したもの。萬福寺の雪舟庭園を楽しみながら中世とい う時代にタイムスリップして頂けます。

通年

花・紅葉・風景・絶景
すいせん
萩・長門エリア
島根県益田市

唐音水仙公園 約200万球の日本水仙

益田市花である日本水仙が、毎年12月から2月にかけて咲き誇る癒しの空間。 海岸に面した台地を、200万球を超える水仙の絨毯が埋め尽くし、可憐な花と日本海の海の青さによる壮大な景色が観光客の心を癒します。

12月~ 2月

2 / 4 « 先頭 1 2 3 4 最終 »