1. HOME
  2. 萩・長門の検索結果一覧

萩・長門の検索結果一覧

花・紅葉・風景・絶景
萩・長門エリア
萩市

親水公園 河津桜

2月下旬頃から咲き始める早咲きの桜で、ソメイヨシノよりも濃いピンク色が特徴です。 親水公園には、約120本の河津桜が植えられており、目線の高さでお花を楽しむことができます。

2 月下旬~3 月上旬

花・紅葉・風景・絶景
萩・長門エリア
萩市

萩往還梅林園 梅

歴史の道 萩往還そばにある「萩往還梅林園」では、例年1月下旬~3月中旬頃にかけて、色とりどりの梅が咲き誇ります。 紅梅系(緋梅)で最も早く開花する八重咲きの「蓮久」が1月下旬から咲き始め、一重の「豊後」、八重の「白難波」、枝垂れ梅の「玉垣枝垂れ」など、3月中旬頃まで楽しめます。 梅の開花時期にあわせて「萩往還梅林園まつり」が開催されます。

1月下旬~3月中旬頃

花・紅葉・風景・絶景
紅葉
萩・長門エリア
萩市

東光寺 紅葉

大照院とならぶ毛利家の菩提寺である東光寺は、総門、三門、鐘楼、大雄宝殿が国の重要文化財に指定されており、名刹の面影を残しています。 参道や大雄宝殿周辺、墓所にて美しい紅葉が見られます。

11月中旬~下旬頃

企画展・特別展
萩・長門エリア
萩市

萩・明倫学舎

萩藩の教育や人材育成の中枢を担った「藩校明倫 館」。その跡地に建築され、国の登録有形文化財 (本館棟)に登録された木造学校建築としては日本最大級の旧明倫小学校の校舎を改修整備。 本館には、観光インフォメーションセンターをはじめ、旧萩藩校明倫館展示室、豊富な萩の幸を使ったレストランや萩ならではのお土産を取り揃えたショップ、2号館には、世界遺産「明治日本の産業革命遺産」を紹介する「世界遺産ビジターセンター」と幕末の歴史をひもとく貴重な資料を一堂に紹介する「幕末ミュージアム」があります。

通年

花・紅葉・風景・絶景
紅葉
萩・長門エリア
萩市

長門峡 紅葉

長門峡は、国指定名勝の景勝地で、美しい渓谷が印象的です。 11月上旬から中旬にかけて、色あざやかな紅葉がみられます。 萩市川上から阿東へ続く約5kmの遊歩道があり、渓谷と紅葉を楽しみながら散策できます。 11月上旬には「長門峡もみじまつり」が開催されます。

11月上旬~下旬頃

花・紅葉・風景・絶景
椿
萩・長門エリア
萩市

笠山椿群生林 ヤブツバキ

笠山の北端(虎ヶ崎)10haの広さに、約60種 25,000本のヤブツバキが自生しています。 開花期間は12月上旬~4月上旬までと長く、例年見ごろを迎える2月中旬~3月下旬頃「萩・椿まつり」が開催されます。 群生林内は遊歩道が整備され、地上約13mの展望台からは、椿群生林や日本海が一望できます。

12月上旬~4月上旬
見頃は 2月中旬~3月下旬頃

花・紅葉・風景・絶景
紅葉
萩・長門エリア
萩市

大照院 紅葉

毛利家の菩提寺である大照院では、書院そばや墓所の紅葉を楽しめます。 国指定史跡である墓所には、毛利氏の家臣が寄進した石灯籠が600数基あり、整然と並ぶ苔むした石灯籠に赤や黄色に色づいた木が際立って、美しい紅葉を見ることができます。

11月中旬~下旬頃

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手に萩を歩こう ~萩城 本丸・二の丸コース~

毛利輝元が萩三角州の西端・日本海に突き出た指月山に築いた萩城。藩の政庁や藩主の住まいとなった「本丸」と12棟もの矢倉と中堀をめぐらした「二の丸」の跡をめぐり、天守台や矢倉の石垣に見られる工夫や特徴を解説します。萩焼ギャラリーショップに立ち寄り、お土産選びもできます。

2018年6月~2020年3月 毎週土曜・日曜・祝日(予定)

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手に萩を歩こう ~御成道・札場コース~

江戸時代、お殿様が参勤交代のために通った御成道。その道沿いにできた商店街には、江戸時代や明治・大正時代から続く建物を見ることができます。萩野菜のお店や駄菓子屋、創業130年の蔵元、蒲鉾屋などに立ち寄り、歴史を感じながら、食べ歩きも楽しめる大満足の2時間です。

2018年6月~2020年3月 毎週土曜・日曜・祝日(予定)

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手に萩を歩こう  ~豪商熊谷家コース~

江戸時代の萩を体感できる町並みを散策する途中で、萩藩御用達として栄えた豪商・熊谷家のお屋敷に立ち寄り、熊谷家に代々伝わる宝物を展示した熊谷美術館を見学。地元ガイドによる解説を聞きながら、萩城の外堀なども見られます。江戸時代に思いを馳せながらノスタルジックな萩を楽しむ2時間です。

2018年6月~2020年3月 毎週土曜・日曜・祝日(予定)

体験メニュー
萩・長門エリア
萩市

萩の語り部 歴史講座

萩の豊かな歴史、文化、自然等について「情熱」「志」を持って物語(ストーリー)として語れる『語り部』が、吉田松陰や高杉晋作、藩校明倫館など様々なテーマでわかりやすくお話します。 実施場所はご相談に応じます。

2018年4月~2020年3月

体験メニュー
萩・長門エリア
萩市

松陰神社宮司による松陰講話

松陰神社本殿で御由緒や参拝の方法などの説明を受けた後、代表者が玉串を奉奠(ほうてん)する正式の参拝を行います。 そして、参拝後は、藩から自宅謹慎を命じられた松陰が過ごしていた吉田松陰幽囚ノ旧宅を見学。 そして、普段は上がることのできない世界遺産・松下村塾に上がり、宮司の特別講話を聴きます。

2018年1月~12月、2019年1月~12月
旅行会社の希望日を受け検討

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手に萩を歩こう~浜崎伝建地区~

萩城下の港町として栄えてきた浜崎。日本海に面することから、物資の流通や販売、水産業などに携わる人々で賑わい、古くから萩の経済を支えてきました。 江戸時代から昭和初期までの昔ながらの町並みを巡ります。

2017年4月~2020年3月の毎日(水曜除く)

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手に萩を歩こう~萩城城下町~

萩城城下町は、江戸屋横町・伊勢屋横町・菊屋横町など、江戸時代の町割りと武士や豪商の屋敷がよく保存され、国の史跡に指定されています。平成27年には「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産に登録されました。 往時の面影をとどめる高杉晋作や木戸孝允ゆかりの地などがある町並みを巡ります。

2017年4月~2020年3月の毎日(予定)

ガイドウォーク・コース
ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

ガイドと巡る歴史ウォーク 維新胎動の地・旧松本村を歩く

地元ガイドと「維新胎動の地・萩」旧松本村を散策し、世界遺産の松下村塾をはじめ、松陰神社、伊藤博文旧宅、玉木文之進旧宅(松下村塾発祥の地)などを巡り、明治維新の原動力となった萩の歴史を感じることができるガイドツアーです。

2017年9月~ 2020年3月の開催日

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手に萩を歩こう ~萩城 本丸・二の丸・三の丸コース~

毛利輝元が築城した萩城は、指月山頂の要害、藩の政庁と藩主の住まいがあった本丸・二の丸、そして重臣たちの屋敷がある三の丸で構成されていました。古地図を片手に、藩主が通った御成道を通って、天守閣跡が残る本丸へ。江戸時代の屋敷の広大さを伝える「土塀と夏みかん」の町並みが残った理由と、天守台や矢倉の石垣に見られる工夫や特徴を解説します。 ※ただし、要害である指月山頂には登りません。

2018年6月~2020年3月 毎週土曜・日曜・祝日(予定)

ガイドウォーク・コース
古地図ガイドウォーク
萩・長門エリア
萩市

古地図を片手に萩を歩こう~須佐武家町~

萩藩を幕末まで支えた永代家老益田家の本領地であった須佐。碁盤の目状の町割りに、益田館や郷校育英館跡などの史跡が残る武家町です。 石州街道や日本海航路の要衝でもあった須佐の町を巡ります。

2017年4月~2020年3月の毎日

体験メニュー
萩・長門エリア
萩市

萩ガラス体験

市内で「萩ガラス」を唯一制作している工房。原材料は笠山に産出する石英玄武岩(安山岩)を使用し、原石から一貫生産しています。淡い緑色の「玄武岩ガラス」、3層構造で内側にヒビを封じ込めた「内ヒビ貫入ガラス」など、制作体験もできますので、自分だけのガラスを作ってみませんか?

通年

体験メニュー
萩・長門エリア
萩市

萩市内窯元 萩焼体験

約400年の伝統を誇る萩焼。 登り窯や作業工程の見学、制作体験ができる窯元もあるので、実際に絵付けやろくろ体験をしながら萩焼のあたたかさに触れ、オリジナルの作品をつくってみませんか?

通年

[グルメ]古文書から再現「中世の食」(益田)

グルメ
萩・長門エリア
島根県益田市

古文書から再現「中世の食」

益田家に伝わる古文書「益田家文書(東京大学史料編纂所所蔵)」の中にある、19 代益田藤兼・20 代元祥父子が毛利元就に振る舞った祝い膳の 献立を忠実に再現したもの。萬福寺の雪舟庭園を楽しみながら中世とい う時代にタイムスリップして頂けます。

通年

花・紅葉・風景・絶景
すいせん
萩・長門エリア
島根県益田市

唐音水仙公園 約200万球の日本水仙

益田市花である日本水仙が、毎年12月から2月にかけて咲き誇る癒しの空間。 海岸に面した台地を、200万球を超える水仙の絨毯が埋め尽くし、可憐な花と日本海の海の青さによる壮大な景色が観光客の心を癒します。

12月~ 2月

交通情報
バス
萩・長門エリア
長門市

カランころんパス2day・4day・4day+青海島

湯本温泉・俵山温泉のお宿にご宿泊のお客様は、青海島や通へも、観光地のバス停までへの行き来がお安くご利用できます。

通年

花・紅葉・風景・絶景
その他の花
萩・長門エリア
萩市

むつみ 菜の花

萩市むつみ地域にある「むつみひまわりロード」周辺では、 春になると約3.5haの広さに色鮮やかな菜の花畑が広がります! ゆっくり訪れるむつみの春は「小さな幸せ」でいっぱいです。見頃にあわせて「むつみ菜の花まつり」も開催(予定)されます。

4月上旬~中旬

花・紅葉・風景・絶景
萩・長門エリア
長門市

大寧寺 桜

応永17年(1410年)、大内氏の氏族鷲頭弘忠創建と伝わる曹洞宗屈指の名刹です。 境内にはソメイヨシノ・ヤエザクラ・シダレザクラなど約120本の桜が咲き誇ります。

3月下旬~4月上旬

花・紅葉・風景・絶景
あじさい
萩・長門エリア
長門市

向徳寺 紫陽花

本尊は釈迦如来、もともと向津庵と呼ばれていましたが、明治3年に海徳寺と合併して向徳庵と称し、昭和になって向徳寺と改称しました。 また、別名紫陽花(あじさい)寺とも呼ばれるほど紫陽花の名所でもあります。坂道を上がって本堂に向かって行き、ふと振り返ると海と紫陽花を同時に楽しむことができます。

6月中旬頃~下旬

花・紅葉・風景・絶景
つつじ
萩・長門エリア
長門市

菅無田公園 つつじ

菅無田公園内の「いろどりの丘」には赤、白、ピンク、色とりどりのキリシマツツジ18,000本が植えられており、例年4月下旬から5月初め頃までツツジ観賞を楽しめます。 背景に日置風力発電所のプロペラが重なるように見えるのも、菅無田公園の特徴の一つです。

4月下旬~5月初旬

花・紅葉・風景・絶景
ほたる
萩・長門エリア
長門市

大畑 ホタル観賞

大畑地域を流れる大地川に生息するゲンジボタルが乱舞する光景を鑑賞することができます。大地川は地域の方々の努力によって、非常に綺麗な水を保っているので、多くのホタルが生息しています。6月にはホタル祭りが開催され、メイン会場となる渋木駅は好アクセスもあり、多くの方で賑わいます。

5月中旬~6月中旬

花・紅葉・風景・絶景
ほたる
萩・長門エリア
長門市

湯本温泉街ほたる観賞

湯本温泉は全国で10カ所ある”ホタルの天然記念物指定地”のうちのひとつで「音信川ゲンジボタル発生地」です。湯上り、浴衣に下駄履きで、自然に生息する天然のホタル観賞を「かじか蛙」の美しい声を耳に、音信川のせせらぎや澄んだ空気を肌で感じ、情緒あふれるさまを五感でお楽しみ下さい。

5月下旬~ 6月中旬

グルメ
萩・長門エリア
長門市

長州黒かしわ料理

長州黒かしわは、天然記念物であ る黒柏鶏を元に、地域の特色を出 し、肉用鶏として経済性・食味の良 さにこだわり誕生した山口県産のオ リジナル地鶏です。脂肪が少ないが うまみがあり、適度な歯応えを残し ながらもジューシーなのが特徴です。

通年

花・紅葉・風景・絶景
ほたる
萩・長門エリア
長門市

三隅・樅の木橋周辺 ホタル観賞

三隅上地区の樅の木橋周辺では、多くのホタルが飛ぶ様子を鑑賞することができます。6月上旬には三隅上地区ホタル祭りが開催され、バザーの出店など多くの人で賑わいます。日没後には、鑑賞会場までの夜道の脇に置かれた「竹灯篭」が、幻想的な雰囲気を一層引き立ててくれます。

5月中旬~6月中旬

2 / 5 « 先頭 1 2 3 4 5 最終 »