1. HOME
  2. 萩・長門の検索結果一覧

萩・長門の検索結果一覧

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

須佐夏まつり

陸で祇園車、海で管弦船が巡行する全国でも珍しい伝統文化を有する祭りです。 28日は「須佐湾大花火大会」が行われます。三方を山々に囲まれた須佐湾内に響く花火の音は迫力満点!全身に響く爆音と圧巻の音楽花火をぜひご体感ください!

2019年
7月25日(木)~26日(金) 祇園祭/ 7月27日(土)~28日(日) 弁天祭
2020年
7月25日(土)~26日(日) 祇園祭/ 7月27日(月)~28日(火) 弁天祭

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

萩・大茶会

「萩・大茶会」では、萩焼とともに古くから親しまれている” 茶の湯文化” に触れることができます。 市内四流派が、緑美しい萩城跡指月公 園など市内文化財施設等でお茶席を設けます。お抹茶の接待や生け花展、琴と尺八の演奏などが行われます。

2020年5月3日(日・祝)、5月4日(月・祝)

企画展・特別展
萩・長門エリア
萩市

萩・明倫学舎

萩藩の教育や人材育成の中枢を担った「藩校明倫 館」。その跡地に建築され、国の登録有形文化財 (本館棟)に登録された木造学校建築としては日本最大級の旧明倫小学校の校舎を改修整備。 本館には、観光インフォメーションセンターをはじめ、旧萩藩校明倫館展示室、豊富な萩の幸を使ったレストランや萩ならではのお土産を取り揃えたショップ、2号館には、世界遺産「明治日本の産業革命遺産」を紹介する「世界遺産ビジターセンター」と幕末の歴史をひもとく貴重な資料を一堂に紹介する「幕末ミュージアム」があります。

通年

企画展・特別展
萩・長門エリア
萩市

危険生物大迷宮

ライオンやコブラなど、地球上には鋭いキバや猛毒を持った生きものが生息し、ここ萩でも毎年のようにクマやスズメバチが目撃されています。これらの危険生物に加え、山口県初公開のハイブリッド生物「レオポン」や猛獣「ウルバリン」などをはじめとする剥製・標本・写真100点以上を大公開! 危険生物たちが待つ迷宮のような展示室を探検する、夏休みのファミリー向け展示です。 (写真は、猛獣「ウンピョウ」の剥製)

2019年6月29日(土)~9月1日(日)

企画展・特別展
萩・長門エリア
萩市

萩の鉄道物語り

萩の鉄道は、世界文化遺産の資産のひとつ萩城下町を迂回して敷設されました。このことは、結果として、萩城下町を大きな改変から守りました。鉄道開通を機に、萩市では観光立市への取り組みも開始されました。市内各地の鉄道に関わる物語を紹介し、関連の行事を開催します。 (写真は、山陰本線を走る列車)

2019年9月14日(土)~10月20日(日)

企画展・特別展
萩・長門エリア
萩市

長州藩校 明倫館―武士たちの学び舎―

2019年は、長州藩の藩校明倫館創建から300年を迎える記念の年です。享保4年(1719)に開校した藩校明倫館は、嘉永2年(1849)の移転・拡充を経て、明治初期まで存続しました。江戸時代を通じて多くの人材を輩出した明倫館。その歴史を、現在に伝えられた資料を通して紹介します。 (写真は、扁額「明倫舘」(享保4年製))

2019年11月9日(土)~2020年1月5日(日)

企画展・特別展
萩・長門エリア
萩市

萩の夏みかん物語りⅡ

萩の夏みかんに関わる様々な物語を紹介する展示の第2弾です。 (写真は、果実問屋の引札(明治期))

2020年1月18日(土)~3月31日(火)

花・紅葉・風景・絶景
その他の花
萩・長門エリア
萩市

萩 夏みかんの花

萩の特産である夏みかんは、毎年5月上旬~中旬頃に甘くさわやかな香りのする白く可憐な花を咲かせます。 夏みかんの花が咲く頃には、萩のまちのあちらこちらにある夏みかんの木からふわっと花の香りが漂い、あたりが良い香りに包まれます。 萩城下町の夏みかんの香りは、「かおり風景100選」に選ばれています。

5月上旬~中旬頃

花・紅葉・風景・絶景
その他の花
萩・長門エリア
萩市

むつみひまわりロード

むつみ地域のシンボル・伏馬山の山すそ一面に広がるひまわり畑。毎年、7月下旬~8月上旬にかけて約3.5haのひまわり畑におよそ22万本のひまわりが咲き乱れます。 毎年7月下旬には「ひまわりロードフェスタ」が開催されます。またこの時期になると、県内外を問わず多くの写真愛好家がカメラを片手に訪れます。 また近くには、カブトムシやクワガタなど昆虫とふれあえる「むつみ昆虫王国」があります。

7月下旬~8月上旬

花・紅葉・風景・絶景
絶景・風景
萩・長門エリア
萩市

須佐ホルンフェルス

約1400万年前のマグマの熱の影響を受けて誕生した須佐ホルンフェルス。 海底に堆積した砂泥互層からなる須佐層群に、高温の火成岩体(高山はんれい岩)が貫入し、その熱で変成作用を受けてできたものです。 灰白色と黒色の縞模様をなす雄大な様子は、国指定の天然記念物及び名勝である景勝地・須佐湾の内でも最たるもの。(断崖までの遊歩道があります。駐車場から徒歩8分) 須佐ホルンフェルスを含む「萩ジオパーク」が、2018年に日本ジオパークに認定されました。 毎年4月下旬~10月末にかけて「須佐湾遊覧船」が運航。現役漁師が操縦する漁船や瀬渡し船に乗って、海の上から雄大なホルンフェルスを眺めることができます。

通年

花・紅葉・風景・絶景
その他の花
萩・長門エリア
萩市

むつみ 菜の花

萩市むつみ地域にある「むつみひまわりロード」周辺では、 春になると約3.5haの広さにおよそ500万本の色鮮やかな菜の花畑が広がります! ゆっくり訪れるむつみの春は「小さな幸せ」でいっぱいです。見頃にあわせて「むつみ菜の花まつり」も開催(予定)されます。

4月上旬~中旬

花・紅葉・風景・絶景
絶景・風景
萩・長門エリア
萩市

雲林寺

萩市から車で約30分ほどの場所にある、千体地蔵が有名なお寺。 境内には、木彫りの猫や招き猫などさまざまな猫の置き物をはじめ、猫のおみくじやお守り、絵馬などがあり、”猫寺”と呼ばれ親しまれています。 【猫かぶり体験】 木彫りの猫をかぶって記念撮影ができます!

通年

花・紅葉・風景・絶景
萩・長門エリア
萩市

萩 ソメイヨシノ

約600本のソメイヨシノが咲き誇る桜の名所・萩城跡指月公園。桜の開花時期にあわせて夜桜ライトアップが行われます。(18:00~23:00)。 また園内では、日本では萩でしか見ることのできない珍しい桜「ミドリヨシノ」が開花します(1本のみ)。 萩八景遊覧船では、桜の開花時期にあわせて「桜観賞コース」を特別運航。普段よりコースを延長して、橋本川土手の桜並木を船上から眺めます(約45分)。

3月下旬~4月上旬

花・紅葉・風景・絶景
萩・長門エリア
島根県益田市

医光寺 しだれ桜

医光寺の枝垂れ桜はこの地域で最も早く開花することで有名。雪舟が住職として招かれたお寺としても知られる。国の指定を受けている「雪舟庭園」は鶴を形どった池の中に亀島が浮かんで見えます。境内には雪舟を火葬にしたという灰塚やこの地で長く続いた領主「益田宗兼」のお墓のほか、羅漢像など歴史を感じる彫刻も。また、本堂には「願い文」が置いてあり、七夕と大晦日にご供養されます。勇壮豪快な作りの総門は県の文化財に指定されています。

3月下旬~4月上旬

体験メニュー
萩・長門エリア
島根県益田市

中世益田満喫プラン

益田家文書には益田家が毛利家と和睦した際、吉田郡山城内で催された益田氏主催の祝宴で出された料理の献立の記述があります。 これを忠実に再現したものを中世の古刹萬福寺でご堪能いただく「中世益田」満喫プランです。

通年(月曜日を除く原則土・日曜日)

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
島根県益田市

「石見の夜神楽」益田公演

島根県西部石見(いわみ)地方一帯に残 る伝統芸能石見神楽。代表する演目は スサノオの八岐大蛇退治を演ずる「大蛇」。勇壮華麗な舞。豪華絢爛の衣装が特徴。

2019年1月~8月、2020年1月~8月

イベント・サービス
サービス・おもてなし
萩・長門エリア
島根県益田市

特別開帳「二河白道図 国重要文化財)」

益田家第11代当主益田兼見(かねはる)公が現在の地に移築し改称した萬福寺(応安7年(1374)では、善導大師が説かれた二河の比喩を表した仏画「二河白道図」をご要望に併せ特別開帳いたします。また、第二次幕長戦争(四境戦争)石州口の戦い(平成28年に開戦150年を迎えた)では浜田藩の本陣となり、本堂柱には長州軍が打ち込んだ弾痕が今も残ります。

通年(開帳をご希望される場合は要事前連絡)

イベント・サービス
お得チケット
萩・長門エリア
島根県益田市

雪舟小僧さんチケット

益田市内の歴史文化施設が1枚のチケットで入館・入園できます。 下記4施設の合計金額通常1,600円が1,100円になります。 ・島根県立石見美術館(コレクション展のみ) ・医光寺雪舟庭園 ・萬福寺雪舟庭園 ・益田市立雪舟の郷記念館

通年

花・紅葉・風景・絶景
絶景・風景
萩・長門エリア
島根県益田市

雪舟庭園(萬福寺)

文明11年(1479年)、画聖雪舟等楊禅師によって造られた寺院様式の、須弥山世界(仏教の世界観)を象徴した石庭です。 須弥山石を中央にして、右はやや暗く築山であり、枯滝をもち、左は平坦で非常に明るく造られ、明と暗が巧みに使い分けられています。この明るさの焦点にあるのが三尊石です。安定した石の据え方、無駄のない石のくばり、巧みな地割は、さすがに類の少ないものです。面積は1421㎡(430坪)

通年

[グルメ]古文書から再現「中世の食」(益田)

グルメ
萩・長門エリア
島根県益田市

古文書から再現「中世の食」

益田家に伝わる古文書「益田家文書(東京大学史料編纂所所蔵)」の中にある、19 代益田藤兼・20 代元祥父子が毛利元就に振る舞った祝い膳の 献立を忠実に再現したもの。萬福寺の雪舟庭園を楽しみながら中世とい う時代にタイムスリップして頂けます。

通年(月曜日を除く原則土・日曜日)

体験メニュー
萩・長門エリア
長門市

青海島共和国 魚のさばき方体験

地元で獲れた新鮮な魚の刺身・姿づくりを体験。 食材はもちろんその日のうちに獲れた地元の新鮮な魚で、さばいた後は刺身・海鮮バーベキューなどを堪能できます。 初めての方でも気軽に参加できるのが魅力。

通年

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
萩市

萩オープンガーデン

萩市内の文化財施設や個人宅など、数十ヶ所の庭園が公開されます。 史跡だけでなく、藩政時代の町家、個人宅、寺社などの美しい名庭園も多い「萩」を発見していただけます! 【2018年度は25庭園を公開】

2019年11月16日(土)~24日(日)

体験メニュー
萩・長門エリア
萩市

世界遺産の中の茶室「花江茶亭」で 抹茶体験

花江茶亭は、旧三の丸にあった毛利敬親の別邸 花江御殿内にあった茶室「自在庵」を、明治22年(1889)頃に萩城跡に移築したもの。幕末の多事多難のおり、この茶室で敬親は支藩主や家臣たちと茶事に託して時勢を論じ、国事を画策したといわれています。 ※通常は「花江茶亭」は公開されていません

通年(要予約)

交通情報
遊覧船
萩・長門エリア
長門市

青海島観光汽船

海岸の美しい眺めの青海島は、周囲40kmで、北長門海岸国定公園の中心部にあり、別名「海上アルプス」とも呼ばれています。 大自然がつくり上げた洞門や石柱などの岩の芸術作品を遊覧船で、たっぷりとご覧いただけます。

定期便(3月1日~11月末日)
季節便(4月1日~9月末日/定期便に追加運航)
冬期便(12月1日~2月末日)

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
長門市

おとずれ夜市じゃらんじゃらん

地産地消PR試食コーナーや月替わりイベントなどの楽しい催しやアコースティックライブ、昔懐かしい射的コーナー・・そのほかにも美味しい、楽しい出店がいっぱい。 「じゃらんじゃらん」のネーミングはインドネシア語での「散歩する・ぶらぶら出かける」意味に由来しています。

2020年4月~10月(8月を除く)の第1土曜(4月のみ第1日曜)18:00 ~ 21:00予定

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
長門市

通なんでも市

遊漁船体験航海や魚のつかみ取り、通鯨唄保存会による市指定無形民俗文化財「鯨唄」の発表や各種バザー、大抽選会が行われます。 「古式捕鯨の里 通」の伝統文化や通地域が有する水産資源やB級グルメを、楽しく、美味しく、知ることのできるイベントです。

毎年5月4日

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
長門市

ながと仙崎花火大会

長門を代表するイベントの一つで、趣向をこらしたダイナミックな花火が夜空を彩ります。 夏本番を感じることができる花火大会で、歩行者天国は多くの出店で賑わいます。

2020年7 月下旬 予定

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
長門市

みすみハーブを愉しむ日

"香月泰男美術館ではハーブ園が併設されており、約1,700㎡の敷地内に100種類以上のハーブが植えられています。 そのハーブが香る出会いの広場を中心に、人と人、心と心のふれあいを楽しみながら、湯免温泉と香月芸術をゆっくり堪能しながら癒されませんか。 "

2020年6月上旬

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
長門市

湯本温泉納涼盆踊り大会

温泉街の中央を流れる音信川(おとずれがわ)にかかる千代橋に大やぐらを組み、このやぐらを中心に盆踊りが行われます。

2020年8月

イベント・サービス
祭・イベント
萩・長門エリア
長門市

通くじらまつり

漁業のまち通地区にとっては、古くから伝えられてきた「古式捕鯨」や「和船競漕」は、海の伝統文化として貴重な財産となっています。この貴重な財産を活かし、地区民あげての「くじら祭り」を開催し、伝統文化の継承と地区民相互の連帯を高めて、通地区の活性化を目的として開催されています。

2020年7月

2 / 4 « 先頭 1 2 3 4 最終 »