グルメ・おみやげ

ふく料理

  • 下関・秋吉台・宇部エリア
  • グルメ

フクリョウリ

ふく料理

山口県を代表する冬の味覚。
毒があるため長い間食べることが禁じられていましたが、初代総理大臣・伊藤博文が下関の料亭で食べて大いに気に入り、解禁にしたというエピソードがあります。
ふく料理のシーズンは秋の彼岸から春の彼岸までといわれていましたが、今では一年中美味しく頂けます。
●ふくさし
ふくを薄くひき、一切れ一切れ、皿に張りつけるように並べ、菊や鶴などに形どって視覚にも工夫をこらします。薬味にはだいだい酢・紅葉おろし・ワケギをつかいます。
●ふくちり
ふくの頭、骨を主に、豆腐、白菜、ねぎ、春菊等を鍋で煮て、だいだい酢でたべます。
●ふく雑炊
ちりのあとのスープで雑炊を作ります。

このエリアの宿泊を探す

所在地

山口県下関市

交通アクセス

  1. JR下関駅からバスで20分
    → 「渡瀬」バス停から徒歩で5分

問合せ先

下関ふく連盟
〒750-0005
山口県下関市彦島西山町4-11-39南風泊市場内
TEL: 083-267-8181

ページ上部へ