観光スポット

岸見の石風呂

  • 山口・防府エリア
  • 名所・史跡
  • 人物・文化

キシミノイシブロ

岸見の石風呂

岸見の石風呂は、東大寺再建の用材を切り出した時の遺跡で、人夫の保養のため重源上人によって作られたものです。
地元の花崗岩石を積み上げた幅4.4m、奥行3.6m、高さ1.8mの石室からなり、土間には石が敷きつめられており、石室は木造茅葺きの覆屋により保護されています。
石室の中で小枝を燃やして石を焼き、火をかき出した後、ぬれたむしろを敷いて熱気浴をするサウナであり、同様の形式は佐波川流域に多く分布しています。
重源上人を「石風呂開山」と呼び、建物の休憩の間には、重源像を安置する祭壇があり、命日の6月5日を「石風呂開山忌」として、石風呂をたき、お祭りをして、その恩に感謝するのがならわしとなっています。

このエリアの宿泊を探す

マップ中のアイコン説明

観る
名所・史跡
買う
お土産
遊ぶ
レジャー・体験
イベント
イベント開催地
宿泊
宿泊施設
温泉
温泉施設
自然
自然
食べる
飲食店

時代

鎌倉時代

規模

幅4.4m、奥行3.6m、高さ1.8m

所在地

〒747-0233
山口県山口市徳地岸見

交通アクセス

  1. JR山陽本線「防府駅」からバスで30分
    (堀方面行き防長バス)
    → 「土井」バス停から徒歩で5分

問合せ先

山口市徳地総合支所総務課
〒747-0231
山口県山口市徳地堀1744
TEL: 0835-52-1118

文化財

国定重要有形民俗文化財

ページ上部へ