観光スポット

鷺の舞

  • 山口・防府エリア
  • 人物・文化

サギノマイ

鷺の舞

毎年7月20日の八坂神社祭礼の最初の日に、神社の社頭および神幸の途中やお旅所で行われる舞い。
八坂神社は、以前は、「祇園社」と呼ばれ、1369年(応安2)、大内弘世が山城国八坂(現在の京都市)から神霊を迎えて社壇を創建したと言われています。
大内氏が京都の文化に憧れ、山口に移すことに努めていたので、鷺舞いも、祇園社勧請の時に導入されたのではないかと思われます。
島根県津和野町に伝わる鷺舞いは、山口から伝えられたものであると言われています。

このエリアの宿泊を探す

開催時期


開催地

八坂神社の社頭および神幸の途中やお旅所

所在地

〒753-0035
山口県山口市上竪小路100(八坂神社)

交通アクセス

  1. JR「新山口駅」からバスで30分
    → 「県庁前」バス停から徒歩で10分
  2. 中国自動車道小郡ICから車で20分

問合せ先

鷺の舞保存会

文化財

都道府県指定重要無形民俗文化財

ページ上部へ