観光スポット

村田清風旧宅及び墓

  • 萩・長門エリア
  • 名所・史跡
  • 人物・文化

ムラタセイフウキュウタクオヨビハカ

村田清風旧宅及び墓

村田清風は、幕末期において萩藩の要職を勤め藩政改革を指導した人物。
5代の藩主(斉房・斉煕・斉元・斉広・敬親)に仕えて、天保の改革を実施しました。
旧宅は、1783年(天明3)、清風が生まれた家。
15歳の萩に移り住むが、1845年(弘化2)以後は再びこの家に戻り、1855年(安政2)に病死するまでここで過ごしました。
墓はこの旧宅の西約100mの大歳山の麓にあり、墓前に高さ2mの鳥居が立っています。

このエリアの宿泊を探す

マップ中のアイコン説明

観る
名所・史跡
買う
お土産
遊ぶ
レジャー・体験
イベント
イベント開催地
宿泊
宿泊施設
温泉
温泉施設
自然
自然
食べる
飲食店

村田清風旧宅及び墓

時代

江戸時代

所在地

〒759-3803
山口県長門市三隅下2510-1
TEL: 0837-43-2818

交通アクセス

  1. JR山陰本線長門三隅駅からバスで5分
    (沢江バス停下車)

問合せ先

村田清風記念館
〒759-3803
山口県長門市三隅下沢江2510-1
TEL: 0837-43-2818

文化財

国指定史跡

ページ上部へ