観光スポット

通鯨唄

  • 萩・長門エリア
  • 人物・文化

カヨイクジラウタ

通鯨唄

山口県長門市通(かよい)地方は日本海側の古くからある漁港です。
今から約400年前、江戸時代は長州毛利藩の時代、モリや網を使い人の手による古式捕鯨が行われておりました。
長門市通(かよい)地方の人々は、当時大漁を祝ってこの「通鯨唄(かよいくじらうた)」を歌い、捕鯨をしなくなった今も歌い伝えています。
祝い歌でありながらも鯨の冥福を祈り、拍子をとる際に手を叩かずにもみ手で歌います。
そして、毎年「通くじら祭り」にて古式捕鯨を再現したのち、「通鯨唄(かよいくじらうた)」が披露されます。

このエリアの宿泊を探す

所在地

〒759-4107
山口県長門市通

問合せ先

通鯨唄保存会
〒759-4107
山口県長門市通
TEL: 0837-28-0118

ページ上部へ