観光スポット

萩反射炉

  • 萩・長門エリア
  • 名所・史跡
  • 人物・文化

ハギハンシャロ

萩反射炉

安政5年(1858)に築かれたもので、艦船銃砲等の材料熔解製造に用いられていました。
炉は玄武岩とレンガを使用し、基底は長方形で上部が漸次狭くなり、2本の煙突にわかれていて、高さは11.5mあります。
2015年7月世界遺産登録決定(明治日本の産業革命遺産)

このエリアの宿泊を探す

マップ中のアイコン説明

観る
名所・史跡
買う
お土産
遊ぶ
レジャー・体験
イベント
イベント開催地
宿泊
宿泊施設
温泉
温泉施設
自然
自然
食べる
飲食店

時代

江戸時代

所在地

〒758-0011
山口県萩市椿東上ノ原(セブンイレブン萩反射炉前店近く)

交通アクセス

  1. JR山陰本線東萩駅から徒歩で20分
  2. 中国自動車道美祢東JCTから車で20分
    → 小郡萩道路絵堂ICから車で20分
    (JCTと直結する小郡萩道路利用で萩市街地へ)
    → R191号線を益田方面に走ってから車で10分

問合せ先

萩市観光課
〒758-0041
山口県萩市大字江向510
TEL: 0838-25-3131

文化財

国指定史跡

ページ上部へ