観光スポット

長寿寺(十三重塔)

  • 萩・長門エリア
  • 名所・史跡
  • 人物・文化

チョウジュジ(ジュウサンジュウノトウ)

長寿寺(十三重塔)

十三塔は、“抜け寺”の名で親しまれる長寿寺本堂に向かって左側にあり、花崗岩製で相輪は失っているが、他は当初のまま残っています。
高さは相輪を除き5.45mあり、実に堂々とした石塔です。
下層の軒の一辺は1.17m、最上層の軒の一辺は0.75mで、厚い軒、両端の力強いそりは申し分のない鎌倉後期の様式です。
この塔は、もとは長門市油谷向津具の二尊院にあったものを、江戸初期、長州藩の重臣榎本伊豆が萩へ引取り自邸に建て、その後商人の熊谷浄味が貰いうけ、長寿寺に建立したものと伝えられています。

このエリアの宿泊を探す

マップ中のアイコン説明

観る
名所・史跡
買う
お土産
遊ぶ
レジャー・体験
イベント
イベント開催地
宿泊
宿泊施設
温泉
温泉施設
自然
自然
食べる
飲食店

時代

鎌倉時代

所在地

〒758-0032
山口県萩市北古萩町13長寿寺
TEL: 0838-22-2580

交通アクセス

  1. JR山陰本線東萩駅から徒歩で15分

問合せ先

長寿寺
〒758-0032
山口県萩市北古萩町13
TEL: 0838-22-2580

文化財

十三重塔は、県指定有形文化財(建造物)

ページ上部へ