観光スポット

花月楼

  • 萩・長門エリア
  • 人物・文化

カゲツロウ

花月楼

萩市椿東の松陰神社境内にあります。
この建物は、1776年(安永5)に長州藩7代藩主毛利重就が、表千家家元7代如心斎の門人、川上不白が献上した図面によって、三田尻の別邸に建築した茶室で、花月楼の名称は、茶事七事式の第一である花月式に由来します。
この茶室はのち萩の平安古に移され、さらに1888年(明治21)に品川弥二郎が松本橋袂の自宅に移していたが、1959年(昭和34)に現在地に移築されました。

このエリアの宿泊を探す

マップ中のアイコン説明

観る
名所・史跡
買う
お土産
遊ぶ
レジャー・体験
イベント
イベント開催地
宿泊
宿泊施設
温泉
温泉施設
自然
自然
食べる
飲食店

時代

江戸時代

所在地

〒758-0011
山口県萩市椿東椎原(松陰神社)

交通アクセス

  1. JR山陰本線東萩駅から徒歩で10分

問合せ先

萩市教育委員会
〒758-0041
山口県萩市大字江向510
TEL: 0838-25-3131

文化財

都道府県指定重要文化財

ページ上部へ