観光スポット

萩往還(萩)

  • 萩・長門エリア
  • 名所・史跡
  • 人物・文化
  • アウトドア・スポーツ

ハギオウカン

萩往還(萩)

萩往還は、慶長9年(1607)萩城築城後、その城下と三田尻(防府)をほぼ最短で結ぶ参勤交代道として開かれた陰陽連絡道で、延長52.7キロメートルの街道。
近世の民衆や維新の志士たちの交通路としても重要な役割を果たしました。
元々は、室町時代に山口を中心として放射状につくられていた道を、江戸時代になって整備したもの。
関連の遺跡として、涙松跡、悴坂一里塚、御駕籠建場、上長瀬一里塚、逆修石、国境の碑があります。
当時のまま残る宿場町、石畳、峠道など自然の静けさと調和した街道の風情を楽しむことができます。

このエリアの宿泊を探す

時代

江戸時代

距離

53km

所要時間

17時間

所在地

〒758-0061
山口県萩市大字椿字忰が坂萩市大字明木及び佐々並 地内

問合せ先

萩市観光課
〒758-8555
山口県萩市大字江向510
TEL: 0838-25-3139

文化財

国指定史跡

ページ上部へ