観光スポット

鉄宝塔(水晶五輪塔共)

  • 山口・防府エリア
  • 人物・文化

テッポウトウ(スイショウゴリントウトモ)

鉄宝塔(水晶五輪塔共)

高さ301.3㎝、全体が五輪塔に近い形をした鋳鉄製の多宝塔で、直径61.4㎝の塔身部の内部に、舎利(釈迦の遺骨)を納めた高さ13.9㎝の水晶五輪塔を安置しています。
焼討ちされた奈良東大寺の再建に尽力した俊乗坊重源が、1197年(建久 8)、大仏を鋳造した草部宿祢是助らとともに造ったものです。
阿弥陀寺文化財収蔵庫で拝観できます。(要予約)

このエリアの宿泊を探す

マップ中のアイコン説明

観る
名所・史跡
買う
お土産
遊ぶ
レジャー・体験
イベント
イベント開催地
宿泊
宿泊施設
温泉
温泉施設
自然
自然
食べる
飲食店

時代

鎌倉時代
建久8年(1197年)

所在地

〒747-0004
山口県防府市大字牟礼上坂本1869
TEL: 0835-38-0839

交通アクセス

  1. JR山陽本線防府駅からバスで20分
    (「阿弥陀寺」下車)

問合せ先

東大寺別院阿弥陀寺
〒747-0004
山口県防府市大字牟礼上坂本1869
TEL: 0835-38-0839

文化財

国宝

ページ上部へ