観光スポット

防府天満宮大専坊跡

  • 山口・防府エリア
  • 名所・史跡
  • 人物・文化

ホウフテンマングウダイセンボウアト

防府天満宮大専坊跡

防府天満宮大専坊は、南北朝時代(1336~1392年)から明治初年にかけて防府天満宮の別当坊として、神社の経営に大きな役割を果たしました。
社寺などを中心となって支配する官職を別当といい、その場所が坊です。
天満宮には、別当坊としての大専坊のほか、全部で9つの坊がありました。
明治初年の神仏分離令によって、坊の建物の多くは壊されたが、大専坊は壊されることをまぬがれ、旧境内地は天満宮が買収して現在に至っています。

このエリアの宿泊を探す

マップ中のアイコン説明

観る
名所・史跡
買う
お土産
遊ぶ
レジャー・体験
イベント
イベント開催地
宿泊
宿泊施設
温泉
温泉施設
自然
自然
食べる
飲食店

防府天満宮大専坊跡

時代

室町時代

所在地

〒747-0029
山口県防府市松崎町14-1

交通アクセス

  1. JR山陽本線防府駅から徒歩で15分

問合せ先

防府天満宮
〒747-0029
山口県防府市松崎町14-1
TEL: 0835-23-7700

文化財

都道府県指定史跡

ページ上部へ