グルメ・おみやげ

酒蔵鍋

  • 山口・防府エリア
  • グルメ

サカクラナベ

酒蔵鍋

津和野の冬を代表する料理「酒蔵鍋」は昭和四十年代、料理人たちの熱い思いから生まれた。厳冬に向かう底冷えの頃、深海の底を思わせる沈んだ冷気の中で黙々と続けられる酒蔵の仕込み。「この感覚を津和野の里料理の中に生かす方法はないものか・・・」
同志の間で問い続け、試し続け、この鍋ができあがった。
 鱈、椎茸、豆腐など鍋定番の材料に、造り酒屋の酒粕、味噌、出汁で、まろやかな味わいに。酒粕の匂いはなく苦手な人も気にならない。芳醇で上品なコクが、具それぞれの持ち味を活かし、体の芯から温まる鍋だ。
  元の酒粕が良質でなければこの味わいは出ない。津和野の名水と匠の技に育まれた地酒の底力にあらためて感服すること請け合いだ。

このエリアの宿泊を探す

所在地

島根県鹿足郡津和野町

問合せ先

津和野町観光協会
〒699-5605
島根県鹿足郡津和野町後田イ71-2
TEL: 0856-72-1771
FAX: 0856-72-1191

ページ上部へ