観光スポット

防石鉄道蒸気機関車

  • 山口・防府エリア
  • 人物・文化

ボウセキテツドウジョウキキカンシャ

防石鉄道蒸気機関車

 いずれも三田尻(防府)~堀(山口市徳地)間で運行していた防石鉄道(大正8年~昭和38年)で使用された車両である。
 機関車は長さ7.8m、高さ3.6m、幅2.4m、重量23.1t。明治27年(1894)ドイツ クラウス社製の蒸気機関車で、川越鉄道(現:西武鉄道)で導入されたものを大正7年(1918)に譲り受け、川越鉄道時代の2号の車番を残し使用された。防石鉄道は昭和31年(1956)に蒸気機関車の使用を停止したが、この機関車は防石鉄道廃止後も残り、市内の児童公園に移された後、平成7年(1995)防府市に寄贈され、翌平成8年から鉄道記念広場で静態展示されている。
 ともに展示されている附指定の客車2両は、明治32年(1899)中国鉄道のハ68として平岡工場(東京)で製造されたものを昭和23年(1948)防石鉄道が購入した1両と、大正7年(1918)枝光鉄工所(福岡)で製造された1両である。

このエリアの宿泊を探す

所在地

〒747-0037
山口県防府市八王子

問合せ先

防府市教育委員会文化財課
〒747-0034
山口県防府市桑山二丁目1-1
TEL: 0835-25-2237

文化財

防府市指定有形文化財

ページ上部へ