イベント情報

特別展「山口県立美術館開館40周年記念 下瀬信雄展 天地結界」

  • 山口・防府エリア

トクベツテン「シモセノブオテン テンチケッカイ」

特別展「山口県立美術館開館40周年記念 下瀬信雄展 天地結界」

【画像】《クサソテツ ‐萩市黒川‐》写真集『結界』より 作家蔵 © Shimose Nobuo


萩市在住の写真家、下瀬信雄(1944-)は、東京綜合写真専門学校で写真を学び、帰郷して家業の写真館を継いでからは、ふるさとの文化や風土を独自の視点で撮るスタンスを貫いてきました。萩の街並みや風景をとらえた最初の写真集『萩 HAGI』(1989年)は、私的な視点から街のたたずまいをみつめる感性が評価され日本写真協会新人賞を受賞。萩を題材とするシリーズは、さらに6×6センチの中判カメラで自然や風景をとらえた「凪のとき」、35ミリフィルムを用いた小型カメラによるスナップショットを集めた「風の中の日々」のシリーズへと展開していき、次作『萩の日々』(1998年)に結実しました。
また90年代初めごろからは、4×5インチの大判カメラを用いたモノクローム撮影で自然界の中に潜む境界にせまる、「結界」をテーマとするシリーズにも取り組み始めました。このシリーズから編まれた写真集『結界』(2014年)は、第34回土門拳賞を受賞、下瀬信雄のライフワークとなっています。
本展覧会では、「結界」シリーズを中心に、初期の作品から近年のカラー写真まで、写真家・下瀬信雄のこれまでの歩みをたどります。

●観覧料 
一般1,200(1,000)円、シニア・学生1,000(800)円/18歳以下無料
※シニアは70歳以上の方、( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。
※高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在籍の方等は無料。
※障害者手帳等をご持参の方とその介護の方1名は無料。

このエリアの宿泊を探す

開催時期

2019年05月23日

2019年07月07日
09時00分〜17時00分
(入館は16:30まで)
●月曜日 ※ただし6月3日、7月1日は開館

開催地

山口県立美術館

所在地

〒753-0089
山口県山口市亀山町3-1

交通アクセス

  1. JR山口駅から徒歩で約15分
  2. JR新山口駅からバスで約30分
    (防長バス山口行き)
  3. 山陽自動車道防府東ICから車で約25分
  4. 中国自動車道山口ICから車で約15分
    (広島方面から)
  5. 中国自動車道小郡ICから車で約25分
    (九州方面から)

問合せ先

山口県立美術館
〒753-0089
山口県山口市亀山町3-1
TEL: 083-925-7788
FAX: 083-925-7790

ページ上部へ