やまぐち地ブログ

1 / 212

旧田中別邸で消火訓練が行われました《萩市》 

萩市 | お知らせ | 2008.01.26 00:00

みなさん、こんにちは。今日は本当に寒いです。

1月26日は「文化財防火デー」です。毎年、萩市では文化財施設で消火訓練を行っていて、今年は旧田中別邸で行われました。

20080128144120.JPG 旧田中別邸

萩市にはたくさん文化財施設があります。また、重要伝統的建造物群保存地区も三つあります。

旧田中別邸は、重要伝統的建造物群保存地区の平安古地区にあります。敷地は藩政時代の毛利筑前下屋敷(石高16,000)に当たり、明治以降に、萩に夏みかんの栽培を広めた小幡高政により、現在の主要建物が完成されたと考えられています。その後、大正時代後半からは総理大臣などを務めた田中義一の所有となり、平成10年に萩市が寄贈を受けました。

敷地の北側には、小幡高政の業績を広く知らしめ、萩の代名詞ともいえる夏みかんを身近に感じられるよう「かんきつ公園」を整備しています。

20080126111359.JPG 20080126111519.JPG

消火訓練には、文化財施設の管理を実際にされている方や、伝建地区の代表者の方など、約80人が集まりました。

まず旧田中別邸内で、火事が起こった場合の対応の仕方を消防本部より説明がありました。その後、外に出て消火訓練です。消火器の使い方を丁寧に説明いただきました。

20080126111553.JPG 20080126111614.JPG

みなさん、本気で練習してました。こんな機会は、なかなかありませんもんね。萩市には、たくさんの文化財施設があります。管理する方、ガイドの方の努力と熱意によって、支えられていると感じました。

是非、萩市にいらして、萩市の文化財にふれてください。

20080128150837.JPG

 萩八景遊覧船から見る旧田中別邸

旧田中別邸について、詳しくはこちらから↓

http://www.city.hagi.yamaguchi.jp/portal/bunrui/detail.html?lif_id=10455

2件のコメント 続きを読む


梅と松陰先生の関係は?《萩市》

萩市 | 担当者のひとりごと | 2008.01.25 09:58

寒くなりました。北日本では大荒れのお天気のよう。萩市街では路面には雪はありませんが、少しちらついていて、市街までの道の路肩には雪が積もっているところもあります。(お越しの際はお気をつけ下さい。)

さていきなりですが、問題です。下のの写真はどこの写真でしょうか?

20080124120627.jpg 綺麗に咲く白梅の花。

正解は吉田松陰先生が、明治維新に活躍した多くの志士を輩出した『松下村塾』のある『松陰神社』です。

●どうして、松陰神社になのでしょうか?

お兄さんの名前が太郎さんということもあることからでしょうか?(ちょっと強引・・・) それとも、福岡にある太宰府天満宮は「飛」が有名ですし、東京の湯島天満宮は「湯島の白」が有名です。両方とも、学問の神様として有名なので、それが影響しているのでしょうか?

20080124120427.jpg 松陰神社に、昨日来られた青島大学ご一行様。

ちなみに、門下生の高杉晋作を好んでいて、息子に之進という名前をつけたり、福岡に亡命した際に使った変名を之助にしたところからも見て取れます。

松陰先生に大きく影響を受けた高杉晋作。もしかしたら、松陰先生も、が大好きだったのかもしれません。


そんな、維新の志士たちも愛したの花。今、萩市内の多くの場所で咲き始めています。

こちらは萩往還梅林園に咲く梅。 20080124173156.JPG

 

萩の花ごよみについて⇒http://www.city.hagi.yamaguchi.jp/portal/hana/

1件のコメント 続きを読む


椿群生林ご紹介《萩市》

萩市 | お知らせ | 2008.01.22 19:00

みなさん、こんにちは。

毎日、寒い日が続いていますが、風邪などひかれてませんでしょうか。

今日は、椿群生林についてご紹介いたします。椿群生林については、今まで何度か椿の開花状況などをお知らせしていますが、椿群生林自体の紹介を今回はさせていただきたいと思います。

◆椿群生林の歴史◆

椿群生林は、萩市の越ヶ浜という地区にある笠山の北端(虎ヶ崎)に位置します。

笠山は、藩政時代には萩城の北東、鬼門の方角に当たるので、藩では笠山の樹木の伐採や鳥獣の捕獲を禁止していました。そのため、全山原生林の様相を呈し、大木に覆われていました。明治になって、その禁が解かれ、大木は切り倒され用材となり、椿も周囲の雑木と共に切り払われ、切られた木々の切り株から新しい芽が伸び、雑木の中に椿の赤い花が見られる状態が続きました。

たまたま昭和45年頃、萩の椿の調査に来られた椿の研究家、渡邉武博士が虎ヶ崎を訪れ、「ここの雑木やつる草を切り除けば立派な椿林として観光地になる。」と当時の市長に助言され、それ以来、萩市は整備を行い現在見られる立派な椿林となりました。

◆椿群生林のご案内◆

椿群生林は、笠山の頂上に向かう市道から左に入り、海側に下って行きます。道は狭く、大型車両は通行できません。海沿いの道を北端に向かって走っていただくと駐車場があります。

この辺りから、椿群生林に入る遊歩道が何本かあるのですが、今回は「椿の館」というお店の前から群生林に入る風景をごらんいただきます。

20080122164849.JPG

遊歩道を上がって行きますと、芝生の広場があります。椿まつりの時は、この広場にお店や飲食店、ステージなどを設置します。

20080122160605.JPG

広場の真ん中を遊歩道が作ってあり、進んで行くと少し登り坂になっています。ここを上がって、いよいよ椿群生林へ

20080122160450.JPG

20080124115652.JPG

群生林に入ると、風景、音が一変します。鳥の鳴き声が大きくなり、高い椿林と笠山の黒い岩。私は、初めて群生林に入ったとき、不思議な国のアリスになったような気持ちになりました。

20080124120029.JPG

20080122160514.JPG

まさに、別世界です。そして、椿林がとても美しく整備されています。たくさんの人が訪れているはずなのですが、群生林に入るとそれを感じないのです。敷地が広いということでしょうね。

冬の寒い時期ですが、海の美しい季節です。森林浴も兼ねて、是非、椿群生林にいらしてください。

■お問い合せ先 萩市観光課 ℡0838-25-3139

 椿群生林について詳しくはこちらから↓

 http://www.city.hagi.yamaguchi.jp/portal/bunrui/detail.html?lif_id=10230

 

2件のコメント 続きを読む


椿小町募集してます!《萩市》

萩市 | お知らせ | 2008.01.21 19:00

みなさんこんにちは。

ただいま募集中の椿小町についてご紹介させていただきます。

2月16日(土)~3月20日(祝・木)まで行われる椿まつりで、土・日・祝日に、イベントのお手伝いをしていただきます。

20080122174722.JPG

写真のように、絣の着物、椿の前掛けを着ていただきます。椿小町のおかげで、おまつり会場がとても華やかになってます。

交通費など出せず、ボランティア(有償)なので、市外のみなさんに募集をかけるなんてことは難しいのですけど、

「朝早起きしても平気!着物を着て椿小町になりたいわ!」という強い気持ちをお持ちの方がいらっしゃったら、是非ご応募ください!

肌着と足袋は、ご自分でご用意いただきますが、ほかは準備してます。

ただし、天気しだいですが寒いらしいです…

詳しくはこちらから↓

http://www.city.hagi.yamaguchi.jp/portal/bunrui/detail.html?lif_id=23328

椿小町に会うためにも、是非「萩・椿まつり」にいらしてくださいね。

萩・椿まつり

期 間  平成20年2月16日(土)~3月20日(祝・木)

会 場  萩市笠山椿群生林

      土・日・祝日(10時~16時) ◇ 特産品の販売や飲食店など

      初日・日・祝日 ◇ 呈茶席(10時~15時)、郷土芸能披露(1日2回)

      2/17、3/2、3/16 ◇ 椿群生林ウォーク開催 

問い合わせ先  萩市観光課 ℡0838-25-3139

   

コメントはまだありません 続きを読む


美しい押し花の世界へ…。《萩市》

萩市 | イベント情報 | 2008.01.18 00:01

すっきりしない天気が続いていましたが、皆さんいかがお過ごしですか?

さて、今日は、萩城城下町の江戸屋横町にある青木周弼旧宅で開催されている「押花絵展『花遊』」のご案内です。

ちなみに、青木周弼は、周防大島町の医者の家に生まれ漢方医学を学び、そして長崎に遊学後、毛利敬親に召し抱えられ、医学教育に尽力された方です。また、実の弟で、後に青木家を継いだ青木研蔵も兄とともに医学を学び、毛利敬親の側医をつとめた他、明治天皇の大典医にも任命された方です。さらに、その研蔵の養子の周蔵は、医学を学んだのち、政治・経済も学び、山県有朋、松方正義両内閣で外務大臣を務めました。

20080110171405.JPG 玄関のこの旗が目印。

そんな、歴史ある旧宅に展示されている押し花の数々。

20080110171419.JPG 20080110171429.JPG

今回も、押花グループ『花遊』に方々に協力をしていただいての展示。来られた方の中には、最初は写真と思って見られている方も多いようで、ボランティアガイドの方に『押し花ですよ』と言われて、びっくりされている人も。

 写真に見間違えるほど素晴らしい作品。20080110171439.JPG

 

20080110171452.JPG

展示された押し花の中に、桜の木を発見したとき、ボランティアの方が、「お庭の梅の花がもうじき咲きそうなんです。お庭には、松の木もあって、ちょうど今週末は『松竹梅』がすべてそろいますね」という話。

20080110171607.JPG 庭先に見える梅の木

この展示期間は、1月25日(金)まで。ぜひ、ご覧になりにいらっしゃってくださいませ。

20080110171556.JPG 20080110171541.JPG

昨日の様子。おそらく今週末には花が少しは咲くのでは・・・。

 

●押花絵展「花遊」

期間:1月25日(金)まで 時間:8時~17時 無休

◆萩市の観光はこちらから「萩市公式HP」⇒http://www.city.hagi.yamaguchi.jp/portal/

1件のコメント 続きを読む


うり坊の里で、お鍋セットを買いに…《萩市》

萩市 | 担当者のひとりごと | 2008.01.17 09:00

2008年が始まり、干支もいのししから、ねずみに変りましたが、寒い鍋の季節!萩のいのしし君は今も元気ですよ!!

場所は、萩市むつみ地域にある道の駅「うり坊の郷katamata」です。

早速店内に入って、右の奥にあるいのしし肉のコーナーへ。

20080115084730.jpg 冷蔵ケースにはこの表示。

冷蔵ケースの中には、所狭しと、地元で獲れたいのししのお肉がずらり!価格はだいたい2,000円前後。

20080115084738.jpg 20080115084748.jpg

また、同じ冷凍ケースの中には、今、萩市内の旅館で多く取り扱われはじめている隠れたブランド豚「むつみ豚」も販売中!

また、お店となりのお食事処では、10月1日から「うり坊定食スタート」の張り紙が。

20080115084756.jpg 当日はお休みで、撮影できず残念。

私はまだ食べたことがないのですが、今度立ち寄った時はぜひ食べてみます。(レポートはそのときにまたお伝えします)

萩と津和野の間にあるこの道の駅「うり坊の郷katamata」。そのほかにも、地元のトマトを使ったケチャップや焼肉のタレなども販売しています。ぜひ休憩に、お食事にお立ち寄りください。

○道の駅「うり坊の郷katamata」のことはこちら⇒http://www.city.hagi.yamaguchi.jp/portal/michinoeki/uribou.html

1件のコメント 続きを読む


商店街に椿が咲いた!《萩市》

萩市 | 担当者のひとりごと | 2008.01.16 02:33

萩市街から北東の位置にある笠山。そこには椿の群生林があり、椿まつり期間中は、その椿を見に多くの観光客がお越しになります。

そんな椿の花々を萩市街で発見!その場所は、田町商店街!!

20080115172438.JPG 椿の花!花!花!

通り全てが椿の花で彩られていて、通る方々の顔もなんだか楽しそう。

商店街の様子 20080115172445.JPG

そんな田町商店街ですが、お店の中でも椿を発見場所は商店街の最初にある「萩おみやげ博物館」。萩焼や夏みかん商品、さらには萩の名物「かまぼこ」なども売っているのですが、そんなお店の中に、椿柄のかばんや手ぬぐいが!

20080115172413.JPG 20080115172429.JPG

今シーズンからの新商品だそう。

萩市全体が椿一色。今から椿まつりが待ち遠しいですね。

萩市の観光はこちら「萩市公式HP」⇒http://www.city.hagi.yamaguchi.jp/portal/

 

コメントはまだありません 続きを読む


「萩のあまだい」食べてみませんか?

萩市 | お知らせ | 2008.01.10 10:00

20080108171559.jpgみなさん、こんにちは。

今日は、寒い冬に旬を迎える超高級魚「萩のあまだい」をご紹介いたします。

萩沖にはアマダイの好漁場があり、鮮度の高い最高質のアマダイが水揚げされます。

アマダイは鮮度劣化が早い魚なので、都市圏では焼き物や、昆布締め、酒蒸し、かぶら蒸し、西京焼きなどで食されているようですが、萩では新鮮なアマダイが手に入りますので、お刺身で食べることができます。ほんのり甘いアマダイのお刺身は、一年を通して冬が一番美味しい季節です。

私、個人としては、お刺身をお醤油に漬けてしばらく置いたものを、熱々のご飯の上に置き、熱々のお茶をかけて、お茶漬けにしたものが大好きです。

子供の頃からの思い出の味です。機会があったら、是非、みなさんもやってみてくださいね。

「萩魚」(旬の地魚料理)提供店はこちらからhttp://www.city.hagi.yamaguchi.jp/portal/taberu/hagi_sakana/index.html

1件のコメント 続きを読む


椿の花が開いていますよ!《萩市》

萩市 | 季節のたより | 2008.01.09 19:46

年末の寒さが、ひと段落して、昼間は温かい日差しです。ただ、また週末は、予報では雨模様のようですが・・・。

さて、きれいな花を咲かせるために、そんな雨を待っている??今回は、萩市笠山にある椿の開花状況のお知らせです。

実は、開花宣言自体は、もう前の年の12月20日に行いました。今年は全体的につぼみの数は少ないようで、樹木医さんによれば、『昨年の豪快な花姿に対して、奥ゆかしさのある「侘び寂び」が感じられる玄人好みの椿が鑑賞できるのでは』とのこと。

記者発表はこちら⇒http://www.city.hagi.yamaguchi.jp/soshiki/detail.html?lif_id=23369

今の状況とはいうと、まだまだ花が咲いていないところが多いようですが、所々の木には、椿の花も。

20071225183125.jpg 20080107180306.jpg

また、昨年、群生林内に高さ13メートルの展望台も完成。群生林全体とまではいきませんが、鳥になった気分で、上から見下ろす椿群生林もまた一興ですし、天気がよければ海に浮かぶ離島の姿も。

20071225183142.jpg 木製の展望台!

やっぱり見ごろは椿祭りが始まってから4月上旬までなので、今は、花たちがたくさん咲くことをどうか祈っていてください。

20071225183134.jpg 可憐に咲く椿の花。

2月16日~30日まで開催される『萩・椿まつり』について⇒http://www.city.hagi.yamaguchi.jp/portal/bunrui/detail.html?lif_id=23328

萩観光の情報はこちらから『萩公式HP』⇒http://www.city.hagi.yamaguchi.jp/portal/

 

 

1件のコメント 続きを読む


「萩女の心意気」とくとご覧あれ!〔萩人形展〕

萩市 | イベント情報 | 2008.01.05 09:30

初代内閣総理大臣を務めた伊藤博文公の旧宅の側にある伊藤博文別邸

別邸自体は、東京の品川にあったものを一部移築したものですが、その建物自体も大変美しいものですが、その別邸の美しさに花を添えるイベント「萩人形展」が今、行われています。

人形は高さ10cmほどの日本人形で、その数、約150点が展示されています。

20071221092452.JPG 

「男なら」や「嫁泣節」などの萩民謡をテーマにしたものや、「萩娘」、「夏みかん娘」など可愛らしいものばかり。

20071221092459.JPG 夏みかん娘

そのほか、これから萩市内でも見頃を迎える「梅」や「椿」などのアート盆栽も展示されています。

松陰神社や松下村塾を訪れた後、ぜひ足を伸ばしてみてください。

 

萩人形・アート盆栽展について

期間:1月31日(木)まで

時間:9時~17時まで

場所:伊藤博文別邸

お問い合わせ:萩市観光課 0838-25-3139(平日のみ)

萩の観光についてはこちら『萩市公式HP』⇒http://www.city.hagi.yamaguchi.jp/portal/

コメントはまだありません 続きを読む


1 / 212

ページ上部へ