やまぐち地ブログ

萩市見島の冬の風物詩 鬼ヨーズ(揚子)

萩市 | お知らせ | 2008.01.01 10:00

新年明けまして、おめでとうございます。

本年も、萩市をどうぞよろしくお願いします。

今回は、萩市見島でお正月に行われる「大凧上げ」についてお知らせします。

萩市見島では長男が生まれるとその子の成長を祈り、親戚、近所の人が集まって、畳3~6枚分の大凧(鬼ヨーズ)を作ります。

20071227114213.JPG

お正月に、大人20人ぐらいで、子供の成長を祈って空高く舞い上げます。

20071227114137.jpg

昨年は、見島本村地区で1件、見島宇津地区で2件のお宅が鬼ヨーズを作りました。今年のお正月は、本村地区、宇津地区どちらでも「大凧上げ」が行われます。

20071227114109.JPG

見島ヨーズは平安朝時代よりあったものと云われています。

鬼の面を書いたものが多く、玄関や入り口にあれば悪事災難を免れ、お店にあれば商売繁盛。男女問わず子供の勉強部屋になどにあれば、特に明るく勉強ができる子になると云われています。

最近では見島のお土産として、多数の注文をいただいています。

「大凧上げ」

■開 催 日  1月1日~3日の天気の良い日

■お問い合せ 見島観光協会 ℡0838-23-3311

  見島の詳しい情報はこちらから⇒http://www.hagi.or.jp/mishima/

鬼ヨーズを購入できるお店  ショップ見島  ℡0838-23-3000

コメント

コメントを書く

お名前・Webサイトは公開されます

この記事に対するコメント

  1. ワインバカの独り言 より:

    見島には、何度か行ったことがあります。凧揚げは見ていませんが、日本海に浮かぶ見島、癒されます。

  2. 萩市 より:

    見島牛でも知る人ぞ知る見島ですが、ウシの形をしてるんです。とてもキレイな島です。宇津地区の観音平なども、海の青と緑に癒されますよね。

ページ上部へ