やまぐち地ブログ

椿群生林ご紹介《萩市》

萩市 | お知らせ | 2008.01.22 19:00

みなさん、こんにちは。

毎日、寒い日が続いていますが、風邪などひかれてませんでしょうか。

今日は、椿群生林についてご紹介いたします。椿群生林については、今まで何度か椿の開花状況などをお知らせしていますが、椿群生林自体の紹介を今回はさせていただきたいと思います。

◆椿群生林の歴史◆

椿群生林は、萩市の越ヶ浜という地区にある笠山の北端(虎ヶ崎)に位置します。

笠山は、藩政時代には萩城の北東、鬼門の方角に当たるので、藩では笠山の樹木の伐採や鳥獣の捕獲を禁止していました。そのため、全山原生林の様相を呈し、大木に覆われていました。明治になって、その禁が解かれ、大木は切り倒され用材となり、椿も周囲の雑木と共に切り払われ、切られた木々の切り株から新しい芽が伸び、雑木の中に椿の赤い花が見られる状態が続きました。

たまたま昭和45年頃、萩の椿の調査に来られた椿の研究家、渡邉武博士が虎ヶ崎を訪れ、「ここの雑木やつる草を切り除けば立派な椿林として観光地になる。」と当時の市長に助言され、それ以来、萩市は整備を行い現在見られる立派な椿林となりました。

◆椿群生林のご案内◆

椿群生林は、笠山の頂上に向かう市道から左に入り、海側に下って行きます。道は狭く、大型車両は通行できません。海沿いの道を北端に向かって走っていただくと駐車場があります。

この辺りから、椿群生林に入る遊歩道が何本かあるのですが、今回は「椿の館」というお店の前から群生林に入る風景をごらんいただきます。

20080122164849.JPG

遊歩道を上がって行きますと、芝生の広場があります。椿まつりの時は、この広場にお店や飲食店、ステージなどを設置します。

20080122160605.JPG

広場の真ん中を遊歩道が作ってあり、進んで行くと少し登り坂になっています。ここを上がって、いよいよ椿群生林へ

20080122160450.JPG

20080124115652.JPG

群生林に入ると、風景、音が一変します。鳥の鳴き声が大きくなり、高い椿林と笠山の黒い岩。私は、初めて群生林に入ったとき、不思議な国のアリスになったような気持ちになりました。

20080124120029.JPG

20080122160514.JPG

まさに、別世界です。そして、椿林がとても美しく整備されています。たくさんの人が訪れているはずなのですが、群生林に入るとそれを感じないのです。敷地が広いということでしょうね。

冬の寒い時期ですが、海の美しい季節です。森林浴も兼ねて、是非、椿群生林にいらしてください。

■お問い合せ先 萩市観光課 ℡0838-25-3139

 椿群生林について詳しくはこちらから↓

 http://www.city.hagi.yamaguchi.jp/portal/bunrui/detail.html?lif_id=10230

 

コメント

コメントを書く

お名前・Webサイトは公開されます

この記事に対するコメント

  1. 遠方より より:

    昨年も、行きましたが、よく整備されており、感心しました。今年も必ず行きます。

  2. 萩市 より:

    遠方より様
    コメントありがとうございます。
    今年度は、新しい試みとしまして、2/17、3/2、3/16に『椿群生林ウォーク』を開催いたします。
    当日受付で、午後1時よりスタートです。
    笠山の自然遊歩道約5kmを椿見どころ案内人とともに歩きます。椿群生林の新たな魅力に気づかれることと思います。
    お時間あれば、是非ご参加ください。

ページ上部へ