やまぐち地ブログ

金太郎の水揚げ《萩市》

萩市 | 担当者のひとりごと | 2009.09.01 10:00

すっかり朝晩も涼しくなって秋らしくなってきましたね。そんな秋を迎えましたが、今日は、夏のように燃える朱色の魚「金太郎」のご紹介です。

金太郎漁の水揚げに立ち会ってきました。金太郎が乗った船が帰ってくるのは夕方6時ごろ。恥ずかしながら市場は午前2時ごろから動き出すと思っていた私はびっくり。

20090831143532.jpg 帰ってくる船の姿です。

船が市場につくと、早速水揚げ。船員の皆さんがみんな協力しながら陸に揚げていらっしゃいました。

20090831143604.jpg 水揚げの様子。

「今日の漁はどうでした?」と聞いたところ、「見てみろ!」と見せられた魚の数々。どうやら大漁のようです。

20090831143657.jpg20090831143705.jpg

上の写真の左は何の魚でしょう?(答えは最後に)

ちなみに上の写真の右側の小さなタイたちは、これからトラックで福井県に行くそうです。(福井土産のお寿司になるそうで、ちょっともったいない~という気持ちも・・・)

漁師さんと、海の話から何からしていたので、何しに来たのか忘れて話をしていたら、「これ見に来たんじゃろーがー」と出てきました「金太郎」。

20090831143639.jpg

水揚げされたばかりモノは、ほんとに鮮度抜群。記念に一番若い船員さんと記念撮影。

20090831143620.jpg ちょっと緊張した面持ちです。

そうこうしているうちに、日も暮れてきました。そんな「金太郎」今、新しい商品を開発しようと頑張っています。もうしばらくしたら皆さんの前にご紹介できると思うので、もう少し応援していてくださいね。

20090831143718.jpg 船をバックに夕焼け。

ちなみに、問題の答えは「ノドグロ」でした。

 

コメント

コメントを書く

お名前・Webサイトは公開されます

この記事に対するコメント

  1. 萩生まれ大阪のおじさん より:

    大阪からですが、今晩BSジャパン【ふるさと発 元気プロジェクト】「山口・萩市発 雑魚の金太郎 都会へ行く!」の放送があり、前もって放送は知っていましたので、録画をとりながら、萩の話題を楽しみました。
    毎年お盆には、帰省しており「金太郎」は食卓に一回は、出てくるおいしい魚です。ほとんどスーパーで買って来ますが、値段も手ごろで、食べ方は塩焼き主体です。
    今回のプロジェクトで「金太郎」が色々な提供方法で、全国区になれば、活性化につながると思いますが、その反面、地元での値段も上がるのではとの心配もあります。
    手ごろな価格で食べられるのが一番だと思いますね。

ページ上部へ