やまぐち地ブログ

1 / 212

福栄 節分祭に行ってきました!《萩市・福栄》

萩市 | イベント情報 | 2010.01.31 08:05

昨日、とっても良い青空のもと、道の駅「ハピネスふくえ」で、福栄節分祭が行われました。

20100130125648.jpg

気持ちの良い青空と、とても大きなノボリ

このイベント、「福栄=福が栄える」というありがたい名前にちなみ、「福」を呼ぶ、節分に合わせて開催される初めてのイベントでした。

個人的に、ロング福栄巻(恵方巻)体験をしてみたいと思っていたのですが、行った時には、すでに受付には30名以上の方がいらっしゃって断念・・・。みんな楽しそうに巻いておられました。

20100130125610.jpg テレビ取材も

同会場内の100円市場も、12時過ぎにはご覧のとおり。大勢の方がいらっしゃったことを物語っています。近代捕鯨の父である岡十郎(おかじゅうろう)さんの出身地でもあるということで、クジラの販売もありましたが、こちらも12時には完売!

20100130125705.jpg つわものどもも夢の跡?

事前にテレビやラジオでも取り上げていただいたおかげで、たくさんの方々にお越し頂きましたが、来年は、応援に来てくれた萩しーまーとの方のご指摘のあったとおり、このブログでも、しっかりと事前にご紹介して、もっと多くの方にお越し頂ければと思います

ちなみに、萩しーまーとのブログは、魚を中心にいろいろと萩のことを紹介されていて、読んでいてとても楽しいブログです。(私も、いろいろと勉強させてもらっています)

★萩しーまーとブログ⇒http://seamart.blog97.fc2.com/

コメントはまだありません 続きを読む


シロアマダイってご存知ですか?《萩市》

萩市 | 担当者のひとりごと | 2010.01.30 01:00

この2匹のアマダイちょっと姿や色が違うと思いませんか?

20100122115837.jpg

実は、同じアマダイなのですが、上はアカアマダイ、下はシロアマダイです。

普通アマダイといえば、上のアカアマダイ。こちらも萩はアマダイの漁場から港まで1~2時間圏内と近く、また延縄漁師さんが一尾一尾丁寧に扱われるため、とっても品質も良く、高価なものですが、シロアマダイは水揚げも極わずかで、特に最高級種とされ、宝物に出会ったように扱われます。

私も、漁師の息子なのですが、逸話の様に聞かされていただけで、出会ったのは今回が初めてです。

ちなみに出会った場所は、道の駅「萩しーまーと」。シロアマダイ以外にも、宝物がたくさんあります。ぜひ萩にお越しの際は、宝探しにお越しください!

1件のコメント 続きを読む


金太郎料理に舌鼓!《萩市》

萩市 | お知らせ | 2010.01.29 17:00

今週は、水揚げの様子もご紹介した、萩の売り出し中の魚「金太郎」。今回は、その金太郎料理をご紹介します!

まずは、やっぱり金太郎のお刺身。白身の甘い味わいは、とっても美味。赤色の肌身もまた食欲をそそります。

20100122115948.jpg 萩焼の顔が可愛い!

次に、一番人気だった「金太郎のオイル漬け(別名:オイルルージュ)」。小さなサイズの金太郎は、骨がきついのが問題点なのですが、それも克服するお味。オリーブオイルで、コレステロールもありませんので、女性の方にもお薦め!

20100122115847.jpg 並ぶ姿も圧巻!

さらには、萩市の皆様にはおなじみの金太郎の塩焼き。同席した萩を愛し、萩にず~っと住んでいらっしゃる50代の男性からは、「やっぱり金太郎はこれだよね~」の声。

20100122115930.jpg 柚子を添えて…

そして最後の締めは、「金太郎のにぎり寿司」。普通のモノ3貫、炙り3貫で、違った味を楽しみました。

20100122115902.jpg もう芸術品!?

今回、食べた金太郎づくし。どれも今回お店のオーナーが金太郎PRに一役買ってくださって、作って下さったオリジナルの品々で、今後、コース料理などで提供予定とのことです。

料理もとっても美味しい「金太郎」皆様もぜひ、食べに萩にお越しくださいね。(シケなどでない場合もありますので、その際はどうぞお許しくださいませ)

▽金太郎について⇒http://www.axis.or.jp/~seamart/contents/kintaro-pj/index.html

余談ですが、この金太郎さん、昨日は京都のラジオに出演!ちょっとずつですが人気者に?これからも、萩の金太郎、頑張ります!!

1件のコメント 続きを読む


「春の料理と、萩ガラス」萩ガラス試用会のご案内!《萩市》

萩市 | イベント情報 | 2010.01.28 01:00

今日は、特に首都圏にお住まいの皆様への嬉しいご案内です。

維新の志士が活躍した、明治の後に姿を消し、それが今によみがえった「萩ガラス」。国内では萩ガラス工房のみという1500℃以上の高温域で作られる高質ガラスは、一般のガラスよりも強く、また、ダイヤモンドダストを思わせる「内ひび貫入ガラス」は、ひびの成長を日々楽しむことができます。

そんな「萩ガラス」。首都圏でも、東京ミッドタウンなどでもご覧頂くことはできますが、萩の海の幸が盛りつけられたお皿、お酒が注がれた器などを、その手で触れて味わっていただく企画が今回ございます。

ぜひ、実際にお使いいただき、春の料理を引き立てる「萩ガラス」の魅力を存分にご堪能ください。

20100122115829.jpg

★『春の料理と、萩ガラス。』萩ガラス試用会

○開催日時:平成22年2月13日(土)・昼の部13:00から14:30(12:30開場) ・夜の部18:00~19:30(17:30開場)

○会場:ラ・ボンヌ・ヌーベル(東京都中央区京橋2-5-3西村ビル1階)TEL03-3567-0877

▼ラ・ボンヌ・ヌーベルについて↓

http://restaurant.nifty.com/cs/catalog/restaurant_spot/catalog_091006111494_1.htm

○会費:3,000円

○お申込み方法:下記項目に記入して03-6423-1738(萩ガラス・スタンダード 担当・小野里奈)にFAXもしくはrina@rinao.jpにメールにてお申し込みを。

〔項目〕メールタイトルに「萩ガラス試用会申し込み」と、本文に「氏名、申込人数、住所、電話番号」をご記入ください。※定員になり次第、締め切りとさせていただきます。ご容赦くださいませ。

1件のコメント 続きを読む


萩の魚市場から~金太郎の水揚げ~

萩市 | 季節のたより | 2010.01.27 08:00

今日は今年、萩市で売り出し中の魚「金太郎」の取材が先週の水曜日にあり、それに同行しましたので、その模様のご報告を。

金太郎」という魚は、小型底引き網の船の皆さんが獲っていらっしゃるのですが、本来なら17時過ぎてから帰ってくるのですが、取材当日の午後からシケということで、14時ごろには、すべての船が帰ってきていました。

20100122120030.jpg 船到着!

萩市近海での底引き網では、アマダイやイトヨリ、マダイなど赤色な魚がほかにもたくさん水揚げされていましたが、その中で、金太郎も今日はたくさん水揚げされていました。

20100122120052.jpg 20100122120103.jpg

水揚げされたばかりの金太郎さん

「笑ってください」などのカメラマンの方からの注文や、女性編集者さんからの質問など、日ごろは怖い顔をしている船長さんも今日ばかりは、ちょっと勝手が違うようで、少し変な感じ(笑)

20100122120115.jpg カメラを前に、肩に力が・・・

でも、その様子をすぐそばで、心配そうにでも笑いながらご覧になっていた奥様の姿がとても印象的でした。

金太郎の旬は冬!萩の海も冬はしけが多いですが、見かけたら、ぜひお買い求めくださいませ!!

1件のコメント 続きを読む


萩の魚市場から~2010年1月26日~

萩市 | 季節のたより | 2010.01.26 06:56

今日は、車の温度計は7度。ちょっと寒さもひと段落の朝。しかし、市場は相変わらずの熱気!20100126064146.jpg

ただし、昨日は波が高かったので、金太郎を獲る小型底引き網船が、沖に出てからすぐ帰ってくるなどもあってか、魚の漁自体は、通常の6割程度…。

でも、そんな中でも、この時期うまい「ヒラソ(ヒラマサ)」や「ナマコ」は並んでいましたよ♪

20100126064127.jpg 20100126064136.jpg

ヒラソ(ヒラマサ)は、まだ尾っぽがぴくぴく動いていました。(動画でないので、お伝えできないのが残念…)

その他にも、萩のブランド魚「アマダイ」、「真ふぐ」の姿も!

20100126064156.jpg 20100126064206.jpg

やっぱり風格を感じます!

今日は、昨日よりも少しばかりですが、波も落ち着くとのこと。明日は、たくさんの魚が揚がって、多くの方々に萩の魚のおいしさを楽しんでいただければと思います。

コメントはまだありません 続きを読む


椿群生林(2010年1月下旬)~それと真ふぐの味噌汁~《萩市》

萩市 | 担当者のひとりごと | 2010.01.25 15:00

今回は、先週、ちょっと笠山に行ったときのお話。この笠山ですが、皆様よくご存知のことかもしれませんが、これから椿にシーズンに入ります。すでに椿の開花宣言もあり、寄った日は、あいにくの天気だったのですが、風が強かったので、「落ち椿が見られるかも?」とちょっと期待して現地へ。

▽今回の椿の開花宣言(2009年12月6日)⇒http://hagishi.sblo.jp/article/34042545.html

でも、開花予想は例年並みとのことですし、この時期はまったく椿が見れないということはないのですが、2月中旬からがやっぱりよいかなと思いました。

20100122120133.jpg 落ち椿もご覧のとおり

一緒に行った県外の方からは、「この群生林の様子、どこかに妖精がいるみたいね!」と。確かに、同じ椿の木が一面に伸びる姿は何か独特なものです。

2月20日からは「萩・椿まつり」が始まります。会場では温かい食べ物もたくさんあります。こんな萩のトトロの森的な(?)笠山椿群生林へぜひお越しください。

▽萩・椿まつり⇒http://www.city.hagi.lg.jp/portal/bunrui/detail.html?lif_id=23328

私はちなみに、椿を見た後、近くのお食事処で真ふぐのお味噌汁を飲んで、体を温めて帰りました!

20100122120124.jpg 

日本海をバックに真ふぐの味噌汁をパチリ

コメントはまだありません 続きを読む


萩のアマダイin中目黒

萩市 | お知らせ | 2010.01.23 17:00

すっかり寒くなってきました。今日の朝などは、車の窓ガラスが凍っていました。そのおかげで、市場が始まるギリギリに起きる私はあたふた。何とか無事に間に合ったのですが…。(皆様、早朝は路面凍結の恐れもありますから、運転は慎重にされてください!)

さて今日は、先週上京した際に、萩のお魚をフレンチで食べることができるお店があるということでしたので、ちょっとお邪魔しをしてときのお話。場所は、東急東横線「中目黒駅」から歩いて10分ほど(ちなみに田舎者の私は、迷いに迷い20分以上かかりましたが・・・)のambianceというベルギーフレンチのお店です。

20100118060336.jpg ここから地下に降ります。

こちらのオーナーさんは、長野県のご出身の方なのですが、師匠が山口県(下関市)のご出身だったご縁で、山口県の魚がおいしいということをお知りだったとのこと。

20100118060411.jpg とってもかっこいいシェフの方

今日は、萩のアマダイを使った2種類の料理を食べさせていただきました。

20100118060437.jpg 20100118060428.jpg

「新鮮なものは、焼いているときに反りが大きい。ほら大きいでしょう?」とシェフにもおほめの言葉も。

  中目黒のお近くにお住みの方など、ぜひ萩の海の幸をこちらでご堪能ください。ただし、この時期は萩の海はシケが多いので、常にご用意はできませんこと、どうぞご容赦ください。

 ambiance⇒http://www.lart-de-la-table.com/ambiance/

コメントはまだありません 続きを読む


「延縄船上で食べる真ふぐコース料理」参加者大募集!《萩市》

萩市 | イベント情報 | 2010.01.22 11:26

ただ今、「萩の真ふぐ祭り」で行うイベント「延縄船上で真ふぐコース料理」への参加者を募集しております。

20100122112244.jpg 20100122112231.jpg

現役のふぐ延縄船を会場岸壁に横付け、甲板上を宴席に仕立て、漁師さんの話を聞きながら、真ふぐのコース料理をお楽しみいただきます。

萩のブランド魚を破格のお値段(1人1500円/小学生以下500円)で、堪能できるチャンスです。たくさんのご応募、お待ちしております。

■延縄船上で真ふぐコース料理

 ▼お申し込み締切

    平成22年2月22日(月)

 ▼お申し込み先

    萩市農林水産部水産課 ℡0838-25-4195

 ▼開催日・時間

    平成22年3月14日(日) 

     ①10時30分~ ②12時30分~ 

 ▼募集人数

    1回につき25名(1組5名まで) 合計50名 

     ※抽選で決定します。

 ▼料 金

    お一人 1500円 (小学生以下 500円)    

 ▼会 場

    山口県漁協萩地方卸売市場 & 道の駅:萩しーまーと

    当日は、「萩の真ふぐ祭り」の開催日です。こちらもご一緒にお楽しみください。

    「萩の真ふぐ祭り」について詳しくは → コチラ

2件のコメント 続きを読む


ご当地焼き芋? 『珈琲(カフェ)イモ』 誕生!≪萩市≫

萩市 | 季節のたより | 2010.01.18 16:30

「石焼~き芋ぉ~、お芋お芋お芋だよ~」と、昔はリヤカーを引いたおじちゃんが、お芋を売りに来られていたのを思い出します(年齢がばれそうですが・・・)。そんな焼き芋、近頃ではスーパーなどで見かけるようになり、ちょっとしたブームのよう。

萩は、美味しいお芋の産地、相島があり、萩の方はみな美味しい焼き芋を召し上がっているのですが、ちょっとめずらしい焼き芋を発見!その名も「珈琲(カフェ)芋」です!

20100118064347.jpg 相島産の美味しいお芋

昔ながらのストーブの上で、アルミにまかれて焼かれている焼きイモは、もちろん「相島」産のさつまいも。

20100118064306.jpg ちょっとレトロな感じ…。

なぜ、珈琲イモ?というかというと、芋を石ではなく、焙煎した後のコーヒーがらで包み、それをさらにアルミで焼いているのです。焼いているときに、プーンと薫るコーヒーの香り。なんとも言えません。それに、コーヒーがらを使うとは、とてもエコな感じでもします。

20100118064317.jpg ふたをしてじっくりと!

こちらを販売している場所は?というと、実は、ご覧の通り、1回に2個しか作れず、ちなみに作るのに1時間30分ぐらいかかるため、1日8個ぐらいしか食べられず、すでに地元ではレアものになっているようで、場所は秘密に・・・。とのオーナーのお話。

でも、せっかくなのでちょっとだけヒントを。(オーナーさんごめんなさい・・・)

20100118064325.jpg 20100118064338.jpg

ヒント1:店の前でオセロができます。

ヒント2:移動用の車と木の格子が目印です。

相島の芋が収穫されるこの時期限定ですので是非、地元でも貴重な美味しい萩の味をご堪能ください。!

2件のコメント 続きを読む


1 / 212

ページ上部へ