やまぐち地ブログ

萩の真鯛~刺身編~

萩市 | お知らせ | 2010.07.07 20:04

みなさんこんにちは!「萩ブランド流通開発室」スタッフの椋木です。
まず、みなさんに謝らなければなりません(汗)
本来であれば今日は殿川養鱒場の取材に行き、それを記事にするはずだったのですが、スケジュールの変更があり来週に延びてしまいました…
楽しみにしていた方、申し訳ございませんでした。
なので、今日は予定を変更して、
萩の真鯛~刺身編~
書きます♪
今回の真鯛は昨日登場した萩しーまーとにある「さかな屋 三共」さんで購入致しましたっ。
三共さんには真鯛の刺身用が2種類販売されています。
「何が違うんですか??」
「オメー、そんな事もわからんそか!?皮がついとるのと、ついとらんのがあるじゃろーがっ。見たら分かるやろっ。」
「ううぅ(泣)すみません、わかりました。で、皮があるのと無いのじゃ何が違うんですか?」
「ええかよ、よー聞ぃちょけよ。本来、皮と身の間が一番旨みがつまっとるんじゃ。脂もたっぷりーぃや。やけど、皮の歯ごたえが嫌いっちゅー人もおるじゃろ?やから皮を剥いじゃるそと、剥いじゃないそに分けとるそいーや。わかったか?」
「へー知らんかった!!じゃあ皮つきください!」
「ハイよ!毎度ありっっっ!」

ということで、
20100707193047.jpg
真鯛(天然、刺身用)買いました♪
そういえば、
僕、
魚買ったの、
初めてやわ…
どおすりゃええんやろ。
ひとまずパックから出すっ。

20100707193403.jpg
ぺろんっ。
お~~。肉厚ぅ~~~。
皮ってどんな歯ごたえがするんやろ?
20100707193416.jpg
この皮と身の間旨みがつまっとるんやな♪

裏がえしたら・・・

20100707193429.jpg
まーキレイな白身。
はーこのままガブリンチョしたいね。
やけど、刺身にせんにゃーいけんから切らんにゃいけんのよね・・・
魚なんか切ったことないぞー。
えぇい、見よう見まねでやっちゃれー!!!

20100707193440.jpg
ス~ッ
確かナナメに切りよったよね?

20100707193456.jpg
こんな感じか???
よしっ。切れたぞ。
じゃー盛り付けるか♪
盛り付け用に庭から適当な草花をとってきて・・・

じゃーん!!!
20100707193518.jpg
うまそー!!!
20100707193539.jpg
赤と白のコントラストがス・テ・キ(笑)
20100707193549.jpg
白身が透きとおってみえる♪
さーいよいよ、

実食っっ!!!
20100707193608.jpg
そ~っと醤油に近づけて・・・
20100707193620.jpg
そ~~~~~~・・・・・・
20100707193632.jpg
じゅわ~~~~~~~
あ、あ、あ、あ、脂がすんごい出てきた~!!!
吉光社長が言いよった事はホントじゃったー!!!
もー我慢できんっっ!!
パクリんチョっっっ。

ぶち、うんまーい!!!!
これはシャレにならんぞー!
みなさーん、シャレになりませんぞー!
白身魚の脂ってこんな味がするんですね。
あっさりしながらも、超濃厚で舌にからみつきまくります。
旨み、ってこーゆー事を言うんだなっと感じました・・・

僕はほぼ日本酒しか呑まないので、今回はピッタリ♪
ちなみに選んだ日本酒は雁木(がんぎ)という岩国のお酒。
獺祭(だっさい)で有名な旭日酒造さんの近くにある八百新酒造さんのお酒です・・・
ってゆーか、萩ブログなら萩の酒を選ばなきゃダメですよね(汗)
今夜はこれで一杯やっちゃいます♪
みなさんも萩の真鯛、食べたくなったでしょ~。
20100707193649.jpg

2件のコメント 続きを読む


ページ上部へ