やまぐち地ブログ

1 / 41234

高杉晋作銅像除幕式・伊勢谷友介さん登場 《萩市~萩地域~》

萩市 | お知らせ | 2010.10.31 13:54

みなさんこんにちは!
ふるさと萩食品協同組合の大久です。

ついにやってきました!

高杉晋作銅像除幕式です!

みなさん、ワタクシの口上など、どうでも良いでしょうから、これこそお待ちかねの除幕の様子!!

20101031132346.jpg
た~か~

20101031132346.jpg
す~ぎ~

20101031132448.jpg
晋作! おぉ~!!!

20101031132952.jpg

凛々しいチョンマゲ姿! ヽ(^O^)ノ 

話によりますと、萩では松陰先生の門下生に関し、
銅像を作らないのが不文律!
山縣有朋公の銅像も、他地域からの進呈を受けたもので
あり、萩では、松陰先生、あくまで先生至上主義だったのです!

20101031133526.jpg

そして、次々とご来賓の方の祝辞がつづきました。

私は、下関市長と握手する伊勢谷さんや、インタビューを受ける伊勢谷さんの様子をカメラに押さえるべく頑張りましたが、掲載出来るには至りませんでした・・・。

その代わりに

20101031134122.jpg
【地元ケーブルテレビ局も取材に頑張られてました!】

20101031134339.jpg
【途中から雨降りになりました、大勢の見物客!ご苦労様です!】

つつがなく、終わりました! 銅像除幕式!

大勢集まられた、伊勢谷・高杉ファンの皆様
今度は、こちらの記事を参考に、
NHKに竜馬伝のスピンオフドラマ作成を
メールで依頼などどうでしょうか?

それでは、大久でした!
みなさま、コメントお待ちしています!
(・ω・)ノ

お詫び

伊勢谷さんの素敵なお写真をご期待いただいた皆々様、申し訳ありません。

m(_ _ ")m スイマセンノンタ!  

その代わりとなりますが、報道資料による画像はこちら(・_・。)です・・・。

 

【追加画像】
20101031213428.jpg
【 ある方向を向いているのですが、それはまたの話!】

20101031213607.jpg
【まだ刀の時代、鉄砲バンバン撃ちまくり以前の晋作!】

20101031214130.jpg
【寄付者名簿、落書きしたり、振り込め詐欺したら、打ち切り獄門!】

 

 

 

こちらも、見てネ!
20100818095850.jpg
事務局内の美女2名で、萩しーまーとブログも張り切って
カキコミ中! 

30件のコメント 続きを読む


「KIHACHI萩産品レシピ開発」取材(秋・冬)《萩市全域》

萩市 | お知らせ | 2010.10.30 16:10

みなさんこんにちは!「ふるさと萩食品協同組合」の椋木です。
僕が所属している「萩ブランド流通開発室」では、萩の特産品をもっともっと市外、県外の方に知って食べて頂こうと様々な企画を行っているのですが、その中でも今最も力を入れているのがのが、
熊谷喜八シェフによる萩のグルメレシピ開発なのです!!

東京ではKIHACHI CAFEを始め、イタリアン、無国籍、スイーツなど様々なお店を展開しておられます。
えぇっと、どのくらい有名なのかとゆーと漫画の「美味しんぼ」(単行本26巻)「ごちになりまーす」と叫んでいる番組に登場するくらい有名です♪
料理の鉄人達よりもっと上の人、といった方が分りやすいかも♪
とにかくめちゃくちゃスゴイ人なんです。
熊谷喜八シェフプロフィールはこちらっ

喜八シェフは皆さんから「ムッシュ」という愛称でよばれており、その「ムッシュ」が先日萩にいらっしゃいました。
前回いらしたのは7月初旬。
僕がお会いするのがこれで2回目♪
今回は2日間滞在されるという事で、今萩で旬な野菜を紹介しまくりましたっっっ
まだレシピは制作中なので詳しく書くことは出来ないのですが、ムッシュサイドからOKをもらった写真を猛スピードで紹介しちゃいますっ
1日目!!

まず最初は簡単な打合せっ
20101030153238.JPG
どこに移動したかとゆーと・・・
20101030153313.JPG
蕎麦の実畑♪
カメラマンさんカシャッ
20101030153334.JPG
お次はテレビクルーも加わり・・・
20101030153355.JPG
ハナッコリー♪
20101030153425.JPG
そんでもって夏みかん樹林へGO!!!
20101030153448.JPG
説明を聞くムッシュ。
フムフムフム。
20101030153515.JPG
西条カキを持ってパシャリっ
生産者の方、緊張してしまってナカナカ笑顔がつくれまテン♪
20101030153547.JPG
一日最後はむつみ豚!
ブーブーブー。
20101030153616.JPG
2日目!!
最初はゆずっ
20101030153639.JPG
お次は鮎!!
20101030153725.JPG
そんでもって、見島牛!
(あたくし前日に来たばっかり・・・)
20101030153747.JPG
人数が多いので徹底装備で口蹄疫予防。
20101030153820.JPG
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
20101030153841.JPG
ムッシュどこ?
20101030153903.JPG
ラストを飾るのは大豆!!!
20101030153926.JPG
日も落ちかけた大豆畑でパシャリッ
終了~~~!
このまま宇部空港へ直行してお見送り。
みなさんお疲れっしたぁ!!!!
僕は二日間車の運転しまくりで足つっちゃいました。
次回ムッシュの来萩予定は来春。
楽しみだなぁ♪♪♪
ちなみに夏のムッシュ来萩の記事はコチラっ!!!
見てねー!!!
萩産品を使った「KIHACHIレシピ開発」します!
「KIHACHI萩産品レシピ開発」取材(後編)

コメントはまだありません 続きを読む


見島牛・見蘭牛《萩市~萩地域~》

萩市 | お知らせ | 2010.10.29 17:17

みなさんこんにちは!「ふるさと萩食品協同組合」の椋木です!
東京の紀ノ国屋では「秋の萩フェア」が大盛況開催中でござーます。
あっしは31日に上京予定なのですが、今、台風来てるんですよね・・・
31日は東京が暴風域のドマンナカに突入するらしく、いったいどうなることやら。
山口に台風が来ても東京に台風が来てもアウトな状況(泣)
飛行機飛ばん事なったら恨んでやるっっっ
という事で今日は紀ノ国屋フェアに出展しているミドリヤさんをご紹介♪♪
20101029163251.jpg
ミドリヤさんでは、萩の、いや、山口県の誇る
見島牛(みしまうし)、見蘭牛

の生産、販売をされております。
知ってる人も多いと思いますが、見島牛は国の天然記念物として産地指定されとりまする。
今回は常務取締役の藤井治雄さんにお話を伺いました。
僕「さっそくなんですが、なんでミドリヤって名前なんですか?」
藤井さん「それねーよく聞かれるんですけど、わからないんですよねー。」
僕「え・・・なんでですか?」
藤井さん「うちの会社は親父がつくったんですけど、名前も親父がつけてるんですよ。でも、名前の由来きく前に死んじゃって(笑)もう誰もわからないんですよー!はははははっ」
僕「・・・・・・・・・・」

もともとお肉の販売をしていたミドリヤさん。
昭和40年代から見島牛保存会と共に見島牛の血統を絶やさぬよう尽力されており、日本で唯一見島牛の販売を行っております。
見島牛は朝鮮半島から萩の見島に渡来し、室町時代から飼育されていたと言われています。
20101029163523.jpg
混血することなくその純血を保つ日本で最も古い和牛なんです。
じゃから天然記念物に指定されとるんですねぇ。
で、ここで声を大にして言いたい!
言っておきたいことがある!!!

見島牛と見蘭牛は
違いますから!!!!!

残念っっっ
(古いギャグは使っちゃダメなんですか?)
この違いを説明するには、まず「和牛」の定義について話をせんにゃーいけんね。。。
スーパーとかで売っているお肉に「和牛」ってかいてあるアレね。
和牛ってゆーのはざっくり説明すると、
黒毛和種
褐毛和種
日本短角種
無角和種

の4品種の事。
主に但馬牛、神戸牛、松坂牛、近江牛などがあります。
和牛は日本在来の牛に外国種(ホルスタインなど)を交配させた牛の事。
明治時代に行われ定義されました。
つまり日本国産の牛を「和牛」ってゆーわけじゃありゃーせん!!!
んで、西洋種の影響をうけておらず日本の在来種として存在するのが見島牛なんですっっっ
そのような牛は見島牛の他に、鹿児島県の口之島牛のみ。
つまり日本でこの2種しかおりません。
そーしーてー!
日本最古なのが、この見島牛なんどす!!!
だから天然記念物なんどす!!!
すごーいねー。
という事でミドリヤさんの牧場を案内して頂きました♪
20101029163631.JPG
場所は萩市の木間(こま)という所にあります。
お~!
牛ちゃんがいっぱいだー!
20101029163653.JPG
案外キレイなんやなぁ。
20101029163731.JPG
中に入る前にキチンと消毒。
口蹄疫問題があったばっかりやからここはシッカリ!
20101029163815.JPG
うお~~!!!!!!!!
でかい!
20101029164017.JPG
でかいねぇ。
20101029163856.JPG
ホント・・・でかいわぁ・・・
20101029164908.JPG
・・・・・・・・・・
20101029163953.JPG
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログ書きよって、今気づいた・・・・
どの牛が何の牛なんか
全くわからん(号泣)

メモは腐るほどとってあるのに牛の特徴が全く書いてない。
ここでは見島牛と見蘭牛が育てられとるんやけど・・・
今度調べておきます(泣)
最後にみんなが思っているであろう素朴な疑問にお答えします。
天然記念物って食べてええの?

答えはNOです。
食っていいわけありません。
お縄になっちゃいます。
じゃあなんで食べれるのか?というと、見島牛の天然記念物の定義はあくまで産地指定。つまり、見島という土地にかけられているんです。
という事は、見島にいる見島牛は天然記念物になるけど見島を出てしまうと天然記念物から外れてしまうらしいのです。
牛は同じなのに何だかオカシイね(笑)
まぁそのおかげで僕達はおいしい見島牛を食べる事ができるわけですが♪
年間12~3頭しか出荷されない見島牛。
それに全く引けをとらない見蘭牛。
一回食べてみ。口の中でソッコーで溶けるから♪♪
ちなみにこの日、見島牛と見蘭牛の切り落としを購入♪
肉を家において、夜楽しみにして帰ったら普通に肉野菜炒めになって出てきました・・・・・・

3件のコメント 続きを読む


ハピネス福栄まつり!みんな来てね!11月7日《萩市~福栄地域~》

萩市 | お知らせ | 2010.10.28 11:40

みなさんこんにちは!
最近、バイクが修理から帰ってきたうえに、
ヤフオクでもう一台バイクを購入した!
ふるさと萩食品協同組合の大久です。

みなさん、今週の日曜日は遂に
高杉晋作銅像除幕式!
当然お出かけの予定はぎっしりつまってますよね!
20101028105139.jpg
【銅像本体はトグロ巻き状態で設置済ですが、、、27日撮影!】

ということで、本日は、来週11月7日(日)開催の
ハピネス福栄まつりのご案内です!
20101028105626.jpg

お祭り会場は、道の駅ハピネスふくえ!
萩市街地より、車で30分ほど!
20101028105910.jpg
【連絡先電話番号も写ってました!問い合わせはこちらに!】

大きな地図で見る

会場の道の駅には、併設された観光施設がありまして!
なぜにか!
20101028110302.jpg
弥生式住宅!

20101028110438.jpg
【小学生以下入場無~料(笑)ウソです!どなたでも無料です!】

子供は絶対喜びますね!
すんごい!土くさいですけど!

そして、こちらも
なぜにか、
20101028111050.jpg
五重の塔です。

さらに道の駅ハピネス福栄付近は、地域住民の交流拠点と
なるべく、
20101028111429.jpg
【当日マジックショーなどがあるメイン会場になるんでしょう!】
野外ステージや、

めだか池なる
20101028111635.jpg
20101028111802.jpg

ビオトープネイチャリング施設なども!

本日、道の駅から坂を上った運動場では、
20101028112046.jpg
グランド・ゴルフの大会が開催されていました!
平日にも関わらず、大勢の参加者!
「田舎でゆったり暮らす」を極限まで体現していま~す!

 お祭りのイベントには、
20101028112431.jpg
皆さん大好きな!

モチ巻き!や
20101028112620.jpg
だいたい、中の保存状態がめちゃくちゃな、タイムカプセルの開封! 

20101028112847.jpg
当地伝統の、たたら太鼓演舞があったり!しますが、
なんと言っても、ハピネス福栄まつりのメインは

まつたけ振る舞い汁

なんと、五右衛門風呂より大きい鍋でつくるそうです!

びっくり 1500名分、無料
お振る舞いさせていただけます! w(゚o゚)w

ぜひぜひ、11月7日は先ほどのプログラムの時間割を
参考に、ハピネス福栄まつりにご参加を!
なにせ、萩市街地から30分で行けて
マツタケ汁無料ですから!

それでは、また来週!

大久でした。

 

こちらも、見てネ!
20100818095850.jpg
事務局内の美女2名で、萩しーまーとブログも張り切って
カキコミ中!

 

コメントはまだありません 続きを読む


ブランドへのコダワリ!男命イカ!② 《萩市~須佐地域~》

萩市 | お知らせ | 2010.10.27 10:40

みなさんこんにちは!
ふるさと萩食品協同組合の大久です。

さてさて、先週に引き続き、須佐男命イカの
ご案内です!

梅乃葉さんでは、 新鮮な海の幸をいかした
さまざまなメニューがありますが、当然人気NO.1は
20101027094226.jpg
【イカに関する豆知識がこんなに!イカ初心者にも丁寧な内容】

活イカ定食です!

20101027094533.jpg 
【 オーッス! まだまだ活きてます!】

この様に新鮮なイカは、透明な体です!

20101027094958.jpg 

トングとハサミで!

20101027095110.jpg

南無サン!

20101027095221.jpg

オプションで、炭火もご用意いただけます!

20101027095534.jpg 

イカ定食に出てくるイカは、口ばし以外全て食べられます!

20101027100116.jpg 

魚の目の周りにはDHAが豊富だそうですが、
イカはどうなんでしょう!

20101027100231.jpg
【目のまわりを炭火で軽くアブッタもの!美味しく頂きました!】

20101027100442.jpg
【エンペラも新鮮だと、ホント無色透明です!】

20101027100626.jpg

ホントに残すとこなく、頂きました!
ありがとーございます!

先週の記事で書きましたが、
ここのご主人様は、PC関連にも
ウルトラにお詳しいらしく!
20101027101116.jpg

この様な、地域コミュニティーポータルサイトまで、
運営されてます! すごい! ( ・∀・)つ

 

それでは、また明日!
大久でした。

 

【本日の余談ですが!のコーナー】
当地、萩しーまーとに
グルグルガールズ!! じゃない、

『ぐるるん!山口』のキャンペーンガール
「ぐるるんガールズ」 がおこし頂きました!
20101027103501.jpg
山口各地をぐるるん中のシスターズ!

来週の高杉晋作銅像除幕式にもいらしゃるそうです!

ガールズ達のブログはこちら!
20101027103846.jpg

 

 

 

 

 

コメントはまだありません 続きを読む


松茸《萩市~明木地域~》

萩市 | お知らせ | 2010.10.26 23:49

みなさんこんにちは!携帯がとまってしまった「ふるさと萩食品協同組合」の椋木です・・・
口座引き落とし先の銀行を変更した事をすっかり忘れてとって、携帯が不通になっちゃいました(泣)
明日の午前中まで使えん・・・
どぉしよう・・・
ま、えっか。
なんてったって、
20101027040740.jpg
じゃーん!
まっっっっっったけ!!!!!
すごいじゃろ~♪
えーじゃろ~♪
羨ましいじゃろ~♪
ははははははははは!
これは萩市明木(あきらぎ)産の松茸。
先日いつもの野菜直売所つつじへ行ったのですが、朝から伊藤店長のテンションが上がりっぱなしっ
どうしたんですか?今日?
伊藤さん「あとでえーもん見しちゃるぃや(笑)」
はぁ・・・(?)

・・・・・・・お昼・・・・・・・
すどーん!!
20101027041337.jpg
な、なな、なななな、なん、んあ、なんんんん、なななあんんんなななんんんなななあななんんあんあなななんななななあんんなな
なんじゃこりゃーーーーー!!!!!!

目の前には燦然と輝く大量の松茸ちゃんが!!!
座っている人達に目をむけると

(アワワワワワワワワ・・・またあの山賊達がおる・・・)


山賊達「げへへへへへ。ぶちとれたぜよっ」

以前イノシシをとっ捕まえた猟友会のみなさんが真昼間からビール片手に一杯やってました。

伊藤さん「ぶち取れとらーね!」
山賊A「じゃろーがや!げへへへへ・・・ん?」

僕と目が合って

山賊A「オメーまた来たんか!!」

僕「てへへへへ。松茸すごいですねっ」
山賊A「やりゃーせんぞ!!」
僕「(そんなこと言ってないやん・・・)」

なんでも伊藤さんの仲間がみんなで資金を出し合って山を一つ買ってるんですって!!!
で、この時期になると松茸狩りにでて、取れたものをつつじなどで販売するんだそう。
伊藤店長、さっそく販売用に盛り付け。
20101027050133.jpg
これはお得意さんに優先的に販売するらしいのですが、値段を聞いてビツクリギョウテン!!!

これで20000円!!!

高いの?安いの?どっち?
と思ったひとへ。
スッゲー安いです。
とった松茸はすべてお店で販売してしまうので、毎年大量に松茸を採っても一個も食べれないんです。この日もみなさんビール飲んでましたけど、つまみは柿ピーONLY。
ちょっとカワイソウ。。。

僕「すみません、松茸何個か貸してもらえませんか?」
山賊B「なんでか!なにするんか!?何するつもりか!!!!」
僕「い、いや、松茸の大きさ比べがしたいな、と。。。」
山賊A「そんなもんお前のナニと比べときゃえーやろーが!」
山賊達「ガハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!」
僕「(ぜってーゆーと思った・・・)」

山賊C「まぁお前のなんかじゃ適わんやろーけどの!」

山賊達「ガハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!」

僕「じゃあ皆さんのはどうなんですか!」
山賊A「ボケッ!ワシのは嫁を毎(ピーーーーーーーー)・・・・」

書けるかっ!!!!!!
ホントに聞きたかったワケじゃないわ!!!
・・・・・・・まぁ気を取り直して、この猛者たちが収穫した松茸をご覧ください。
ホレッ!
20101027043743.jpg
ホレホレッ!
20101027043806.jpg
はい問題。
この二つの松茸、どっちが値段高いと思います?
知らんやろ~♪
わからんやろ~♪
おしえちゃげよっか~?
正解は上の松茸。
大きさは下の松茸のほうがでかいんだよ。
じゃーどこを基準にしているかというと、、、
20101027044249.jpg
わかった?
20101027044327.jpg
カサが開いているのか閉じているのかが基準になるんです!
閉じている松茸を「つぼみ」、開いているのを「ひらき」といいます♪
だから、20101027044617.jpg
こんな、ボロボロでも「つぼみ」のほうが価値があります。
なんで~?
と思った人はカサの部分の香りをかいでみなさい♪
つぼみの方が、すっごい松茸の香りがするから!
ビックリするよ。マジで。
写真も撮り終わり、帰ろうとすると・・・
山賊A「おい!・・・もってけー。」
ポイっと渡されたのが、
20101027045114.jpg
ミニミニ松茸ちゃん。

山賊A「オメーのアレの大きさはこれ位やろ。フンッ。」

カッコイーーーーー!!!
・・・・・・いやいやいや!!!
良くないよくない!言っとること下ネタやから!!
ツンデレ効果で騙されるトコロやった・・・・
20101027045741.jpg
僕が頂いたのは一番右っちょのやつ♪
お吸い物にいれておいしく頂きましたっ
ありがとう山賊のみなさんっ♪
松茸欲しい人は野菜直売所つつじへ行ってね!
あ、毎日あるわけじゃないからご注意を。

1件のコメント 続きを読む


純米酒 八千代【紀ノ国屋フェア】《萩市~むつみ地域~》

萩市 | イベント情報 | 2010.10.25 23:09

みなさんこんにちは!ふるさと萩食品協同組合の椋木です!
今回も引き続き東京の紀ノ国屋「秋の萩フェア」の特集だよん♪
ご紹介するのは萩市むつみ地区にある「八千代酒造」さんっっっ
酒造という事は・・・
そう!あたくしのだ~~~~い好きな日本酒ちゃんで~す!!!!
八千代酒造さんは創業明治20年の老舗。
今の当主は4代目になります。
少し前まではご年配の杜氏の方がいらっしゃったのですが、今は4代目が杜氏を継いでいらっしゃるので蔵元杜氏となっています。
今回「萩の秋フェア」に出品されるのは「純米酒 八千代」「にごり酒 八千代」の2品。
ここで日本酒がどのような工程で作られているのか簡単にご紹介♪(省略しまくっちゃってますが)
1 精米
まずはお米の不要な部分を取り除きます
2 洗米
お米をキレーに洗います
20101026000132.JPG
フタしまってますけど、この窯のなかで洗い上げます。
3 蒸米
米を蒸す!!!
20101026002726.JPG
4 放冷
米を冷ます!!!
20101026002920.JPG
このでっかい機械は放冷機っていーます♪
5 製麹
蒸した米の一部を麹室に運び種麹をまき、麹菌を繁殖させて麹をつくる
20101026003528.JPG
室温を34℃にして45時間~48時間かけて完成。
麹の温度が30℃→42℃になるのが目安なんだって。
6 上槽
絞って酒と酒かすに分ける!
この袋にいれて・・・
20101026004433.JPG
舟と呼ばれる木の機械で押しつぶす!
20101026004506.JPG
すると、この石槽のなかにお酒がでてくる。
チョロチョロチョロ
20101026004615.JPG
7 濾過→加熱→貯蔵
採取したお酒はまだ濁っているので、濾過。
その後、品質劣化を防ぐ為に火入れをして酵素を破壊する
20101026004958.JPG
8 瓶詰め
20101026005153.JPG
20101026005233.JPG
かんせ~い!!!
20101026005447.jpg
すみません、現物の写真用意できましぇんでした(泣)
今度アップしますね♪
~おまけ~
ここからは完全に僕の趣味もあいまって日本酒のウンチクを語りたいと思います♪
「純米酒 八千代」「にごり酒 八千代」の純米酒、にごり酒って何?って思いませんか??
ちょっとおせーてあげましょ♪
日本酒は法律で表示方法がきびし~く管理されちょるんですが、
大吟醸酒
吟醸酒
——————
純米大吟醸酒
純米吟醸酒
純米酒
特別純米酒
——————
特別本醸造酒
本醸造酒

てな具合に8種類に分かれております。
で、何がどう違うの?ってゆー話になるのですが、ぶち簡単に言うと「精米歩合」「醸造(じょうぞう)アルコール」の有無と覚えてください!(覚えんでえーけど笑)
精米歩合ってゆーのは、米をどれだけ削るかってゆーもの。
例えば精米歩合70%といえば、30%削って70%残ってますよーって意味。ということは削れば削るほど米の粗がとれて精錬されていくってゆーことになるね。
で、50%以上削り上げた米を使って出来るのが大吟醸、純米大吟醸なんです。
ウンチクを語りたい人は「米を半分以上も削っとるのは大吟醸って名前がついとるものだけ!」と覚えてください。
で、次に「醸造アルコールの有無」ですが、コレが酒好きのウンチク野郎達のカッコウの餌食にあげられます。
醸造アルコールを化学製品のようなもの、とイメージされている方が多いですが、違います。
簡単に言うと高純度・高濃度の焼酎甲類です。
醸造アルコールを詳しく話すと江戸時代まで話を遡らんにゃーイケン事なるけー止めますけども、むか~しむかしは冷蔵庫がなかったでしょ?やからせっかく作ったお酒が痛んでしまうんです。アルコールなので腐るとかではないんですが、味が激変してしまうんです。
それを防ぐために、出来たお酒にアルコールを追加していたんです。
これが今の「醸造アルコール」です。
戦後になると米不足で米の価格が跳ね上がり、少量の酒に「醸造アルコール」を2倍入れて、高くなったアルコール分を薄める為に水を追加して総量を3倍にした「三倍醸造酒(三増酒)」が安価で出回りました。
そのため醸造アルコールは増量アルコールと揶揄されるようになり、今でも年配の方はそのイメージを強くもたれているので「醸造アルコール」が入ったお酒を好まれません。
でもソレはホントに昔の話で、いまは自社で焼酎を作っている酒造会社さんもあるほど。「もったいなー!」と思えるような質の醸造アルコールを使っている酒造会社さんがほとんどです。
醸造アルコールのいい点は、飲み当たりが優しくなるってところ!
香りがたち味が軽くなる感じ・・・女の人はこっちのが飲みヤスイってよく聞きますねぇ。
声を大にして言いますが、アルコール添加技術は日本が誇る伝統技術なんですっ!
ちなみに醸造アルコールが入っているのは「大吟醸、吟醸、特別本醸造、本醸造」だけ。純米と名の付くものには入ってまへん。
それではマトメ。

大吟醸酒 精米50%以下 醸造アルコール入り
吟醸酒 精米60%以下 
醸造アルコール入り
——————
純米大吟醸酒 精米50%以下 
純米吟醸酒  精米60%以下 
特別純米酒 精米60%以下又は特別な製造方法
純米酒
  
——————
特別本醸造酒 精米60%以下又は特別な醸造方法 
醸造アルコール入り
本醸造酒 精米70%以下 醸造アルコール入り
みんなよく分かったかな???
それではまた明日ね~♪♪

2件のコメント 続きを読む


夏蜜柑丸漬・萩の薫【紀ノ国屋フェア】《萩市~萩地域~》

萩市 | イベント情報 | 2010.10.24 13:41

みなさんこんにちは!「ふるさと萩食品協同組合」椋木です。
昨日に引き続き、今日も紀ノ国屋「秋の萩フェア」がの商品のご紹介~~~♪
今回は光國本店さんで~す!!!
20101024133534.jpg
こちらのお店は安政5年創業の老舗中の老舗。
昨日の忠小兵衛さんといい、萩には歴史のふる~いお店がたくさんあるんですねぇ・・・
お話を聞かせてくださったのは光國良子さん!
お歳は女性なのでアレですが、まー元気だこと!!!!
マシンガントークでお話して下さるのでこちらはメモを取る事で精一杯。
チャキチャキして、竹を割った様な性格の方です♪
光國本店さんと言えば萩の代表的なお菓子「夏蜜柑丸漬」、夏みかんの皮を砂糖漬けにした「萩乃薫」などを作った元祖!
萩ではここの萩市熊谷町にある光國本店でしか買えません。
いろんな所からお問い合わせを頂くようなのですが、全てお断りをしておられます。
というのも、伝統の味を守り続ける為に限られた人にしか製作方法を教えないので生産数に限りがあるんです。
光國さん「うちはいっさい機械に頼らん!その代わり大量生産できんから数の保障ができんそ。やけー萩市内にはうち以外だせんそぃね。これは創業以来むか~しっから。今に始まったことじゃないわい。」
という事で作業工程をちょびっと見せて頂きやした♪
これは夏みかんこども「青ダイダイ」の皮を砂糖漬けにした「青切り」を作っている所。
夏みかんが小さく青いときにしか作れない貴重なお菓子なんだよ♪
20101024131126.jpg
5月頃になると夏みかんの花が咲き、今の時期になるとようやく「青ダイダイ」に成長します。
その時期に出来たものだけを採取。
そして、上下合わせて4,5枚カット。
20101024131203.jpg
で、コレはもう捨てるんです!!!!
20101024131246.jpg
光國さん曰く、「もう使い道が無い!これ以上つかったら質が下がる!」なんだって!!
しかし、ちゃんと近所の業者さんが勝手に持ち帰って(引き取って)柚子酢にして利用しております♪(エコやね。)
これを水につけて飽く抜きをして、二日目に湯がいて再度飽く抜き。三日目に蜜で煮込んで砂糖をまぶして完成♪
20101024131500.jpg
んだば、シンプルにご紹介。
(今日はうまく撮れたぞー♪)
20101024130146.jpg
えぇっと、左から夏蜜柑の皮の砂糖漬けっ
20101024125952.jpg
真ん中が「青切り」
20101024130033.jpg
いっちゃん右が琥珀羹(こはくかん)ってゆーゼリー。
20101024125821.jpg
「青切り」は今しかない限定品だから欲しい人はおはやめにねん♪
20101024130108.jpg
さてさてお次は元祖「夏蜜柑丸漬」!
20101024131544.jpg
全工程に5日間もかけて作ります。
時間がなかったのでざっくりとだけ説明して頂きましたが、
まず夏みかんの表皮を1mmほど剥く。
20101024131615.jpg
わかるかな??
そんでもって中身をくり貫く!
20101024131641.jpg
蜜で煮込む!
20101024131708.jpg
その後様々な工程を経て・・・
20101024131759.jpg
20101024131825.jpg
完成♪♪♪
では彩り豊かにご紹介っっっ!!!
20101024125435.jpg
中は羊羹がぎっしり!
もちろん羊羹も夏みかんもぜ~んぶ萩産っ
20101024125620.jpg
という事で頂きまーす!
20101024125712.jpg
にゅるんっっっ
20101024125740.jpg
あ~~~~ん
20101024125844.jpg
おいふぃ~~~~~!
むか~しっから食べとるけど、歳を重ねる毎にだんだん旨さがわかってくる・・・
お茶請けにピッタシですな!
東京の紀ノ国屋「秋の萩フェア」10月27日~11月2日まで!
それではヨロピクね♪♪

コメントはまだありません 続きを読む


ゆず巻き【紀ノ国屋フェア】《萩市~萩地域~》

萩市 | イベント情報 | 2010.10.23 23:38

みなさんこんにちは!「ふるさと萩食品協同組合」の椋木です!!
10月27日(水)から東京の紀ノ国屋というスーパーマーケットで「秋の萩フェア」が開催されることになりましたぁ~~~!!!
期間は10月27日~11月2日まで!
あと4日しかないっっっ
っとゆーことで、今日から数回に分けて紀ノ国屋「秋の萩フェア」に出品される萩の名物商品を紹介していっちゃいま~す♪
まず最初に紹介する商品はコレ!!!
「忠小兵衛蒲鉾本店(ちゅうこべえかまぼこ)」の「ゆず巻き」だ!!!
20101024000345.jpg
という事で忠小兵衛蒲鉾本店さんに行ってまいりました♪
20101023234832.jpg
この「ゆずま巻き」なるもの。
実はめっちゃくちゃスゴイんです。。。
先日の10月7日に開催された山口県水産加工展で最高賞の
農林水産大臣賞
を受賞しちゃってるんですっっっ
(スゲーーーーー!)
こちらの品評会は県内の51業者105点が出品されており、大学教授、消費者、流通関係者など10名で審査します。
もちろん審査時には名前などパッケージはすべて隠されており、技術、原料、色や香り、市場性の4つの基準で採点。
その証拠にホレっ
20101023093248.jpg
ね?
僕、ウソついてないでしょっ
この「ゆず巻き」が出来るまでの経緯を専務取締役の松田さんにお伺いしました♪
僕「なんでゆず巻きを作ろうと思ったんですか??」
松田さん「これは昔からお付き合いのある市内のホテルの料理長から朝食に出せる萩ならではの蒲鉾を作ってくれないですか、という提案がキッカケだったんです。」
僕「へ~。誰が作ったんですか?」
松田さん「うちの8代目です。」
僕「8代目!!!??すみません、そんなに歴史古いんですか!?」

いや~、随分失礼な事を聞いちゃいましたね~(苦笑)
お話を聞くとこの「忠小兵衛蒲鉾本店」さん、安政2年(1855年)に創業されており150年以上もの歴史があるとっても由緒あるお店だったんです!!!
うちの母親に聞くと「あんた萩におってそんなんも知らんかったんかね。情けない。バカ息子。」と言われてしまいました。(うるへー!!)
事実、僕は萩の事ほっとんど知らんのやけども(泣)
で、さらにビックリしたのがその8代目、
なんと21歳なんです!!!
名前は朗(あきら)さん。
なしてーーー!!!???
と聞くと、
松田さん「実は、先代の7代目が3年前に他界したんです。8代目が大学に進学したばかりの頃・・・突然でした。」
僕「そうなんですか・・・でも、なんで朗さんが継ぐ事に?」
松田さん「それは本人にしか分りません。。。私達は一度も強制した事などはないのですが、病床に伏せる先代の枕元で、何度も何度も自分が守るからと!ずっと言っていました。昔から工場に来て遊び感覚で手伝ってくれていたので自ずとそういう意識が芽生えていたのかもしれません。」

うぅっっ(涙)
こんな話を聞くと自分がダメ人間に思えてくる・・・
この8代目朗さんと工場長が中心となって商品開発に取り掛かりました。
萩ならではの蒲鉾という事で、川上地区の特産である「ゆず」に着目。そこからは試行錯誤の連続。
色がダメ、香りがきつい、焼き加減が足りん、など一切の妥協を許さず終に完成したのがこの「ゆず巻き」!!!
という事でいただきま~す♪♪
20101023234244.jpg
今回はちょっと洋風にしちゃったよ~ん♪
みてみて。
この黄色い部分がゆず。
一口食べるとほのか~にゆずの香りが口に広がる。
20101023233934.jpg
いいですねぇ。
このホワッと香る感じが・・・
キツすぎず、弱すぎず。
まさに絶妙っっっ。
20101023233956.jpg
今回はわさびと和えて食べてみましたが、オススメの食べ方はお吸い物に一切れ入れるんですって。
すると、お吸い物にゆずの香りがいいアクセントになるらしいですよん♪
みなさんも是非オタメシあれっっっ
ちなみに紀ノ国屋フェアでは、アタクシ国立店で販売員やります。
約1年ぶりの東京・・・紀ノ国屋なんて全く縁がなかった超高級スーパー。東京住み始めの頃青山店に紀伊国屋書店と普通に間違えて入った事をよ~~~く覚えています。もちろん本は一冊も置いてありませんでした(泣)
関東在住でこのブログ見てる人、絶対来てね~♪♪♪
20101023234042.jpg

2件のコメント 続きを読む


樹齢150年の西条柿《萩市~萩地域~》

萩市 | お知らせ | 2010.10.22 15:28

みなさんこんにちは!「ふるさと萩食品協同組合」椋木です!!
最近「柿」食ってますか???
突然ですけど。
僕はここ数年全く食べておりやせんでした。
が、おととい死ぬほど食べました。
突然、しーまーと青果部の店長に
店長「おーい椋木君。あんたー今暇かねー?」
「暇じゃないですけど、どうかしたんですか?」
店長「柿を見に行かんかねー」
「柿??萩の?有名なんですか」
店長「あんたバカいっちゃーイケンでね。山口県で萩の柿が一番歴史が古いそでね。」
「そうなんですか!?行きます!!!」

っつー事で行って来ました。
萩でいっっっっっちばん歴史の古い柿を作っている烏田さん家。
20101022092841.JPG
場所は旧松本村というわれらが松陰先生の誕生地がある萩のちょっと山奥。
この烏田さんは萩で最も古い柿農家さん。
なんと樹齢150年以上の柿の木があちらこちらにございます。

コレも
20101022093841.JPG
コレも
20101022093933.JPG
コレも・・・
20101022093955.JPG
ぜ~~~んぶ樹齢150年オーバー。
烏田さんが子供の頃からずーっとあったそうで、お父さん、おじいちゃんが子供の頃にもあったんですって。
150年柿を実らせ続けるってスゲーな・・・・
と関心していると、フト気づいたのですが150年前って松陰先生が亡くなった年じゃないっけ??
烏田さん「あー、そうぃや。去年の吉田松陰先生150年祭でうちの柿だしたせーや。松陰先生も食べとるはずやからの、うちの柿。市長に頼まれたけーだした。」

えー!!!!
マジっすか???
20101022152758.JPG
これがその時の包装紙。
ホントじゃぁ・・・・
この一帯は柿の生産が盛んで、昭和天皇もこの辺りの柿を食べにきてるんですって(驚)
まっっっっっっっったく知らんかった!!!!
という事で頂きました♪
20101022095323.JPG
パクリッ
う、うまい・・・
なんか食べる前にスゴイ歴史を教えてもらったので味が重い・・・伝統というやつでしょうか。
20101022095723.JPG
これが烏田さんが作っている柿。
名前は「西条柿」

萩は山口県で第2位の生産量をほこります。
「150年の木を育てるにはきちんと木のおもりができんとダメ。先祖代々ず~~っと大切に育ててきたカキがマズイわけがない」

言葉が重いっす。
烏田さん、ありがとうございましたん♪

コメントはまだありません 続きを読む


1 / 41234

ページ上部へ