やまぐち地ブログ

萩の魚市場から~2010年11月17日~≪萩市≫

萩市 | 季節のたより | 2010.11.17 09:43

20101117085215.jpg

みなさんコンニチワ!僕、マグロです。(声は各自でご想像下さい・・・)

ということで、季節はすっかり秋。11月下旬ということで、萩の魚市場にはマグロ(ヨコワ程度)が水揚げされるようになりました。一昨日は、8,000箱もの水揚げがあったそうで、「凄いですね~」と感心していると、仲買いの方から、「明日は長崎の船が萩の市場で水揚げするから、10,000箱ぐらい揚がるかもしれんど~」との話。こりゃ~明日は忙しいだろ~な~と思っていると、「やけど旧市場の頃(ざっと10年ちょっと前)は、この時期は毎日5,000箱ぐらいあがっちょったんぞ!」とのこと。(失礼しました・・・という気分でした)

と、今の旬のご紹介の後で申し訳ないですが、今日の話題はこちらのコーン!

20101117084953.jpg

そう、打瀬(うたせ)網漁についてです。これは、萩では浜崎や三見などの地域で行われている漁法で、袋網地曳網の一種)を船首と船尾から張り出した棒の先端から6~70メートルの引き網を海底に伸ばし、その末端に袋網を取り付け、網を引き揚げながら、魚を獲るというもの。昔は帆で風をうけながら、網を引いていましたが、萩の船はすべて動力での操業。

船も多くが一人で操業されているので、水揚げされる量は必ずしも多くありませんが、近海で行うので、シケにも強く、そして面白い魚種も揚がるので、市場の名バイプレイヤーとして地位を確立しています。

そんな打瀬網で水揚げされて本日のお魚たちをご紹介!

20101117085034.jpg

まずは「月日貝」!金子みすゞさんも、この形と裏表の色から、メルヘンチックにタイトルそのまま「月日貝」という題で詩を読まれています。冷凍ホタテ貝などとは鮮度の違いは歴然です!

20101117085103.jpg

続きましてはこちら、分かります??

「エソ」さんです。蒲鉾の主原料として皆さんには覚えていただいているのではないでしょうか?味のある白身は、焼いて食べてもおいしいです!

20101117085117.jpg

つづきましてはこちら。これからの季節にピッタリの「カナトフグ(シロサバフグ)」。こちらはちょっと小型サイズなので、お刺身や鍋というよりは、丸ごと一匹、唐揚げにするのが一番かな?

20101117085203.jpg

鍋シリーズ第2弾「アンコウ」。こちらはおなじみに姿ではなく、すでに開かれた状態に・・・。ちなみに「椙本」という札の仲買人がセリ落としています。

20101117085132.jpg

鍋シリーズ第3弾。こちらは11月15日号の「萩市報」でも紹介された。ウスバハギ(まんさくメイボ)。ちょっとはぶてている(へそを曲げるの萩弁)感じの顔ですが、鍋で食べるとみんなニコニコになります!

20101117085048.jpg

そして、こんなものも!その名は「ヤガラ」。箱から飛び出るほどの存在感!塩焼きやお吸い物で使われることが多いですが、実際に見たことがある人、何人いらっしゃるでしょうか?

20101117085150.jpg

ということで、セリ終了後は、市内はもちろん、全国に向けて運ばれていきました。

今日、明日は凪が続いているので、萩しーまーとはもちろんのこと市内各地では萩産のお魚がおいしくお手軽になりそう。みなさん、萩のお魚、今日、明日はぜひ注目してください!!

コメントはまだありません 続きを読む


ページ上部へ