やまぐち地ブログ

中山間地域の地域産業の担い手及び支援人材育成研修《萩市》

萩市 | お知らせ | 2011.02.12 19:08

みなさんこんにちは!「ふるさと萩食品協同組合」の椋木です!!
やっと風邪完治しました。
実は昨日もちょっと体調悪くて、というか悪くなってしまってお休みを頂きました。
なんで体調悪くしてしまったのかとゆーと、
今週の水、木曜日に「中山間地域の地域産業の担い手及び支援人材育成研修」というものに行って来たんです。
一泊二日の缶詰研修。
これが再来週もあるのですが、中国地方の様々な県から若い世代が集まります。
メイン講師には我が駅長中澤氏が立ち教鞭をふるいます。
「椋木くんも参加しなさい」
と言われ二つ返事で参加のお返事は出したものの、それから来るは来るはの「真面目にやらんとおいてかれるぞ」メール。
事務局から数週間前から
「事前に雲南市について調べてくる事」
という連絡が参加者には来ていて、
「このサイトを参考にしなさい」
「雲南市の何が面白いと思うか3つ書きなさい」
「なぜ面白と思ったのか理由を書きなさい」
「これはこうしたら面白くなるというものがあれば書きなさい」
などなど。
開催場所は島根県雲南市という所。
雲南市?何?どこそれ?
頭に???だらけだったので、
僕も珍しく真面目に事前調べシートに色々とカキカキ。
調べていて一番最初に気がついたのが、「たたら製鉄」という言葉。
たしか「もののけ姫」もたたら製鉄って言葉出てこんかったっけ?
と思いもののけ姫のサイトを見てみるとドン•ピシャリ。
宮崎駿監督も行っとるみたい。
これは使えそうだなぁ、と、まぁ、こんな感じで色々準備していったわけでごぜーます。
で、水曜日当日。
いざ行かん、雲南市。
。。。。。。
これがねぇ。。。ぶっ遠いんです。
片道5時間。
長崎までと変わらんやん。。。
道はほぼ一本道なんですけどねぇ。。。
とブツクサ独り言を言いながら研修&宿泊所「清嵐荘」に到着。
到着するなりソッコーで講義スタート。
明日の15:30まで本当の「缶詰」状態で集中講義。
周りを見渡すと色んな職種の方が。
ある人は観光系、ある人はシステムエンジニア、ある人は野菜ソムリエ、ある人はスウェーデンで環境の仕事をしていた人。
もうホント異業種の集まり。
地元を元気にしたい!という志以外なんも共通点ありません。
でも不思議な事に、初対面でも志が同じってゆーだけで話が合うこと合うこと。
とにかくめちゃくちゃ合う。
年なんか全然カンケーない。
なんて心地いいんだ、と思いながらも講義はみんな真剣に聞いています。
しかし「聞くだけでなく参加する研修」をモットーにしているこの研修は、
とにかく実践で役に立つようなプログラムが組んであります。
「グループワーク」
二班にわかれ各班で雲南市の10個の面白い食材をあげる。最後に上位2つの食材を決める。
なんでその二つを選んだのか、何故他の8つではないのかも考える。
これが初回の研修で課せられたお題目。
みんな思い思いの興味のある食材を既に用意してきているので、簡単♪
と思っていたら大間違いでした。
あくまでグループ。
グループとしての10個なので全部の意見が採用されるワケではないんです。
ここで中澤氏からアドバイス。
「一番最初にグループのリーダーを決めろ!」

「KJ法を使え!」
「それをSWOT分析しろ!」


と言われ、講義で聞いたそのままを実践。

するとまー、魔法の様に決まる決まる。
色んな事が。
途中、リーダーは絶対に人の意見を否定するな、とにかく時間以内に意見をまとめる事が仕事、などのリーダーたる者は論などのアドバイスを頂きながら各班激論が飛び交います。
最後に発表。
こうして二日間の日程が終わり、次の研修までの宿題が出され初回の研修は終わりました。
最後の最後に超嬉しいお知らせが。
「吉田ふるさと村」取締役の講師の方が、
「本当に良い案がでたらうちで商品化する事に決めました」
全員一斉に「うお〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!」という雄叫び&歓喜の声(笑)
パチパチパチ!!!
と自然に沸き起こる拍手。
こんなサプライズもあり〜のの充実した研修でしたなぁ♪
去年7月にしーまーとに入れてもらってからゆーもの、本当にいろんな事を経験させてもらって、椋木は相当レベルアップをさせてもらってるなぁと最近実感しまくってます。
みなさん本当にありがとうございます。
で、帰りに雲南市は出雲市がとっても近いという事を知り初!!!出雲大社参りをして来ました♪
本殿は改装中の為見れませんでしたが「日本神話発祥の地」はぶち凄みがありました。。。
で、5時間掛けて帰ったら家につくと2日間のキンチョーの糸が一気にきれて風邪をぶり返した、ってゆー話です。
次の研修もとっても楽しみです♪
という事で、今日久しぶりにしーまーとに来ると色んな人に大臣賞とったらしーの!すげーな、しーまーとは!
と言われまくったので、チョットご紹介。
以下山口新聞さんの抜粋です♪
————————————-
萩市椿東の「道の駅萩しーまーと」が、全国地産地消推進協議会が行う地産地消優良活動表彰で、最高賞の農林水産大臣賞(交流促進部門)を受賞した。
県内団体が同表彰を受けるのは初めて。22日に東京都で表彰式がある。
同表彰は2005年度から始まり、全国で優れた地産地消の取り組みを行う企業、学校、グループなどが対象。本年度は全8団体が入賞した。同道の駅は、豊富な地元産の魚介類、農産物、加工品などを販売し、地域観光や魚食普及の拠点としても幅広く活動している点が評価された。
県流通企画室によると、同道の駅は漁業者、加工品製造業者らでつくる「ふるさと萩食品協同組合」が母体となり、2001年4月に開業した。
当初は、萩産の魚を地元の人に販売する目的だったが、県外客も呼び込む観光拠点に成長。
年間約150万人が訪れ、09年度の売り上げは9億8千万円に上る。
————————————-
すごいねー。
9億8千万円って。
ちょっとでいいから下さい、駅長。
それではまた明日〜♪

コメントはまだありません 続きを読む


ページ上部へ