やまぐち地ブログ

“焼抜蒲鉾”はこうやってつくられている!!《萩市》

萩市 | お知らせ | 2011.06.02 09:58

皆さんこんにちは!

「ふるさと萩食品協同組合」の阿部です。

 

今日は久しぶりに晴れましたね♪

気温も上がって、気持ちいい日になりそうです☆

 

先週、萩近海の魚を主原料に、

昔ながらの伝統製法で“焼抜蒲鉾”を作っている、

株式会社 村田蒲鉾店”で工場見学してきました!

 

そして…

焼抜蒲鉾”ができるまでについて教えていただいたので

紹介します☆

20110601152439.JPG

 

焼抜蒲鉾”とは…

全国の一般的な蒲鉾は、ペースト状にした魚肉を板に盛り、

蒸して固めたもの。

焼抜蒲鉾は、この名前どおり蒸すのではなく

遠火で焼くところが特長。

じっくり、まんべんなく焼き上げるので、

適度な弾力と独特の風味があります。

萩は、この“焼抜蒲鉾”の発祥の地と呼ばれています♪

 

株式会社 村田蒲鉾店”の蒲鉾の主原料は…

日本海でとれる“エソ”!!

20110601131640.JPG

エソ”は肉色が非常に白く、旨みの強い魚。

また、ねばりや弾力があり、西日本では最高の蒲鉾の材料と

言われています。

 

それでは…“焼抜蒲鉾”のつくりかたです↓

①魚の解体&身取り

20110601131851.JPG

 魚の頭や内臓を取り除いて機械で身と骨、皮に分ける。

 水にさらし、血や余分な脂肪を取り除く。

 脱水するときれいな白身になる。

②サイレントカッターで白身をくだく

20110601131955.JPG

 白身をさらにミンチでくだき、小骨やうろこをとる。

③練り上げ・味付け

20110601132100.JPG

 砕いた身をさらにウスで練り上げ、同時に味付けをする。

④かたちを整える

 練り上げた身を板付け、蒲鉾のかたちにしてセロハンで

 生包装する。

⑤加熱する(予備加熱・本加熱)

20110601132319.JPG

 板付けしたものを下からの熱で焼き抜く。

⑥冷やす

 焼き上げたあと、自動強制冷却機で急に冷やすことにより、

 日持ちを良くする。

 焼き終わったあとの冷却によって、蒲鉾の表面に美しい

 「ちりめんじわ」ができる。

⑦包装

 商品ごとに包装、箱詰めする。

20110601163914.JPG

 

この日の夜、早速“焼抜蒲鉾”をいただきました♪

セロハンをとると…

20110601132500.JPG

さすが、萩の伝統製法で仕上げた“焼抜蒲鉾”!!

つややかな肌と、プリプリとした食感☆

もっちもちでスゴイ弾力っ!!

しかも!!

蒲鉾に塩味の魚本来の味がしっかりでているので、

軽めにしょうゆをつけるだけで、美味しくいただけました☆

 

ちくわにもきれいな「ちりめんじわ」が☆

20110601164303.JPG

萩しーまーと”にも出店しています♪

 

株式会社 村田蒲鉾店 椿東店

住所:萩市椿東玉太郎1046-1

 

株式会社 村田蒲鉾店 萩しーまーと店

住所:萩市椿東北前小畑4160-61

2件のコメント 続きを読む


ページ上部へ