やまぐち地ブログ

お盆の花情報【萩市】

萩市 | お知らせ | 2011.08.16 09:44

お盆時期ということで、萩市内も県外ナンバーの車が増えています。最近、「おもてなし運転実施中」のステッカーを貼った車を見かけますが、互いに譲り合って気持ちよく走りたいですね。

20110816095041.JPG

今年の夏は、「堺」や「神戸」など、全体的に関西方面からの車が多いように感じるのは私だけでしょうか?

さて、どこよりも早い萩の花情報です。

まずはむつみのひまわりから。

20110816091407.JPG

ピークこそ過ぎましたが、まだ花はあります。昆虫王国は31日まで営業していますよ。

 

今は、ハギの花が見頃になっています。

写真は、市内の「河添河川公園」で撮影しましたが、指月公園内、萩駅と観光協会の間などでも見られます。

20110816092236.JPG

20110816091902.JPG

ハギの花にちなんで、「萩」の地名の由来ですが、3つの説があります。

①「ハギ」の木が繁茂していたから付けられたという説

②もともと「椿之郷」と言われていた「椿」であった地名が、この言葉の最初の「ツ」がなくなって「バキ」となり、のちに「ハギ」になったという説。

③デルタのできる最初の過程で、阿武川の河口に砂による浅瀬ができて、その部分に白波が立ち、このことから「波の別れ」つまり「波岐」になったという説。

 

 

次に、「サルスベリ」の花が、只今満開となっております。

20110816093750.JPG

湯川家住宅の駐車場です。

真近に見るともっと綺麗に見えます。個人宅でも、時々植えられているのを見ます。

 

春に桜が満開になる川島・河添堤では・・

20110816094049.JPG

カンナの花です。

第一回の山口国体の時に植えられたものの名残だそうです。

これから暑さも徐々に和らいでいきますので、文化と自然の息づく萩の町を散策してみませんか。

コメントはまだありません 続きを読む


ページ上部へ