やまぐち地ブログ

押花絵展“花遊” in 青木周弼旧宅♪《萩市》

萩市 | お知らせ | 2011.12.26 11:39

皆さんこんにちは!

「ふるさと萩食品協同組合」の阿部です。

 

先日、久しぶりに萩城城下町に行ってみると

青木周弼旧宅”で押花絵展“花遊”が開催されていました☆

20111226112405.jpg

青木周弼旧宅”は、幕末期に藩医を務めた

日本屈指の蘭医学者、青木周弼が生まれ育った家です。

 

「四季折々の可愛らしい草花をいつまでも大切に残して

おきたい、花と出会った感動をみんなにも伝えたい」という

思いからのすばらしい自然押花にされたそうです。

作品の写真撮影はNG(泣)ということなので、

写真は紹介できませんが、私のおすすめは…

秋彩」 

秋らしい色でやわらかく優しい空が表現されています。

清流

美しい川だけではなく、まわりの凛とした空気の様子も伝わって

きます。

朝もや

冬の朝の、静かでどこか緊張した感じが◎!

木漏れ日

アジサイの花にやさしく日差しが降り注いでいます。

ぜひ、写真に見間違えるほど素晴らしい押花の数々を

歴史ある青木周弼旧宅でご覧下さい☆

 

押花絵展“花遊

日時:平成23年12月10日(土)~平成24年1月15日(日) 

    9:00~17:00

会場:青木周弼旧宅(萩市南古萩町3)

休館日:無休

施設入館料:100円

問合せ:萩市観光課 TEL0838-25-3139

 

また、“しーまーと”では明日から31日まで

毎年恒例の“年末お魚市”が開催されます!

真鯛やブリ・アワビ・フグなど年末年始用の魚介をお求めの

お客様で、一年でもっとも来館者の多い期間です!

ぜひ、ご来店下さい☆

コメントはまだありません 続きを読む


ページ上部へ